映画「江戸の顔役」(1960年・松竹)
2011年10月10日 (月) | 編集 |
(あらすじ)※chNECOより

河内山宗俊に扮した伴淳三郎が、江戸で起きた殺人事件の解決に乗り出す痛快捕物!
吉原で大散財した宗俊が居候をきめこむ舟宿に帰ってくると、弟分の直次郎が目明しの金蔵らに追われ駆け込んできた。
話を聞くと、直次郎は忍び込んだ三河屋で吉右衛門が死んでいるのを発見し犯人に間違われたという。
早速、宗俊は事件解決に乗り出すが…。

(キャスト)
伴淳三郎 瑳峨三智子 小笠原省吾 花ノ本寿 川口京子 須賀不二男 ほか

--------------------------------------------------------
(感想等)

NECOの「河内山宗俊祭り」、
先日見た「江戸遊民傳」の近衛十四郎さんとはまた全くイメージが違う伴淳三郎さんの河内山です。
近衛十四郎さんのが、割とひたすら好漢!だったら、
こちらの河内山はずる賢いというか胡散臭いというか・・・・(笑)
でも、悪の花度でいえば「江戸遊民傳」よりハッタリ男な感じがしました。
(さらに上は歌舞伎の河内山だと思いましたがw)
役者さんが持っているキャラクターの違いもあるのでしょうね。
いきなり喧嘩仲裁で、みんなで色街に遊びに繰り出したり、まぁはよから大散財!

「江戸遊民傳」で三千歳を演じた嵯峨さんが再び三千歳を演じており、
こちらは出番も多いです(しかも嵯峨さんはお浪と二役!)
更に直さん役の小笠原省吾も「江戸遊民傳」(松江侯役)に出てまして、
キャストかぶりすぎ(笑)。

こちらの直さんも、河内山に金魚のふんのように慕い、またうだつの上がらない男で
三千歳にたしなめられてますが、反省無い情けない男です。
しかし、「江戸遊民傳」のようにイライラするようなキャラクターではないですね。
殺人事件の犯人に間違われたりはしますが、
彼自身が話の中心になっていないからです。
(それに、こっちの直さんはちったぁ男っぽいところもありますしね・わはは)

殺された三河屋吉右衛門と、吉右衛門が死ぬ間際に書いた「お春」という文字、
その後綱渡りの曲芸をやっていたお春の綱が切れて、お春が死んだミステリーを解くのが主体です。
お春はその後、武家娘出身であったことが判明しますが、
そこからまた話は別な方向へ進み、実はお家乗っ取り騒動がからんでいたという仕組みです。


しかし、河内山がお春殺害予告をほのめかす句のメッセージを送ってから間があったというのに、
何故止めぬ^^;;←それぢゃ話が進みませぬが

神子頼母らに見つかって河内山と直が逃げた時、刀を使わない、そこいらにあったもので立ち回る場面が楽しい。
(冒頭で河内山に助けられた駕篭屋の機転もききましたし♪)

それにしても、終盤の謎解きの駆け引き場面は面白かったな♪
「山吹色のお茶」といえば、やっぱりキンキラ光るあれかと思うところ、
「だまらっしゃい!拙僧がいつ小判を所望した?茶にて酔いを醒ましいと申したのぢゃ、云々・・・・」
の展開にきたのは(なりは胡散臭いが・爆)かっこえぇ!
・・・・が、またドンデン返しで河内山を知る者がにこやかに
「宗俊どのではありませんか♪」と声をかけて事がバレ、万事休すと思ったら、
お家騒動を心配してやってきた松平様が現れて、河内山に「存分にやるがよい」とお墨付きの更なるドンデン返し!
なかなか小気味よい展開でした^^


ところで、嵯峨さんが三千歳と今回は腰元役のお浪の二役をやる意味はあったのでしょうか?
そっくりということで、直さんが萌えるのだけのネタだったんだろうか?(爆)
スポンサーサイト
テーマ:時代劇映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可