スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 映画「利休」(1989年)
2011年10月03日 (月) | 編集 |
rikyuu

先月NHK BS-Pで録画したのをやっと見終わったのですが、
感想を簡単に。

これ、DVDで出てないのですね。
戦もなく、この調子でいくと長尺かしら・・・・と最初思っていたのですが、
心理戦の駆け引きが面白くて、最後まで引き込まれた作品でした。

この映画はキャストがかなり豪華ですけれども、
利休の三國連太郎さんや、秀吉の山崎努さんを中心として、
周囲のキャストの皆さんも演技派が多く、
台詞の無いところで繰り広げられる心理の葛藤なども見えて、
役者さんの素晴らしさを感じた映画でした。

劇中、ふとした所で台詞なしにちょっとした仕草や所作、目の表情など、
役者さんの技量が問われるところが結構あり、
(演技が)下手な人が紛れこんでいたら
この静の緊迫した空間がブチ壊しだよなぁ・・・・と思いつつ見ていたのですが、
いやはや、皆さま芸達者!
冗談抜きで、こういったものが今後作られることがあるだろうか?とも。
間合いが良い映画です。


利休と秀吉の心理描写の変化もさることながら
(徐々に秀吉が疑心暗鬼になっていく様など。これくらい尺をとらないと、
その過程が唐突になってしまうと見終わって感じたので、丁度よかった)
秀吉が正親町天皇の御前で茶をたてる場面の、
秀吉の緊張がありありと出ているとこや、
山上宗二(井川比佐志さん)を追いつめる秀吉の、二人の間の緊迫した場面、
能を舞う秀吉の、天下人となった自信が漲った形相、
利休と徳川家康(中村吉右衛門さん)との二人きりの場面(利休「家康様は命と言うものをどのようにお考えですか?」家康「私が明日を迎えられることでしょう」←この台詞のやりとりだけでハッ!家康全部お見通しと気づかせるとは)
ラスト近く、石田三成に「そちはわしをなめていたからな」と秀吉が言いましたが、その後一人きりになってまた同じ台詞を言うところ(後者は利休に向けてですよね)の間合いなど、
みせられた場面満載でした。

最後近くで秀吉と利休が茶室で最後の二人だけの時間を過ごしていた時の、
梅の花を花器の中の水の中に散らした利休、
秀吉が嫌いといっていた黒い茶器を使ったのを見て
やばい・・・・と思ったのですが、
利休はその時は既に(自身と秀吉の)先を見とおしていたのでしょうかねぇ・・・・

画面の奥行き深さといい、落ち着いた画面、しかして内にたぎるは激しい心理戦、
私好みの作品でした。
録画できたから良かったものの、なんでDVDになっていないのかしら?
良い作品なのに、もったいない。








スポンサーサイト
テーマ:時代劇映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
めっきり
冷え込んで参りましたが、いかがお過ごしでせう。
10日後には初の東北遠征・・・どれほど着込めば良いのかサッパリ分からず、不安が募るふぢをでございやす。
でも、展望風呂(温泉)付の宿で朝食(和洋バイキング)も美味しそうだから楽しみ♪←仕事はこの際どうでもイイ

『利休』本当に、何故DVD化されないのか?不思議ですな。
そんな事もあり、ただの海外向け&さぞ退屈な作品なのだろうと、勝手な推測をしていたものです。

実際観賞したら、面白くてビックリですよ☆
いや、派手な面白みは無いけれど、終始緊張感を保ったままで、気付けば映画の世界に引き込まれていました。

でも、とにかく映像が美しいので、旧ヲンボロ極小TVではなく、デジタルで観賞できたのは良かった♪
説得力のある映像、なるほど、勅使河原監督て華道の家元だったのですねぇ!(驚)
監督の他作品も観てみたくなりました(『砂の女』とか)

もちろん努たん(萌え)目当ての観賞でしたが、やはり三國はスゲーなヲイ!と思わずにはいられず。
作品の秀吉にも似た、尊敬と嫉妬の入り混じった複雑な感情で観ておりました(笑)
実際の利休も大柄だったようなので、まさにハマリ役。
また2人の共演作できないかな~・・・『死に花』みたいな作品で共演熱望!

話は変わりますが、『おしどり道中』熊猫屋さん的にはイマイチ?でしたか。
実は私、今月東映ch加入が遅れまして、昨日から見られる状態に^^;
なので5日分は見逃しちまったんですよ!
ま、あと2回リピあるから大丈夫ぢゃろうが。
山荘に行く予定もあり、大河内さん楽しみにしてたのに・・・殺されるのかよぅ!

今夜の『ツレうつメイキング』『昭和残侠伝(&予告篇集)』には間に合ってひと安心。
池辺良さんを偲びながら観賞したいと思います。
健さんは長生きして森繁越えしておくれ・・・新作楽しみにしてるよ~

地デジ後、何とか京都チャンネル受信に成功しまして、昨日の【中島貞夫の邦画指定席】は『水戸黄門 天下の副将軍』でした(解説目当てで録画済)
来週は『銭形平次』(長谷川一夫版)
今後も楽しみでございます♪

ちなみに【鳥肌●】(←伏せ字にすんな・笑)一緒に行く友人が京都の子なのですが、何故か京都チャンネルが受信できないそうな。
でも奈良チャンネルは映るらしく・・・謎ぢゃ。
2011/10/06(Thu) 01:19 | URL  | ふぢを #-[ 編集]
ふぢをさんへ
今日は携帯から失礼します~♪

「利休」ほんと良かったです~
三國さんと努さんの腹の探り合いもドッキドキでしたし、
画面は絵画的に美しいは、役者さんははまってましたし、監督…見くびってすまない(^_^;)
しかも監督さんお家元なのですか!?
んぢゃ花を生けるシーンはお手のものか(笑)
いやいや、それにしても綺麗な画面構成ですた

京都テレビおめ!
電波ってどうなってんのかしら

いよいよ東北ですか!
参考になるかわからないのですが、私んとこは薄手の春秋コートやジャケットとストールの人が多いかな
薄手のタートルやニットのトップスでもこれからの季節なら問題ないだろうし、
体感温度は人によって変わってくるから、あったかインナーや羽織もので重ね着できるようにしておけば対応し易いとか、どうだろ?(いざという時のミニカイロとか・笑)
テレビ見ていると、東京の人が案外着込んでいるのを見て、居住地により体感温度が違うんだなぁと思ったので、
現地の人の話よりも予想される気温で、こんだけ着るなら大丈夫という自分基準で考えるのもひとつの手かな~とも思ったり
参考にならなくてすまないでし(^_^;)
足首寒いから私は今日もブーツです(笑)
2011/10/06(Thu) 12:48 | URL  | 熊猫屋 #8tclgd.Q[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。