本日の駄文。
2015年03月28日 (土) | 編集 |
こんばんは。
放置プレー状態の中、コメント下さった皆さま・・・・・本当に遅くなって申し訳ございませんでした。
該当記事、あるいは左側の「最近のコメント」欄より返信させていただきましたものございますので、
よろしくお願い致します^^;

ふ・・・ふふ・・・・来月から時専で「破れ傘刀舟 悪人狩り」(4月13日~)放送なのが楽しみすぎる。
あと、地上波で「猫侍 season2」が!!!!
斑目と玉之丞(ねこ)が帰ってくるうぅぅぅ!!(放送開始日時は局によって前回同様バラッバラだし系列無視なので公式を参照下さい)。
番宣スポットが斑目より玉之丞びいきなのが笑える(猫様だからね!)
4月になったらぼちぼちこちらでも浮上しよかなと考えておりまする。
---------------------------------------------------------------------
冬ドラマは子供の頃からの朝ドラ族なんで「マッサン」以外見ているのなかったのですが、
その「マッサン」があんまり面白くなかったんで(というかそういう状態何年続いてるかなぁ・・・・)
いい加減朝ドラ見るの切ろうかとやっと思い始めた熊猫屋です(子供ん時からの習慣たるやオソロシイ)。
せっかく「すずらん」以来の北海道舞台だったのに、広島や大阪パートから北海道パートになると、
やっと肝心のウイスキーメインかと思いきや、やれエマや俊夫&ハナの恋バナでひっぱりすぎだし、
戦争になると・・・・まぁいつもなんだけどNHKの戦争描写って現代の価値観もってきて妙になるし(特にエマとエリーが変だった・・・・・英語で歌いだしたり、あれ?特高に睨まれてたんじゃないの?とか^^;、エマが声高に戦争否定言いまくってたり)
おいおい!悟くんが後継ぐ過程ってめっちゃ大事なのにすっとばすんかい!!な終盤とか、
どーでもいいことにひっぱりすぎで、ウイスキーのこととかちゃんと描かなかったのがガッカリですわ。
(前半のマッサンの自己中すぎる描写とか、実在の人物土台にしてるのに、これやっていいの?とちょっと不快でしたし)。

前作の「花子とアン」も実在の人物土台なのにガッカリでしたが(子供ん時「赤毛のアン」シリーズ大好きだっただけにもう・・・・タイトルに「アン」が入ってる意味は?ってくらい「赤毛のアン」の翻訳の過程とか全然描けてない脚本だったよねぇ・・・・)
実在の人物を拝借する時は、ちゃんとその人に敬意を払った脚本にして欲しいなぁ・・・・と今回も感じたのでした。
(今回はエリーを上げるあまりにマッサンをちゃんと描けてなかったような。前回と今回の朝ドラは「これはフィクションです。実在の人物とは関係ありません」とおっきくテロップ入れるべきレベル)。
今回の朝ドラは私ゃ堤真一と小池栄子の演技は好きなんで、そこだけ癒されてた(笑)。

次の朝ドラは完全フィクションなのでその点は気を使わなくてよさそうだし、
まだ気楽に見られそうだね。
---------------------------------------------------------------------
春ドラマは、食ものが何本もあるので・・・・・見る(笑)。
「食の軍師」がMXでしかやらんので見れないっ!!!と思ったら、
gyaoの無料配信で見られる予定らしい。
「ランチのアッコちゃん」はNHKのBSプレミアム、
「天皇の料理番」はTBSで。

冬の食ものは「ワカコ酒」完遂したけど、あまり面白くなかったかなぁ。
回によってお酒紹介した時は原作より酒にちゃんと力点入ってる!(笑)て思ったけど、
やっぱり30分は長いかな。なんか間延びしてた気がする。
ただ主演の武田梨奈さんは好きなので、近い将来アクションもので拝見したいです^^
(あの瓦割りCM好きよ♪志穂美悦子バリのアクション女優で大成して欲しい!!)
アニメだけど「幸福グラフィティ」も見てました。
違和感感じまくりでなんでかなぁって思ったのだけど、元々食べる行為そのものが性的な部分があるのに、
それを過剰にしすぎなせいだ!(笑)。
原作、もっと食べる描写が性的だそうで・・・・・・ちと私にはムリ^^;
---------------------------------------------------------------------
春の時代劇はBS時代劇枠で「神谷玄次郎捕物控2」
木曜時代劇枠で「かぶき者 慶次」だそうだけど、こっちは視聴検討中。
 あまりにもあんまりな・・・・・
2015年02月22日 (日) | 編集 |
さっき、ライブから帰ってきてネットでニュースをざざっと読んでたら、

坂東三津五郎さんの訃報を目にして
「う・・・・うそでしょ・・・・・・?」と絶句。
三津五郎さんの踊りがとても好きだったので、
今回はショックすぎる・・・・・。
三津五郎さんは生で舞台を何回か拝見したことはあるのですが、
最後に見たのは生ではなくてNHKで昨年素踊りで踊られていたのをテレビで見たのが最後だったような。
軸がブレなくて素人目線だけれどほんと踊りが素敵な方だなぁと、
とても好きな歌舞伎役者さんの一人だったので、もう何て言っていいか・・・・。

勘三郎さんが亡くなってまだちょっとしか経ってないないのに、
同い年でまだ50代の三津五郎さんまで、いわずもがなだけど早すぎる。
前歌舞伎座の閉場からの訃報が多すぎて、ベテランさんどころか勘三郎さんや三津五郎さんのような、
これからの歌舞伎を先陣で引っ張っていただきたかった方々が相次いでいなくなってしまうというのは、
どういうことですの、神様仏様。

まだまだ歌舞伎座で見たかったですよ三津五郎さん。
来月の衛星劇場で三津五郎さんがご出演されているのが何本かあるので加入しますわ。
ほんとやだもぅ・・・・これ以上連れていかないで欲しいです。

心よりお悔やみ申し上げます。
今頃勘三郎さんと再会していらっしゃるのかなぁ。

-------------------------------------------------------
歌舞伎以外の演劇も色々見るけれど、
始まったら休演日なしっていう歌舞伎はちょっと改めた方が良いのではないだろうか?
(他の演劇は休演日設けているの多いですし)
と、こうも亡くなる方や、病気休業される方が多いにつけ、
本気で松竹に考えていただきたいと思いますが、どうでしょうか?。
一週間に一日は休演日にしてもいいんじゃないかと思うのですよね。
ご高齢のベテラン役者さんも多いですし(1か月近くずっと出続けるなんていくら今までがそうであったとしても、
ご高齢の身にはこたえるのではないかと・・・・)
中間層が薄くて、若手かめっちゃベテランのどっちかというのが歌舞伎界また顕著になって、
危ういバランスの上に見えてしょうがないので余計に・・・・。
藤十郎さんが、20歳以上も若い三津五郎さんの訃報に関するお言葉を述べていらっしゃる記事を見て、
改めてそういうおもいを強く持ってしまった熊猫屋です。
 久しぶりに心躍る♪
2015年02月20日 (金) | 編集 |
時代劇テンション下がってたのですが^^;
4月から時専で「破れ傘刀舟 悪人狩り」が放送開始と知って、
浮上してまいりました。
これのDVDって何年も前に何故かホームセンターでバラ売りでめっちゃ安く置かれてたのを見て
思わず買いそうになった時もありましたが(置き場を考えて踏みとどまった)、
わーい!錦之介さんだ~♪と、とても楽しみでございます。
(錦之介さんといえば、久しぶりに「長崎犯科帳」見たい・・・・・・・・)。

ところで東映chで橋蔵さん枠やって下さってますが、
そのうちまだ私が見ぬ残りわずかの未見映画放送して下さるんだろか・・・・・
(僅かな期待をもって^^)
↑来月「修羅時鳥」やるから、久しぶりに東映ch加入しますわ♪
 (たぶん私的残りは「ふたり大名」「若君千両傘」「不知火小僧評判記 鳴海飛脚」の3本だと思う)。

そろそろ橋蔵さん映画あたりまた観ようかな。
 本日の駄文。
2014年12月30日 (火) | 編集 |
本年の更新を見ていたら、1月と10月以外ほんっと酷いですね。
別に他にはまったものができて、そっちへとか全くないのですが、
(元々好きなもん色々あるんで分散された感はある)
それにしても^^;

前回のお正月は「花のお江戸のすごい奴」祭りでしたが、
今度のお正月は時専の歌う時代劇特集がとても楽しみですわ
(「鴛鴦歌合戦」はもう見たけど(感想)、すごく好きな作品)。
「大岡越前」が今12部まできていて、順調に録画中。
たまに見てふふふふ・・・・と楽しんでますわ。
(「大岡越前」@加藤剛さんの、時代劇単独主演記録では「銭形平次(橋蔵さん)」「暴れん坊将軍(松平健さん)」に次ぐんだろうか?)

今日は正月料理を作りながら「深夜食堂3」の最終回を今頃視聴(年越し蕎麦だったから今見て丁度よかった(笑))。
1月31日から映画版の深夜食堂が公開になるので、とても楽しみ
(よもや映画になるとは思わなんだ・・・・・小林薫さん以外にもおなじみメンバーが出るのが嬉しい)

ものによるけど「食もの」好きなんで、
1月から放送予定の「ワカコ酒」の番宣番組も見たのだけれど、
ものすご~い「コレジャナイ感」があって、早くも「花のズボラ飯」の悪夢の悪寒走る。
何が違和感って、原作のあの「ぷしゅ~」を言葉で出しちゃっているとこ。
本人が口に出さずに擬音で出すか、いっそ主人公の口から「ぷしゅ~」って文字でも出したほうがいいんぢゃ^^;
あと、ワカコってそんなにおしゃべりじゃないのに(脳内独り言は多いにせよ)、ドラマのめっちゃうるさい。
それと原作の内容からして15分ドラマが限界と思ったら、よもやの30分!不安だ。
「孤独のグルメ」や「深夜食堂」みたいに実写でハマる食ものはなかなか難しいのかも。
女性主人公で食もので今も連載中のやつだったら、回によって波あるけど「いつかティファニーで朝食を」の方がまだ実写化し易い気がするような・・・・。
(私は4巻までしか読んでないんで今どうなってるか分からないのですが)。
あとは「孤独のグルメ」と原作者かぶっちゃうけど「百合子のひとりめし」とか。
食ものドラマで次に期待は大分先(春)の予定だけど、TBSの「天皇の料理番」かな。
これの原作(小説)はまだ読んでないけど、それの舞台の年代より後の昭和の宮内庁管理部大膳課にお勤めになられた、
渡辺 誠氏の随筆「昭和天皇のお食事」を愛読しているので、気になるドラマです。

今日イマジカで放送されていた航空パニック映画「大空港」「エアポート75」「エアポート77」「エアポート80」を連続視聴中で、
80はこれから見るけど、75が実際ありえない展開だけど一番面白い。
しかし、75・・・・つっこみどこありすぎで笑える意味で面白い(笑)。
旅客機とセスナ(操縦士心臓発作)がぶつかって旅客機のコクピット右上に穴があき、
機長重症、副操縦士とかも負傷で使いものにならずなんとCAが管制から指示受けながら途中まで操縦するという、
これもありえないけど、そもそもあの高度、そして航空機のスピードで穴開いた状態でコクピットが何事もなく操縦できるなんて、
今なら素人でも「ありえない」と気づくレベルを当時は真剣に映画にしてたという事実がなんともいえず^^;
ラストもさぁ、何で乗客には脱出シューターで降りるようにせかすのに(しかも重度の腎臓病患者で到着先の病院に搬送予定の少女まで)
主人公たちはタラップで悠々と最後降りてくるんだろか・・・・と笑いと疑問がこみ上げた映画でした(でも好き)。


色々本日も駄文でしたが、よいお年を!また来年もだらだらと更新予定です^^;;;;

 もうすぐ師走・・・・。
2014年11月16日 (日) | 編集 |
おひさしぶりでございます。
気がついたら11月も下旬に・・・・。

今月からスカパーのセレクトするパックに加入しているので、
時専の他にもいくつか加入しております(東映と衛星劇場は選択できないのねん・・・・割引あるけど)。
NECOと日本映画専門ch見てたら時専がおざなりに^^;;
今月から時専で「東宝娯楽時代劇シアター」枠ができたので、録画したのを次の連休には見たいなと。
(新東宝も入れてもらえたら嬉しいけれど、無理かしら?^^;)

気ぜわしいけれど師走も近いということで、
年末年始の時代劇を検索してみたのですが、次期のNHK正月時代劇は無いのかなぁ・・・・。
木曜時代劇とBS時代劇の情報しか見つからなかったですよ。
(BS時代劇2月6日から中井貴一さん主演の「雲霧仁左衛門2」、
木曜時代劇は1月15日より中村雅俊さんと柴田恭兵さんの「風の峠~銀漢の賦~」)。

テレビ東京の正月時代g系は娯楽時代劇キター!ということで
「大江戸捜査網2015~隠密同心、悪を斬る!」(昨日クランクアップしたそうですね)
1月2日から5時間連続だそうです。
史劇よりも娯楽もんの方がありがたいわw
大江戸捜査網ってあの時代劇ですよね・・・死して屍拾う者なし。
十文字小弥太は高橋克典さんだそうですが、はてどうなるか?
(NHKの大岡越前は、私的にどーしても東の忠相がダメで^^;仕様がC.A.Lなのは嬉しいけど)

東映chと時専の年末恒例の忠臣蔵祭りは、
え~と~たぶん殆ど見たw(特に東映)なので華麗にスルー予定。
(東映、橋蔵さん祭りやって下さるんだけど全部見てる・・・・・^^;)
今年の年末はどうしましょうかね?普通に他の時代劇でも見る?

---------------------------------------------------------------
次の週末は、私は長いこと周星馳(チャウ・シンチー)のファンなので
(香港映画オタなんで、何人かファンな人がいます)
「西遊記~はじまりのはじまり」を観にいかねば!!(公式
かれこれ嵌まって18年くらいたってることに驚愕(確かお初はレンタルビデオで借りた「008皇帝ミッション」)。
「少林サッカー」が日本で大規模公開された時はめっちゃびっくりしたくちでした。
日本語字幕でも、日本語吹き替えでも周星馳映画はその面白さの半分も表現できないと思っていたので、
はたして日本で大規模公開て大丈夫なんだろか?と^^;(現地の社会風俗や、パロディてんこ盛りなんで)。
でも「少林サッカー」はまだマシな方かもしれない。
それ以前となると要素が更に濃いので。
周星馳で西遊記というと、とても好きな「チャイニーズ・オデッセイ」・・・・今回の映画見て、
機会あったらこちらも見ていただけたらなぁ^^
羅家英(ロー・ガーイン)の破壊的な「Only You」も懐かしいが(動画
ラスト近くで猿面で目だけで泣かす周星馳の演技が素晴らしい(ほんとに泣ける!!)。
ほんと天才や・・・・と思った瞬間でした。
今回は監督に専念して、自身は出演しないというのが残念ですが
(ずーっと以前から言ってたんでしょうがないけど)。

丁度NECOで幸運にも今回の映画の宣伝を見ることができて、
とてもとても久しぶりに星爺(シンイェ@愛称)が話すところを(しかも日本向けにっ!!)見ることができて、
嬉しすぎた・・・・NECOさんありがとう(T▽T)
(映画公式でもある程度見られるんだけど、NECO放送だと録画できますし♪)