スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 映画「薄桜記」(1959年・大映)
2011年10月10日 (月) | 編集 |


(あらすじ)※時代劇専門chより

時は元禄7年、高田馬場の決闘の助勢にかけつけようと道中をひた走る中山安兵衛(勝新太郎)の襷の不具合が気になった旗本・丹下典膳(市川雷蔵)は忠告しようとするが・・・。
典膳は決闘場所である馬場へ赴くが、安兵衛の対する相手が同門知心流の村上兄弟だと知ると、公用の最中でもあり、その場から立ち去った。
そのことがきっかけとなり、二人は数奇な運命を辿ることになる…。


(キャスト)
市川雷蔵/勝新太郎/真城千都世/三田登喜子/大和七海路/北原義郎/島田竜三 ほか

--------------------------------------------------------
(感想等)
東映娯楽時代劇LOVE♪の私が、
大映時代劇にも本格的に足を踏み入れるきっかけになるんでしょか?
時専で雷蔵さんの映画をドーン!と3年半かけて放送するというので、
(全部はリアルタイムは無理でしょうが)
ゆるりと見てみることにしました。
何せ、笑いとか遊びが無い映画を何本も見続けられない程の娯楽好き故に、
気が向いたら・・・・ということでよろしくです(笑)

さて、最初に放送された映画がこの「薄桜記」でした。
履歴を見たら、1954年からなのでもう結構撮っていらっさる頃の映画ですね(・▽・)

勝さんたら若いわぁ~♪まだ完全二枚目路線の時?
後の堀部安兵衛の役ですか。
忠臣蔵スピンオフ作品でしょうか。

・・・で、見終わったのですが

思いっきりメロでベタな時代劇でした(笑)


途中で安兵衛にキャーキャー言う女の子たちとか、
雷蔵さん演じる丹下典膳の妻となる千春の、子供のままごとじみた行動(お雛様のとこ)など、
ふわふわした場面もあり、
安兵衛は安兵衛でずーっと千春への秘めた気持ちを持ち続けていたことなど、
ある種女性向けの鑑賞を前提とした時代劇にも見えなくもなかったです。

悪い人と善い人の区別もハッキリしてましたしね(・▽・)
(しかし知心流のあのネチネチ野郎3人は酷さが分かりやすいな^^;)

個人的には・・・・実は言いにくいのだけど、
千春役の女優さんの演技があまりうまくないんぢゃ・・・・と、
ちとそこが感情入りにくかったり(スマン、スマン!)、

生類憐みの令の解説場面とか、
ツッコミどこもあって、このまんまこの調子だったらどーしよーとか思っておりましたが、

腕を切られ(千春の兄さんも酷いわぁ)、足もやられた丹下典膳が刀を持って
斬りあいをする場面からの下りは面白かったです。
手負いの丹下典膳が、鞘を口にくわえて刀を出し、
普通じゃありえん体制で斬りまくる姿、雪の中にあるは血と美しい雷蔵さん。
(上からとらえた場面とかいいなぁって思いましたよ^^)
それでもすべてはできずに危機一髪の時に、安兵衛が助太刀をして間一髪で成就しますが、
ベタとは思いつつも、撃たれた千春が這いつくばって倒れて既に死んでいる丹下典膳に手をかけて息絶える場面は、泣けましたですよ。


それにしても安兵衛、切ないな。
(勝さんの剣劇シーンはやはしさすがだなぁ)


千春の不幸を「狐のせい」でほんとにすませられるんでしょか?というツッコミをしそうになりましたが、
・・・・それは言ってはいけないんですね、はい、すみません(笑)。


ハイビジョンで今回放送されてますが、
こんだけ綺麗になるということは、
東映時代劇もキレイにしたらまた違って見えるのかなぁ~( ̄▽ ̄*)
スポンサーサイト
テーマ:時代劇映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
メロ時代劇
確かに・・・時代劇以外のジャンルでも、大映は全体的にメロ系統多い気が。
よろめきドラマ層を取り込む為だったのか?
音楽が大袈裟なのは、昔も大映ドラマ時代も相変わらずですがね^^;

私も女優が残念だと思いましたよ。
大人の事情による新人起用だったのでしょうか?
あと3年遅ければ、藤村志保さんだったろうに・・・などと妄想しながら観賞。

>ベタとは思いつつも、撃たれた千春が這いつくばって倒れて既に死んでいる丹下典膳に手をかけて息絶える場面は、泣けましたですよ。
ワテもでございます。泣けつつも、美しいなぁ~・・・と思ったり。

雷蔵さんにゃ雪がよく似合う。
(健さんも似合うけど♪)雪が似合う日本男児は素敵ぢゃ。
雪を背にした憂いある物腰、ありゃ欧米欧州男性には出せない味ですわい。
最近ユル・ブリンナーにハマッておきながら、何を言ってやがるって感じですがね(笑)

そうそう!何と来年岡村さんの【LIVE TOUR2012『エチケット+( プラス)』】がっ!!
全国ツアー、キタ━━━━ヽ('∀`)ノ━━━━!!!!
有給7日残しといて良かった。。
それでですね、とりあえず1/13(金)宮城、1/15(日)札幌、1/22(日)広島、1/27(金)新潟、2/1&2(水木)大阪の計6公演を狙っております(-ω☆)キラリ
しかし社会人にとっては嫌がらせのようなスケジュール(笑)
平日ばっかしぢゃねーかっ!初日なんて連休明けの1/10(火)渋谷だし。

チケ取れますよーに・・・って先行予約の日、秋田やんっ( ̄Д ̄;)
帰宅したら速攻予約せねば。
もしチケ取れたら、宮城⇒札幌直行か~・・・しんど(笑)

秋田へは、次の月~水で行って参ります。
明日、スペシャTVで山中湖野外ライブ(岡村さん復活)模様が見られるので、それを目に焼き付けて旅立ちたいと思います。
稲庭うどん、食いまくるぞーーー!!!
2011/10/15(Sat) 22:57 | URL  | ふぢを #-[ 編集]
Re: メロ時代劇
>音楽が大袈裟なのは、昔も大映ドラマ時代も相変わらずですがね^^;
それだ!(笑)
同じメロでも東映よりウエットだなぁ~と思ったのですが、
そうだ、それだよ!大映ドラマ!
なんかどっか大げさなのは、元々の「血」か(爆)
ちょっとひっかかってた部分あったのですが、ふぢをさんのその言葉でストンと落ちたですよ(笑)

雷蔵さん、雪が似合いますの♪
ちっと影の部分がある男が似合いますよね(´▽`*)てへ
健さん・・・「鉄道員(ぽっぽや)」の雪の場面素敵だったですよ^^
ユル・ブリンナーとは、「王様と私」?「十戒」?何ではまったのかにゃ?

岡村しゃん、ついにやりますかー
無事最終まで行くことを祈っておりますぞ!
そのスケジュール、土曜日はないのはつらいですの^^;
もし、こちらまでお越しの際は、お時間が合えば歓待しますよ~♪
交通・宿泊情報とかも提供しまっせ(笑)

秋田、いよいよですか。
いってらっさ~い♪
きりたんぽ鍋とか、比内地鶏とか、いぶりがっことか、だまこもち、横手のホルモン焼きそばとか、
などなど・・・・色々ありそなんですが(笑・この食い意地野郎め!)、
食も堪能しつつ、お仕事がむばって下さいね♪
おつかれさまっ!(´▽`*)←実は休日出勤した人(爆)



2011/10/16(Sun) 19:04 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。