本日の駄文(時代劇いろいろ)
2011年09月01日 (木) | 編集 |
今日、近衛十四郎さんのいただき勘兵衛が終わりましたね@時専
よもや吉田義男さんが坊主にビビるオチがくるとは(爆)
仙太とお紺って、なにもなくあのまんまなんですね
喧嘩するほどなんとやらの展開になると思ったのだけど
時専では近衛十四郎さんの番組予定は今後まだ無さそうですが、
来週から同時間枠で「さむらい飛脚」(大友柳太朗さん)で、さむらい飛脚が終了したら、よよよいの伝七らしいので、なんて私向けなラインナップだ(笑)


今日、時専の瓦版で知りましたが、もう鬼平の新作作るのね
(吉右衛門さんが出てらしたわ…)
松平健さんがゲスト出演されるなんて、嬉しいけれど、時代劇が沢山作られてた頃なら、主役クラスな方が別の人気時代劇にお出になるということも無かっただろうなぁ…と、若干複雑な心境もなきにしもあらず
(´・ω・`)
それだけ時代劇が作られなくなってしまったのだな…という意味で

放送がフジなんで、どうしようかと
開き直りでまだステルスマーケティングを止めないわ、偏向報道を止めないから、視聴してないもんで
(韓流デモはステルスマーケティングや偏向報道を非難しているのが本質なのだけど、マスコミとか話をあからさまに別な方向にそらそうとしてたのがまた嫌だなぁ…って見てました。コンプライアンスとかリスクマネジメントとかどうなってるのかしら
普段、他の一般企業のその手の不祥事を執拗に叩くけど、マスコミはどうなのかしらねと問いたい)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/01(Thu) 21:02 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/01(Thu) 21:11 |   |  #[ 編集]
ふぢをさんへ
鬼平は、録画でCM抜いて・・・・と考えておりまする。

京都ツアー♪すっかり定番ですね(´▽`*)
おおおっ、あの刀をご持参下さったとは、恐縮でございますっ。
私も使ってるんだけど、何気に鍔の部分が巧い具合に指にひっかけられていいとか(笑)
うちのパンダに持たせてやろーかと思ったのですが、
サイズが微妙に合わねぇ・・・・^^;
銀閣寺っていいですよねぇ
初めて見たのは修学旅行の時でしたが、その時でさえ金閣のギンギラギンは何も感じなかったのに、
銀閣のあのたたずまいは好きだ。
枯山水とセットでたぶんずっと眺めていられるかも。
飲料水サービスのホテルっていいですよねぇ^^

橋蔵さんを大スクリーンでってほんっといいですよねぇ(´▽`*)萌
私は1回しか経験ないのだけれども、
やっぱりテレビの画面で見てるのとは雰囲気違うんだよね。
新吾様で大スクリーン。
かわゆすぎるわっ(≧ω≦)

昨日、午前十時の映画祭のパンフレットが存在することを映画館で初めて知りますた
(遅いっちゅーの!)
ふぢをさん、変わらず通ってらっさるのね^^
フランス映画独特の、気だるい感じの雰囲気とか私も好きですよ。
はっ・・・・文たんセットの清作の妻、観なくては(´▽`*)スローモーですんませんです(汗)

台風が自転車並の速度で西日本が心配ですが、
そちらは大丈夫ですかー!?
こちらには始め3日にくる?と思ったら4日にずれ、更に5日にずれ、
どうなってんの????というとこですが、
あまりにもトロい台風ははた迷惑ですのぅ(´・ω・`)
被害も少なくあることを祈りますよ、ほんとに
(これ以上日本をいぢめないでっっ!^^;)

コメントお気づかいありがとうございます(笑)
2011/09/03(Sat) 11:04 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
A様
こんにちは、はじめまして^^
ハンドル名をご記入してよいのか・・・と思いましたので、
A様で失礼いたします。

時代劇好きのにわか橋蔵さんファン、武侠はその前から(というか××年前から香港映画好き)という、
おとぼけ野郎でございます。
私は昔の時代劇はビバ!娯楽!の東映時代劇が基本なので、
雷蔵さんのはこれから時専でゆるゆると見ようかなぁ~という程度なので、そちらは何も分かっておりません(すみません^^;)

居住地は関東でも関西でもない田舎なので、
映画イベントとかとは無縁です。
昔の時代劇とかほんとやらない土地だからなぁ・・・・と^^;
情報は入りますが、
気軽にホイホイとそちらに行ける所に住んでもいないので、
そこはそれ、DVDやスカパー、ビデオなどで楽しんでおります。
それでも不自由な感じはしないので大丈夫です(笑)
武侠は主に・・・・見たいものは日本には入ってないし・・・・ということで、
いやがおうにも現地ソフトを買って中文字幕で見続けるという暴挙の繰り返しをしてます。
武侠ブログは放置気味ですが、今でも大好きです^^
ちまちま見ております。

こんな最果ての僻地ブログまでお越しくださいまして、ありがとうございますっ!(^▽^*)
橋蔵さんの品のよいところが好きなのです。
柔らかみのある踊りも好きですし、所作は綺麗だし、
平次では煙管の持ち方から、着ているものの裾さばき、ちょっとした仕草がほんといいんですよね。
時代劇の雰囲気があるというか・・・・
そこに惚れております。
(あ~~~~~平次見たくなってきました!・笑)

ここは基本ウェルカムな場所ですので、
ご同好の方がいらして下さるのは嬉しいです^^
今後ともよろしくお願い致します。
2011/09/03(Sat) 11:24 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/10(Sat) 13:37 |   |  #[ 編集]
麻生様
こんばんは^^
コメント下さってありがとうございますっ!
嬉しいですわぁ~時代劇も香港ものも話の通じる方とは♪
周星馳(チャウ・シンチー)ははまりまくりました!近年はあの無厘頭が炸裂してないのでちとのめり込めてないのですが、すっごいはまりました。
今でも私の中の「演技がうまいと思う香港明星」の5本指には入ります(笑)
↑そう思ったのが特に「チャイニーズ・オデッセイ」のせいかしら・・・。
1990年代は特に現地ソフトの中文字幕を見ながら、
「くぅ~!!!広東語が分からないのが口惜しいっ!中文字幕だと面白さの3分の1も分からないんだろうなぁ!」と地団太踏みまくりました(日本語字幕で見るよりはマシだろうけれども、やはり現地人じゃないと分からないところがありすぎると思って・・・・^^;)
リンチェイもいいですよねぇ^^
動きが綺麗なのが好きですわ。
今でも細々と武侠ブログ(このブログにもリンク貼り付けてます)で愛でております。
はまる程に更にベテランにはまるという、時代劇でも橋蔵さんにはまるように、
どんどん時代をさかのぼっているいるのが何ではございますが。
(そうなるとネタに喰いついてくれる方がやっぱり少ないんですよね・・・・ははは^^;)

ああ、私このブログでは毒吐きもしますんで、ちょっとやそっとの萌えとか、毒吐きとか、
大丈夫です!(笑)ドンっ!と!
も、ご遠慮なく♪
橋蔵さんは可愛い!!ですよね~(´▽`*)
私は地味に昔の「近代映画」にターゲットをしぼって集めていたのですが、
(20数冊くらいあるかしら?)
ほんと真面目だ・・・・橋蔵さんっ。
橋蔵さんはちょっとシャイなところがあるんじゃないかなぁ?と私は思ってます。
誰とでもどんどん打ち解けるのが早いタイプではなくて、
最初はちょっと距離がありつつも、打ち解けるまでが時間があって、そのあとが早いんじゃないかなぁ?と思ったりもします。
育った環境が環境(かなり複雑)だけに、己を崩すというのがなかなかできないんぢゃないかなと。
しょうがないですよね、それは性分だし。
(嫌と言えたらたぶん、映画でも助演の割合がもう少し減って、別のアプローチの作品が出たかもしれませんが、それを言っても「もし」論になっちゃうのでしょうがないですし)
雷蔵さんとのエピソード、ありがとうございます^^
いい奴ですね!雷蔵さん。
雷蔵さんの時専の祭り、ほんと楽しみなのです^^

橋蔵さんのイベントとかあってもそれはたぶん100%「飛行機使え」な場所なので、
そうおいそれとは無理ですねぇ。
それにサラリーマンで仕事してますし(笑)
いつぞやかの年に東京で行われた橋蔵さんの生誕80周年の奥様の丹羽真理子様の講演+映画には行きましたけどね♪
・・・という熊猫屋は北の大地居住なので←ブログではしょっちゅう言ってます(笑)


私、香港映画好きからも繋がってるのですが、根っから娯楽もんが大好きなのです。
なので、真面目な松竹や大映よりも東映という(笑)
ビバ!東映時代劇っ!!
いいですよねぇ~タイトル前に波がざっぷ~んときて、東映ロゴがくると燃えます(爆)
たとえB級でつっこみどこ満載なことがあろうが、
「楽しくて何が悪い!?B級C級大いに結構♪」なくちなので、
特に芸術性にはこだわりません(にや♪)
最近の時代劇はさすがに基礎がダメすぎなんでグチこぼしますが、
基礎があったうえでなんぼくずそうが何とも思わないです。
だから東映時代劇大好き!
リアル原理主義とは対極にいるつもりでございます(笑)。

こんな阿呆な娯楽好きではございますが、
よろしかったらいつでもお遊びにいらして下さいませ^^
ありがとうございます♪
2011/09/11(Sun) 22:13 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/13(Tue) 02:10 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可