スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 あまりにもあんまりな・・・・・
2015年02月22日 (日) | 編集 |
さっき、ライブから帰ってきてネットでニュースをざざっと読んでたら、

坂東三津五郎さんの訃報を目にして
「う・・・・うそでしょ・・・・・・?」と絶句。
三津五郎さんの踊りがとても好きだったので、
今回はショックすぎる・・・・・。
三津五郎さんは生で舞台を何回か拝見したことはあるのですが、
最後に見たのは生ではなくてNHKで昨年素踊りで踊られていたのをテレビで見たのが最後だったような。
軸がブレなくて素人目線だけれどほんと踊りが素敵な方だなぁと、
とても好きな歌舞伎役者さんの一人だったので、もう何て言っていいか・・・・。

勘三郎さんが亡くなってまだちょっとしか経ってないないのに、
同い年でまだ50代の三津五郎さんまで、いわずもがなだけど早すぎる。
前歌舞伎座の閉場からの訃報が多すぎて、ベテランさんどころか勘三郎さんや三津五郎さんのような、
これからの歌舞伎を先陣で引っ張っていただきたかった方々が相次いでいなくなってしまうというのは、
どういうことですの、神様仏様。

まだまだ歌舞伎座で見たかったですよ三津五郎さん。
来月の衛星劇場で三津五郎さんがご出演されているのが何本かあるので加入しますわ。
ほんとやだもぅ・・・・これ以上連れていかないで欲しいです。

心よりお悔やみ申し上げます。
今頃勘三郎さんと再会していらっしゃるのかなぁ。

-------------------------------------------------------
歌舞伎以外の演劇も色々見るけれど、
始まったら休演日なしっていう歌舞伎はちょっと改めた方が良いのではないだろうか?
(他の演劇は休演日設けているの多いですし)
と、こうも亡くなる方や、病気休業される方が多いにつけ、
本気で松竹に考えていただきたいと思いますが、どうでしょうか?。
一週間に一日は休演日にしてもいいんじゃないかと思うのですよね。
ご高齢のベテラン役者さんも多いですし(1か月近くずっと出続けるなんていくら今までがそうであったとしても、
ご高齢の身にはこたえるのではないかと・・・・)
中間層が薄くて、若手かめっちゃベテランのどっちかというのが歌舞伎界また顕著になって、
危ういバランスの上に見えてしょうがないので余計に・・・・。
藤十郎さんが、20歳以上も若い三津五郎さんの訃報に関するお言葉を述べていらっしゃる記事を見て、
改めてそういうおもいを強く持ってしまった熊猫屋です。
 本日の駄文。
2014年12月30日 (火) | 編集 |
本年の更新を見ていたら、1月と10月以外ほんっと酷いですね。
別に他にはまったものができて、そっちへとか全くないのですが、
(元々好きなもん色々あるんで分散された感はある)
それにしても^^;

前回のお正月は「花のお江戸のすごい奴」祭りでしたが、
今度のお正月は時専の歌う時代劇特集がとても楽しみですわ
(「鴛鴦歌合戦」はもう見たけど(感想)、すごく好きな作品)。
「大岡越前」が今12部まできていて、順調に録画中。
たまに見てふふふふ・・・・と楽しんでますわ。
(「大岡越前」@加藤剛さんの、時代劇単独主演記録では「銭形平次(橋蔵さん)」「暴れん坊将軍(松平健さん)」に次ぐんだろうか?)

今日は正月料理を作りながら「深夜食堂3」の最終回を今頃視聴(年越し蕎麦だったから今見て丁度よかった(笑))。
1月31日から映画版の深夜食堂が公開になるので、とても楽しみ
(よもや映画になるとは思わなんだ・・・・・小林薫さん以外にもおなじみメンバーが出るのが嬉しい)

ものによるけど「食もの」好きなんで、
1月から放送予定の「ワカコ酒」の番宣番組も見たのだけれど、
ものすご~い「コレジャナイ感」があって、早くも「花のズボラ飯」の悪夢の悪寒走る。
何が違和感って、原作のあの「ぷしゅ~」を言葉で出しちゃっているとこ。
本人が口に出さずに擬音で出すか、いっそ主人公の口から「ぷしゅ~」って文字でも出したほうがいいんぢゃ^^;
あと、ワカコってそんなにおしゃべりじゃないのに(脳内独り言は多いにせよ)、ドラマのめっちゃうるさい。
それと原作の内容からして15分ドラマが限界と思ったら、よもやの30分!不安だ。
「孤独のグルメ」や「深夜食堂」みたいに実写でハマる食ものはなかなか難しいのかも。
女性主人公で食もので今も連載中のやつだったら、回によって波あるけど「いつかティファニーで朝食を」の方がまだ実写化し易い気がするような・・・・。
(私は4巻までしか読んでないんで今どうなってるか分からないのですが)。
あとは「孤独のグルメ」と原作者かぶっちゃうけど「百合子のひとりめし」とか。
食ものドラマで次に期待は大分先(春)の予定だけど、TBSの「天皇の料理番」かな。
これの原作(小説)はまだ読んでないけど、それの舞台の年代より後の昭和の宮内庁管理部大膳課にお勤めになられた、
渡辺 誠氏の随筆「昭和天皇のお食事」を愛読しているので、気になるドラマです。

今日イマジカで放送されていた航空パニック映画「大空港」「エアポート75」「エアポート77」「エアポート80」を連続視聴中で、
80はこれから見るけど、75が実際ありえない展開だけど一番面白い。
しかし、75・・・・つっこみどこありすぎで笑える意味で面白い(笑)。
旅客機とセスナ(操縦士心臓発作)がぶつかって旅客機のコクピット右上に穴があき、
機長重症、副操縦士とかも負傷で使いものにならずなんとCAが管制から指示受けながら途中まで操縦するという、
これもありえないけど、そもそもあの高度、そして航空機のスピードで穴開いた状態でコクピットが何事もなく操縦できるなんて、
今なら素人でも「ありえない」と気づくレベルを当時は真剣に映画にしてたという事実がなんともいえず^^;
ラストもさぁ、何で乗客には脱出シューターで降りるようにせかすのに(しかも重度の腎臓病患者で到着先の病院に搬送予定の少女まで)
主人公たちはタラップで悠々と最後降りてくるんだろか・・・・と笑いと疑問がこみ上げた映画でした(でも好き)。


色々本日も駄文でしたが、よいお年を!また来年もだらだらと更新予定です^^;;;;

 もうすぐ師走・・・・。
2014年11月16日 (日) | 編集 |
おひさしぶりでございます。
気がついたら11月も下旬に・・・・。

今月からスカパーのセレクトするパックに加入しているので、
時専の他にもいくつか加入しております(東映と衛星劇場は選択できないのねん・・・・割引あるけど)。
NECOと日本映画専門ch見てたら時専がおざなりに^^;;
今月から時専で「東宝娯楽時代劇シアター」枠ができたので、録画したのを次の連休には見たいなと。
(新東宝も入れてもらえたら嬉しいけれど、無理かしら?^^;)

気ぜわしいけれど師走も近いということで、
年末年始の時代劇を検索してみたのですが、次期のNHK正月時代劇は無いのかなぁ・・・・。
木曜時代劇とBS時代劇の情報しか見つからなかったですよ。
(BS時代劇2月6日から中井貴一さん主演の「雲霧仁左衛門2」、
木曜時代劇は1月15日より中村雅俊さんと柴田恭兵さんの「風の峠~銀漢の賦~」)。

テレビ東京の正月時代g系は娯楽時代劇キター!ということで
「大江戸捜査網2015~隠密同心、悪を斬る!」(昨日クランクアップしたそうですね)
1月2日から5時間連続だそうです。
史劇よりも娯楽もんの方がありがたいわw
大江戸捜査網ってあの時代劇ですよね・・・死して屍拾う者なし。
十文字小弥太は高橋克典さんだそうですが、はてどうなるか?
(NHKの大岡越前は、私的にどーしても東の忠相がダメで^^;仕様がC.A.Lなのは嬉しいけど)

東映chと時専の年末恒例の忠臣蔵祭りは、
え~と~たぶん殆ど見たw(特に東映)なので華麗にスルー予定。
(東映、橋蔵さん祭りやって下さるんだけど全部見てる・・・・・^^;)
今年の年末はどうしましょうかね?普通に他の時代劇でも見る?

---------------------------------------------------------------
次の週末は、私は長いこと周星馳(チャウ・シンチー)のファンなので
(香港映画オタなんで、何人かファンな人がいます)
「西遊記~はじまりのはじまり」を観にいかねば!!(公式
かれこれ嵌まって18年くらいたってることに驚愕(確かお初はレンタルビデオで借りた「008皇帝ミッション」)。
「少林サッカー」が日本で大規模公開された時はめっちゃびっくりしたくちでした。
日本語字幕でも、日本語吹き替えでも周星馳映画はその面白さの半分も表現できないと思っていたので、
はたして日本で大規模公開て大丈夫なんだろか?と^^;(現地の社会風俗や、パロディてんこ盛りなんで)。
でも「少林サッカー」はまだマシな方かもしれない。
それ以前となると要素が更に濃いので。
周星馳で西遊記というと、とても好きな「チャイニーズ・オデッセイ」・・・・今回の映画見て、
機会あったらこちらも見ていただけたらなぁ^^
羅家英(ロー・ガーイン)の破壊的な「Only You」も懐かしいが(動画
ラスト近くで猿面で目だけで泣かす周星馳の演技が素晴らしい(ほんとに泣ける!!)。
ほんと天才や・・・・と思った瞬間でした。
今回は監督に専念して、自身は出演しないというのが残念ですが
(ずーっと以前から言ってたんでしょうがないけど)。

丁度NECOで幸運にも今回の映画の宣伝を見ることができて、
とてもとても久しぶりに星爺(シンイェ@愛称)が話すところを(しかも日本向けにっ!!)見ることができて、
嬉しすぎた・・・・NECOさんありがとう(T▽T)
(映画公式でもある程度見られるんだけど、NECO放送だと録画できますし♪)
 あけましておめでとうございます。
2014年01月01日 (水) | 編集 |
20140101.jpg

昨年中はご訪問下さいました皆さま、ありがとうございました。
本年もゆるりと時代劇、よろしくお願い申し上げます。

初詣、元日の朝早めに行くと丁度夜中から行った人とこれから行く人の狭間で案外スムーズに参拝できるので、
今年もそうしてきました。
・・・が、今日はこれから大荒れの天気予報だったせいか、行った時は例年よりちょいと混雑していたようです。
帰った直後大吹雪(笑)。


今晩はNHK正月時代劇の「桜ほうさら」ですね。
さっきまでBS ジャパンの「孤独のグルメ」再放送をチラ見しておりました。
昨日からやってるんだけど、録画&DVD所有してながらもやっぱり好きw
昨日は「酒場放浪記」のスペシャルもやっていて私的には地上波よりも面白かったです。


紅白、直前にタイムテーブルがわかったので当たりをつけてLinked Horizonが出そうな部分だけ録画しときました。
「進撃の巨人」のアニメ映像を使ってるは(知らない人は分からないからこれは親切なのかな?)
まさかのアルミン@井上麻里奈さんのナレーションが入るは、
バックが調査兵団かwの合唱の方々@コスプレ済みだったわで、
紅白というよりアニメ専門のライブ会場かと錯覚を(笑)。
でも演出は思ったより安心設計(フルでやられたら微妙だったんで、短くしてくれて丁度よし)
あの歌詞の字幕が心配だったけど「字幕を出さないという手があったか!」ということで解決してた(笑)
でも、肝心のRevo氏の声が音に負けてたなぁという印象。
ナマ声はあんまり声量ないのかな?
直後がT.M.Rと水樹奈々コンビだったんで余計に声量差を(^ω^;)←それにしてもこちらのコンビ、あんだけ激しい鬼譜面そうなエレガの曲なのに声ブレてなかったのが凄かったわ。


さて、これから「桜ほうさら」始まるまで他の時代劇見ようかしら。
ではまた!
改めて本年もよろしくお願い致します。
 年末ごあいさつ他。
2013年12月30日 (月) | 編集 |
明日はちょっと更新できない可能性が高いので、今のうちにごあいさつをば。
今年は更新ペースが落ちましたが、来年もゆったりと時代劇を楽しみたいと思います。
ご訪問下さいました皆さま、ありがとうございました。
よいお年を!


本日は毎年恒例のお正月料理を仕込みながら(明日もまだ続く・・・・)
煮物とかで火の元は離れられないがぼーっとしてるのももったいないということで、
今更ながら「武士の家計簿」(映画・2010年作品)を録画できたんで観ましたよ。


この映画、ものすっごく淡々としているので評価分かれそう・・・・。
特に語り部でもある息子がメインとなってから後の部分。
私は、特にラスト近いところでは当人たちは具体的に語りはしないけれども、
息子は反発しながらも父の背中を見ていたんだなぁって思いましたけど、
足りないと思う人もいるかもしれない。
ただ、個人的に「ん?」と思ったのが、これもラスト付近で父を背負った息子が、
自分は背負われた記憶が無いと言った時に、
すぐに子供時代の「鯛じゃ鯛じゃ」という場面を回想で出せばよかったかなと感じました。
ワンテンポ遅れて出したので、その間ちょっともやもやした気分に(苦笑)。

この物語は、「劇的な人生もない」ごくごくそこいらの下級武士の物語ゆえに、
あたりまえにドラマチックな展開がないもんだと思いましたよ。
だからまぁ・・・・堺さん演じる猪山直之の両親や祖母が
あのように結局未だ借金を返済中の状況で亡くなるという不憫な事態になっても、
それが「その人の人生」なのだからと私は思ってます。
ゆえに猪山直之は算盤を持って一生を終えましたが、
それが「何もしてない」「映画的起承転結がない」とは感じません。
現に、息子は父親の背中を見ていたのですから。
しかし、特に直之・成之親子の心象模様はもちっと分かり易く描くべきだったんではと感じた部分がいくつかありましたし、佳作とまではいかないかな?^^;
私的には見終わってから静かにじんわりと思い返すような物語でしたので、
それなりに良かったですよ。

-------------------------------------------------------
新年早々から時代劇てんこ盛り!ですね。
私は今回はテレ東の新春時代劇は見送ります(キャストに新鮮味が・・・・)
NHKの正月時代劇はとりあえず見る予定。
時代劇専門chの「花のお江戸のすごい奴」の3日連続12話完全放送祭り参戦予定(笑)


連続時代劇はNHK木曜時代劇、「あさきゆめみし」の後続で、
タッキー主演の鼠小僧次郎吉題材の「鼠、江戸を疾る」が1月9日からスタート予定ですが、
私の記憶違いじゃなければタッキーのNHK時代劇出演って・・・・・
私が橋蔵さんファンになるおよびこのブログ開設のきっかけともなった「雪之丞変化」以来では?(笑)

あの時、タッキーの「雪之丞変化」が正月時代劇でNHKで放送されまして、
丁度タイムリーに長谷川一夫さんと大川橋蔵さんの「雪之丞変化」のDVDが出たんですよね。
で、タッキー版のがどうもしっくり自分の中で納まらないので上記お二人のDVDを購入しまして、
まんまとはまったと(爆笑)。
別の意味でタッキーには感謝せねばなりませぬ(きっかけなんてどこに落ちてるか分からないものですよね)

で、話戻して今回の鼠は番宣見たかぎりでは少なくとも「あさきゆめみし」よりは面白そうな気がしました。
なので見て見ますわ♪
ハッ、この時代劇に京本政樹さんの息子さん(ジャニーズJr所属)も出演してるようですよ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。