スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日も一言吐きつつ/田村正和版若さまとか、真田広之版新吾とか~♪
2011年08月01日 (月) | 編集 |
グーグル先生のブログ検索で今「フジテレビ」って入れて検索すると凄いことに( ̄□ ̄;)
いや、しかしほんとに笑えない。
電波は公共のものであって、テレビ局のものではないはず。
それをですね、ああも開き直られたらネットでの炎上は終息しないでしょ。
(何も高岡さんに端を発したものではなく、彼の発言は単に問題提起をしただけであって、
根底には何年にもわたる事象が積み重なった結果ですし。
よっぽど腹にすえかねてた人が沢山いたのだなぁ・・・・・)
毎日サブリミナル的に挿入していたら、いくら鈍感な人でも気づくでしょう。

私もいい加減頭に来てますので、たまりまくってます。
(今回の一過性のことではなく、積年のものですわ。マスコミ全体に対して。
早い人は2002年のサッカーW杯の時くらいから気づいているかと。)


ふかわりょうさんの発言は、かなり言葉を選びながら話しているけれども、
的確に言ってると思いました。
J-CASTのニュースに掲載されていた以下の文には共感↓

(抜粋) ふかわさんは「法律はない」とするも、「影響力がある公共の電波を用いて一企業の私腹を肥やすやり方を推進するのは違反なことだと思う」と指摘。さらに、ある局がお金をもらってK-POPのCMを流すのと、番組の中で流れるのは「決定的に違う」とし、

「CMだったら視聴者はCMとして受け止めるけど、番組で取り上げるのは世の中の現象がこうなっているかのように偽装している。そこにメディアの大事な境界線がある」「刷り込みとかって、僕らはまだ判断できるけど、小中学生はそれが全てになってしまうから」


元の文→J-CAST


ネットで情報をつかみに行ける人は嘘や虚構が分かるけれども、
そうじゃない人はそのまま受け取ってしまう危険性があるし、
今非難されているのは、まさにそこなんですよね。
報道でもそれやられてるから(あと、報道すべき重要なことを「報道しない」とか)
怒ってるのですよね。
公共の電波を「使わせてもらっている」(電波は既得権ではない)という責務があるはずなのに、
中立性がないどころか、特定の国やもののプロパガンダまで。
(酷いのだとセットで日本を辱める)
フィギュアの浅田真央選手に対しての件で気づいた方も多いと思います→動画
しかも、アメリカとか他の国は非難しても何にもないのに、こと韓国になると非難するのも許されないようなのって、完全におかしい。
ここ・・・・本当に日本なのだろうか。
問題をはっきりさせるためにも、うやむやにすべきではないと思います。

-----------------------------------------------------

さて、話変わりまして、
チラ見で田村正和さん版の「若さま侍捕物帳」第1話を見ました・・・・が、
「命ごま」って何???(´Д`;)
しかも「喜仙」で「船頭」なんかやってるし色々変だわ^^;
設定が逸脱してるわ、「若さま」っぽくないし(どっちかというと野性児(笑))、
地雷?地雷なの?と、戸惑いながら見ております。
(橋蔵さんの「若さま」を溺愛してるから許してっ!)
しかし、こんなアグレッシブな正和さんを見るのは初めてだわー。
そこが珍しいので見てしまいます。

真田さん版の「新吾十番勝負」ですが、
多門せんせーは千葉ちゃんだわ、
武田一真が若山富三郎さんだわ、
強そうだな、おい(笑)というとこは良いのですが、
真田さんだと御落胤ぽくないのが惜しい。
まだ冒頭しか見てないので何とも言えませんが、
庄三郎せんせーの影が薄いような・・・・
スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。