スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 本日の駄文@映画「吉原炎上」(1987年・東映)を見ながら
2011年10月22日 (土) | 編集 |
今日、テレビでやってた五社英雄監督の「吉原炎上」を見ていたら、
最後まで見ちゃった熊猫屋です、こんばんは。
(本当は「徳川三国志」第4話見る予定だったのにっ!!・笑
明日見ます~♪)

主役の名取さんよりも、かたせ梨乃・西川峰子・藤真利子・二宮さよ子が凄かった。
一人は学生に熱をあげていたけれども、それがつかの間のことだとも分かっていた女(二宮さん演じる九重)
一人は、愛した男を信じたのに捨てられて、自暴自棄になって半狂乱になった揚句にカミソリで自害した女(藤真利子さん演じる吉里)
一人は、弟の帝大の学費を工面していてもうすぐ年季明けだったが病に倒れ、お職の座を奪われ、悲しみの叫びの中死んでいった女(西川峰子さん演じる・小花)
一人は捨てられても、人のために尽くしてしまう性分の女(かたせ梨乃さん演じる・菊川)

名取さんが演じていた若汐・・・後の紫も含め、
吉原の女の愛と悲しみと絶望や失意、諦め、自分を偽っていく嘘の世界と分かっていてもそこに自分の・・・時に切れてしまいそうな程細いプライドを持って生きていく女たち。
さまざまな感情が時には激しく映し出され、時には胸の奥深くにひた隠すようにじわじわと滲みだすように・・・・何とも哀しい映画でしたけれども、引き込まれた作品でしたわ。

女優陣の演技のぶつかり合いも凄まじかったですし
(西川峰子さんの小花の最期は夢に出るくらい^^;)
しかし、名取さん演じる紫が、100年に一度の幸せ者と言われながらも、結局は最愛の人(根津甚八さん演じる古島信輔)を吉原炎上の業火の中で失う様は、結局誰もこの色街の呪縛から逃れることができなかったのだなぁ・・・・としみじみ(信さんとは実は相思相愛だったのですよね、紫が身請けされた日に信さん自らあのように火を出したのですから)。
また信さんは廃娼運動をしていた人ですから、最後にあのような吉原炎上となったのは、
廃娼を完遂したともいえるので、そっちの意味でも感慨深い結末でした。
(紫は、いた場所=吉原を失った意味で最初信さんが言った意味での解放されたのか、それとも愛する人=信さんを失ったことで吉原の女の悲しみを背負ったのか・・・・どっちなのかなぁ・・・・どっちもなのかしら?)



----------------------------------------------------

数日前からついに加湿器出動です(・▽・)
めっちゃ乾燥していると夜中に咳が出るもので、
加湿器をエコモードでタイマーかけて寝ると朝までぐっすり^^
三菱重工製の、お手頃価格のスチーム加湿器を一昨年から使ってるのだけど
これ
作りが単純なんでお掃除し易いしまぁまぁ気にいってます。
「加湿器病」が気になるんで、購入するとき超音波式を避けたのと、
お掃除し易いのが決め手でござんした。
(あと、アロマオイルも使えるんですよ。ラベンダーでリラックス♪難点はスケールがたまり易いんで、まめなお掃除が必要なことですかね。スチーム式なんで仕方ないんですけど)

昨日、数年ぶりのパンダ捕獲してきました・・・・って、マグカップです(笑)
毎日何らかのお茶(紅茶・ほうじ茶・台湾茶・チャイなどなど)を飲む時、
このアランジ・アロンゾのマグカップを愛用してるのですが
(シンプルなパンダがいい・笑)
pandacup.jpg
そろそろ新しいのも・・・・ということで、またアランジで捕獲してきました。
アランジ・アロンゾ
ちょっと今使ってるのより小さいのが難だけど、シンプルでいい。
ちなみに、私はアランジ・アロンゾでは他のキャラものは買ってません。
たまーに「パンダ一択」でござんす(笑)
実はパンダ好きだがパンダグッズはあんまり持ってない中の、数少ない一つです。

スポンサーサイト
テーマ:時代劇映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
『吉原炎上』何回も観てるのに
脚本が中島貞夫監督だった事に今気付いたふぢをでございます。
確かミッキーちょい役で出てた筈。

本日は徳川三国志#4観賞できましたでしょーか?
私ゃ本日、一気に録り溜めしてた全4話観賞。
目当ての努たんは明後日#6登場予定ですが、他も超豪華なので観賞継続予定ざんす♪

若林さんカッコええ・・・(*´Д`*)
田村さんの最期にはビックリでしたが。自害ぢゃなく暗殺かよっ!と。
本当にツッコミどころ満載ですが、そこはドラマって事で。
#3は中島貞夫監督だったのですね。田中徳三監督のも楽しみです♪
#4は中村敦夫さんも近衛さんも芦田さんも出なかったから、これから単発モードに入る気配ですな。

このドラマを調べているうちに、色々な発見が。
岸田森さんと岸田今日子さんが従姉弟である事や、岸田森さんが樹木希林さんと結婚されていた事。
岸田今日子さんと中谷昇さんが当時夫婦であった事や、松山英太郎さんが芦田さんの御息女と結婚されて後に離婚された事など。

しかし、和泉雅子さんと坂口良子さんの変わりようにはビックリですな(笑)
でも御二方とも、良い年の重ね方をされてると思います♪

秋田、行って参りましたでぇ~連日稲庭うどんと比内地鶏親子丼ばっかし食しておりました。
横手やきそばは、妖怪の口には合いませんでした。
B級グルメは好きなんだけどな(´・ω・`)
結構な高確率で、来月も行かされそな予感。
しかも次回は岩手とセットで1週間連続ドサ回りの可能性も。
出張希望出してるから、別にイイんですけどね( ̄∀ ̄)

昨日、行って参りましたよ大河内山荘!
予想を遙かに凌ぐ素晴らしさ☆
大河内傳次郎さんを知らないツレでさえ、終始感動しきりだったほど。
紅葉にはまだ早い時期でしたが、一部葉が色付いてるのがかえって風流で。
雨降り後だったので、木々や植物が露に濡れ、それが何とも美しくて。
私の好きな苔ゾーンは満載だし、プチキノコが可愛らしく生えているゾーンもあり。

ゴミ一つ落ちておらず、手入れが行き届いている点にも感心。
維持費、相当かかってるだろうなぁ。。
一番乗りだったせいもあり、静かにゆっくり回る事ができました♪

写真集欲しかったのですが、3,800円の出費はイタイので、自身のカシヲ撮影で我慢★
「大河内山荘」と刻印の入った柚子餡もなかと抹茶を頂けて千円なら、安いものです。
刻印もなかは8個千円で販売しており、1袋お買い上げ♪
次回は雪の積もった極寒シーズンに来よう!と固く心に誓ったふぢをなのでした。

その後は天龍寺隣接の『西山艸堂』というお店で湯豆腐ランチ♪
有名な『森嘉』の豆腐を使ってるので間違いないだろうという事で。
木綿豆腐だけど絹ごしとしか思えない程のなめらかさ。
銀杏と百合根タップリのひろうす(がんもどき)や、パリッとした湯葉の揚げ物、山芋の磯辺揚げ、プチ茄子の田楽、喉ごしツルリンな胡麻豆腐等々に舌鼓。
ハイシーズン時ならまず入れない人気店なので、予約なしで入れてラッキーでした♪

その後は映画村へ移動。
リニュという名の改悪でした・・・アニメゾーン拡張してどうするっ(怒)
東映ポスターを撮影しまくり、土産物を買い、さてたこ焼き国へ戻るかと思った矢先、まさかのゲリラ的集中豪雨(゚д゚ll)!
膝下ボタボタのずぶ濡れになり、慌てて京都を後にしたのでした。。

パンダグッズ、イイですね~!私は哀愁漂うタイプに弱いです。
↓このシリーズのが結構好きです♪
ttp://pandalife.cart.fc2.com/

ユル・ブリンナーにハマッたきっかけは、『荒野の七人』なのですよ。
マックイーンの方がガン捌きとかアクション全般遙かに上手いし、キャラも魅力的なのに・・・何故だろう?
自分でもよく分からないのですが、ブリンナーの方がツボにハマッてしまい。
歩いてるだけでせくすぃー♪だし、黒のハットがこの上なくお似合いで。
妖怪人間ベムは、ぜひ当時の彼に演じて欲しかった!(←真剣)
2011/10/23(Sun) 21:51 | URL  | ふぢを #-[ 編集]
「吉原炎上」でのミッキーさんは確か女衒でしたよね( ̄▽ ̄)
緒形拳さんといい、できる人をちょいで使う映画(笑)

>岸田森さんと岸田今日子さんが従姉弟である事や、岸田森さんが樹木希林さんと結婚されていた事。
岸田今日子さんと中谷昇さんが当時夫婦であった事や、松山英太郎さんが芦田さんの御息女と結婚されて後に離婚された事など。

↑なんですか、その人物相関は(笑)
芸能界ってやっぱり結構狭いというか、職場結婚多すぎぢゃないですか!(わはは)
離婚した後で、仕事一緒になったらどんなもんなんだろうね?

和泉雅子さんは、私は結構自分が大きくなるまで「南極に行ったお姉さん」の印象だったので、
こうして昔の映画やドラマで沢山若かりし和泉雅子さんを見られるのは嬉しいものです^^
和泉さんはきれいだし、坂口さんはまだ娘の可愛らしさですな^^

お!次は岩手もですか。
岩手岩手・・・・わんこそば?(お前は食い気ばっかりか!・笑)
じゃじゃ麺?盛岡冷麺?(寒いのに冷麺はないか。私、盛岡冷麺は苦手なんですよね、こしがありすぎて^^;)
麺類が美味しそうな土地ですよね(´▽`*)
岩手銘菓「かもめの玉子」!菓子も美味そう♪
秋田の「稲庭うどんと比内地鶏親子丼」のコンボはめっちゃ美味しそうね!
岩手と言えば、食い気よりも実は宮沢賢治ものには興味ありますよん。
花巻に施設もあるし行ってみたいものです(´▽`)
寒くなるので、お仕事風邪対策だけ気をつけて行ってらっさいまし♪

大河内山荘レポ、ありがとうございます!
それ聞くと、やっぱり一度は見たいなぁ大河内山荘は。
傳次郎さんがこれに映画のギャラつぎ込んだという、傳次郎さんの趣味がいっぱいつまった場所だから、
京都行く時には必ずこれ入れますわ。
京都といえば、何処行っても観光客なイメージがあるのですが、山荘はいかがでしたか?
お豆腐のお店もそそられる・・・(よだれ)
映画村は、特撮じゃなくてアニメゾーンでしたか^^;
時代劇セット、縮小されないように祈っておりますわ
(今の朝ドラで太秦使ってるみたいなんですけどね~昭和初期が舞台になってます)

そのパンダ作家さんの本は持ってます♪(照れ)
かなりの時間をかけて、1体のパンダさんを作ったのですよね。
すごいなぁ~せいぜい羊毛フェルトちくちくでパンダが限界の私にゃ羨望の眼差しですわ^^
そのパンダ、可愛いですよね。
私、パンダに目は描いて欲しくないんですよ(笑)
あの目とその周りは黒で塗りつぶして欲しい。余計な表情はいらんのです(わはは)

ユル・ブリンナーにベム・・・・似合う!というかイメージそっくり!(爆)
ガッシリとした体格に、坊主頭に、黒帽子・・・・・実写ならユル・ブリンナーですね!
ふぢをさん、お目が高いですよ(にやり)





2011/10/25(Tue) 20:44 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。