本日の駄文
2011年09月04日 (日) | 編集 |



帝劇ワンダーランド ~帝国劇場開場100周年記念読本

今日は↑の帝劇100周年記念本を読んでいたのですが、
これがなかなか面白かった。
というのも、時系列でどんな演目が上演されていたか?というのはこの本でしか分からないから。
(1911年から載ってるんですよ~えんえんと演目が)
経営母体が松竹だったり、現在の東宝になったり。

橋蔵さんがまだ歌舞伎役者だった頃、所属する菊五郎劇団が戦後すぐの1945年10月に「銀座復興」「鏡獅子」の上演で戦後の帝劇が幕開けしてますよね(その時の帝劇の建物は二代目。現在は三代目)

わけあって松竹から東宝に移籍していた八世松本幸四郎丈(初世松本白鸚)らの皆さん。
これがなければ現・九世松本幸四郎丈も現代ものたくさんにはならなかったかもしれないし
^^;
(弟の二世中村吉右衛門丈は確かお先に松竹に復しているはず。その吉右衛門さんの襲名披露が行われたのが現在の三代目の帝劇のこけら落とし(1966年)だったとは・・・・!
( ̄□ ̄;)!)

戦前から、新劇やら歌舞伎やら新国劇、新派、前進座、宝塚歌劇、ミュージカル、果ては文楽だの能だのまで演劇何でも劇場だったんだなぁ・・・・・。
(バレエとか音楽会もある)

今はミュージカルが多いのはまだしも、ジャニ系の公演が年々幅をきかせ・・・・orz
気になるのは、2000年代に入ってから日本ものの舞台が激減していることかしら。
(今年は10月の「細雪」だけ。何度めの再演??)

それにしても、いつ帝劇に行っても劇場内のオブジェまでよくよく見ることもなかったのですが、
色々あるんですね。
今度は意識して見てみますw

今年は行かないけれども、来年はまた選択肢の一つに入れますわ。
(隣のビルに入っている、出光美術館でまた~り見るのも好き)


 コメント返礼 他。
2011年07月21日 (木) | 編集 |
遅れまして申し訳ありませんっ!
各いただいたコメントには返礼させていただきましたので、
該当記事にてよろしくお願い致します^^

おあと、拍手欄からいただきましたU様。
いえいえ、ご来訪ありがとうございます^^
毒吐きというよりぼやき節になりそうですが(苦笑)。
みなさん、考え方は色々お持ちでも時代劇がお好きなのは一緒なのねと、
時代劇を取り巻く環境は良くないですが、
うふふ♪という気持ちにもさせていただきました^^
これからも、マイペースに時代劇を楽しんで見ていきたいなと思います。

--------------------------------------------------------------
話変わって、9月の時専速報がきましたわ♪
9月に「鬼平祭り」があるらしい。
ああっ!私が地上で見逃した今年の新作をもう早!!!(≧ω≦)ありがたしっ!
松本白鸚さん、丹波哲郎さん、萬屋錦之介さんのも放送してくれるようなのですが、
時専さん・・・・
各1&2話だけなんつーことおっしゃらずに、全部を・・・・(笑)
特に松本白鸚さんと萬屋錦之介さんのを見たいですにゃ。

必殺枠は「仕事人3」らしーです。
 コメント返礼と本日の駄文。
2011年02月17日 (木) | 編集 |
14日に「旗本やくざ」の記事に拍手欄からコメント下さいましたY様、ありがとうございます^^
本当に楽しい作品でしたね♪
橋蔵さんの、こういう明るい作品大好きです。
お芝居の場面の最初のやつはいがみの権太でしたか。
あれ・・・私「義経千本桜」は観てるのですが、まだ歌舞伎若葉マーク故に覚え悪いです^^;
ありがとございます~^^

-------------------------------------------------
そろそろ、久方ぶりに武侠が恋しくなってきた熊猫屋です。
時代劇も好きだが武侠も好き、というかどっちがとは比べられないのですが、
動画で70年代の香港武侠ドラマの「陸小鳳」の主題曲(武侠ドラマ主題歌で好きな曲BEST3に入る(笑))
をこれまた久しぶりに聴いていたら、猛烈に古龍(グーロン)原作ものを観たくなった次第。

古龍は金庸・梁羽生と並ぶ三大武侠作家のひとり(古龍と梁羽生は故人)。
どっちかというとキャラ立ちするような作品が多く、それが私としてはとっても魅力的で、
日本でもいくつか翻訳されて本が出ているのですが、
いかんせん・・・・・古龍作品の日本語訳本には悪夢がつきまとう。
ことごとく「まともにシリーズ最終まで翻訳されていない」のです。

古龍作品で一番好きな「陸小鳳」のシリーズも、最初は小学館文庫で1冊出て終了。
その後に早稲田出版から3冊出たのですが、そこで終了。
シリーズはまだ作品あるのに・・・・(泣)。
近年では「絶代双驕(原題)」を翻訳した「マーベラス・ツインズ」(何故かラノベ仕様でしたが)も7冊目で切れたまま立ち消えになっており、まさに「伝説継続中
版権関係が複雑らしいのですが、あまりの尻切れトンボっぷりに涙もでねぇぜこんちくしょう!であります。

業を煮やして、原書買っちまった作品もありました(遠い目)←私のレベルでは読みこなせません(笑)
古龍ものの悪い意味での伝説っぷりは何も日本語翻訳本だけれはなく、
大陸(中国)でドラマ化した古龍原作の武侠ドラマも「ことごとくビミョー」(笑・私的にはツッコミながらも面白かったのもありましたけどね^^)。
↑同じ原作つきでも金庸のは成功しているというのにっ!翻訳だって全部そろってるしっ!(笑)
古龍もののドラマは古~いけれども香港が作った方が面白かったりする(映画も)。
ある種、キャラで魅せるような作風だから大陸ものだと微妙になりがちになるのだろうか?
ドラマ版では一人の役者のイメージが強すぎるために、後続が何度作ってもことごとくうまくいってない「楚留香」をまた作るようですが(絵づらでは今度こそは期待できそう(笑)→これ※注意・大陸サイト)、
「陸小鳳」あるいは「多情剣客無情剣」あたりは作れないんでしょうかねぇ?

海外ものは、日本に入ってこないものは自力で原語で観る方なのですが(圧倒的にその方が多い。原語字幕ついてるのも多いですし)
器用ではないために、長き修行を要しました(苦)。
最近は、英語ものを見られるようになりたいにゃと思うのですが、
英語にはトラウマがあるので、はたしてどのくらい修行がかかるでしょうか?^^;
(そろそろ英語を修行しようかと思う昨今(今更))
 コメント返礼など。
2011年01月16日 (日) | 編集 |
「今期の大河について」の記事に拍手欄からコメント下さいましたM様。
とっても御無沙汰しております。そしてご訪問、ありがとございます^^

おっしゃる通り、「着物着てれば時代劇」では無いですよね。
NHKなり、時代劇を現代調にしてしまうとこはそれこそが「本末転倒」だということを知って欲しいなと思っております。
それやってしまうと、既に「時代劇である意味が無い」ことですから。
私が生まれる前の大河は、当時の状況から欠損しているものが多いそうですが、
時専でよく過去作の一部を放送してたりしますので、そこで少し観たりとかも。
第1作の「花の生涯」、主演が二世尾上松緑丈だったのですね!(昔の映画等で拝見して気になる役者さん)
完全版で観てみたかったです。

--------------------------------------------------------------

今日はこれからNHKなんですけども、中村富十郎丈の追悼番組がありますね。
昨年9月の新橋演舞場での秀山祭、都合で昼の部しか観ることができなかったので、
夜の部にご出演の富十郎丈を拝見できませんでした。
せめて映像で拝見できるのは嬉しいですけれども、
亡くなられたのが突然なので残念です(年齢的には往生されたと思うのですが、まだ御子息も幼いですし)。

最近は芝翫丈や勘三郎丈に、愛之助丈まで体調を崩されて休演が相次いでますが、
もうちょっと余裕のある日程とか必要なんでしょうかね?
1か月終わったらまたすぐの役者さんもザラな中、歌舞伎って結構過酷だなぁ・・・・
他の商業演劇だともう少し余裕あるよね?
と、お仕事ながらも心配してしまいます(歌舞伎ではそれが普通だとしても)。
--------------------------------------------------------------
今日は夜に地上波で映画「レッドクリフ」が二週にわたって放送されますけども、
私的には全くツボにはまらなかった作品^^;
part1なんて特にダラダラとやっていて、part2とまとめて2時間くらいにした方がスッキリするんでないの?というくらいメリハリが無かったんですよね。
(あと、三国志に無駄なラブはいらねぇ(笑))
キャストも、俳優自体は好きな俳優も色々いるが「三国志」の登場人物からイメージされるとのはまってなかったりして、かなり消化不良でした。

三国志といえば驚いたのが、先週からBSフジでドラマ「三国」(原題)が放送されていることでしょうか。
月曜日のBSフジといえば19時台に「鬼平犯科帳」第4シリーズが放送されてますが、
その前の18時台でやってるんですよ。
熊猫屋はこれが現地で始まった当初、現地のネット上に公式サイトがあって観てました(笑)。
「レッドクリフ」よりはキャストがはまってると思うんだけど、
何せ90集まであるすんごい長いドラマ。
それをなんと一部だけ、18話放送というのがまた中途半端すぎる^^;
(どの辺を放送するのだろう?)
どうやら物語をかなり端折っているようで、
そんな中途半端放送してどうするんだ?とも思ったり。
現地でも放送当時、中国国内の各テレビ局の放送権料が結構高かったらしいとは現地記事等で読みましたが、
フジはどんだけ払ってるのだろうか^^;
しかし、よもやこれが放送されるとは思わなかった。
(やるとしても、かつて中央電視台が作った三国志を放送したNHKくらいで、ましてやあんな長編を放送するのは暴挙だと思ってたんで←放送権料の意味でも)
無節操に浸食している韓ドラよりは骨がある内容だと思うけれども、
個人的には、あのー日本の昔のドラマの再放送の方が嬉しいんだが
(現代劇でもいい。今東映chで「スケバン刑事」@初代を放送していて、懐かしくもツッコミどこ満載で楽しく観てます・笑)


 映画「残菊物語」(1963年・大庭秀雄監督版・松竹)
2010年07月18日 (日) | 編集 |
「残菊物語」はいくつか別版があるようなのですが、今回は大庭秀雄監督版です
(・▽・)V
衛星劇場にて鑑賞。

二世尾上菊之助役の現(三世)市川猿之助丈よりも、お徳役の岡田茉莉子さんの方がクレジットでトップにきてるのだけど・・・・・岡田茉莉子さんを格上に扱っているのだろうか??
(映画では経験値では岡田さんでしょうが、この映画の主役って菊之助ですよね)

-----------------------------------------------------------------
(あらすじ)※衛星劇場より
名優尾上菊之助の悲恋を描いた村松梢風原作の再映画化。
村松梢風の実録小説の映画化。
溝口健二監督(1939・松竹)、島耕二監督(1956・大映)に次いで大庭秀雄が監督した。
甘やかされた歌舞伎の御曹子が子守り女から芸の未熟を指摘されて目を覚ますという芸道もの。
歌舞伎界の当時のホープ、市川猿之助が主人公を演じている。

(キャスト)
二代目尾上菊之助:市川猿之助
お徳:岡田茉莉子
五代目尾上菊五郎:嵐寛寿郎
里:中村芳子
中村福助:津川雅彦
中村芝翫:市川小太夫
栄寿太郎:北上弥太郎
尾上松助:織田政雄
栄寿太夫:北上弥太朗
守田勘弥:黒川弥太郎
尾上多見蔵:明石潮
按摩元俊:伴淳三郎
柳橋待合の女将:沢村貞子 ほか

-----------------------------------------------------------------
(感想等)
二世菊之助というのは五世菊五郎の養子だったのですね。
(五世菊五郎の実子にあの六世菊五郎がっっ)
これはほんとにあった逸話なんでしょうか?モデルというだけで違うとか、どうなんだろうか?
(無知で申し訳ない)
にわか叩きこみ知識(笑)で、「團菊左時代」という一時代を築いた五世菊五郎。
その養子であった二世菊之助の、養子であるが故の悩みと恋と、芸道に目覚めて行くまでのお話です。


芸が中途半端なのに、父にも周囲の人にも本気で叱られたり、忠告をされたことがない菊之助。
(巷では酷評されている)
菊五郎家に出入りしていた乳母のお徳に恋をし、
勘当されてまで飛び出してしまいます。

しかし、大阪に腰を落ち着けたものの、そこでも芝居は酷評。
しまいにはお徳にまで八つ当たりしてしまう菊之助。
もうダメダメっぷりが酷いです。
何でも自分の境遇や周囲のせいにして、自分を見ようとしないダメ人間の典型というか^^;
駄目なのを気づいても、芸に精進しようとしないところに見る方もイライラ(笑)。

気の抜けた芝居、気の抜けた日常の菊之助を、猿之助丈が演じるわけですが、
後のスーパー歌舞伎を生み出したエネルギッシュさとはまた違い、
この映画では繊細な青年を好演しています。
お徳が自分から申し出て別れて菊之助を東京に戻してから、芸に精進を始めるわけです。

あれ?映画のテロップに
「その年秋、初代菊之助を名のり、名声頓(とみ)にあがる!」と出たぞ。
(「保名」を踊るシーンの直後)
時代は明治中期なのに、菊之助が「初代」とは変ですよねぇ(´・ω・`)
あくまでこの版のは全般フィクションという位置づけなのか????
周囲の台詞でも出ている菊五郎は「五世」みたいだし、史実をモデルにしてるなら数字が合わない・・・
(なんかもう、歌舞伎の二世とか三世とかごっちゃごちゃになりそうでよく混乱する熊猫屋です^^;←にわかにありがち)
でもま、物語として成立してればいいか!
(投げやりな(笑))


アラカンさんが菊五郎を演じております。
ちと滑舌がアレなんではございますが、もう威厳たっぷりで、
(歌舞伎場面の)芝居の良しあしの方はわかりませぬが、
安定感のある演技は安心して見られます。
お徳を菊之助の妻と認めて、彼女の元に行かせてあげるなんて粋なシーンだなぁ。

歌舞伎場面が豊富で、そこんとこはさすが松竹というか、
華やかで、見せてくれますよん(・▽・)

お徳の臨終シーンと、菊之助の晴れ舞台が重なり、
最後は複雑なものがないまぜになった終わり方でした。
お徳は、いつも菊之助が役者として立派になっていくことを願ってる女でしたが、
最後の最後まで、彼を想っていたのね。
それだけに、涙をさそいます。



テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ