スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 映画「幽霊島の掟」(1961年・東映) その2
2011年06月19日 (日) | 編集 |
(感想等つづき)

1回で書ききれなかった感想記の続きです。

なんと、半蔵は冒頭近くに出てきた北大路さん演じる勇作(冒頭では御者をつとめてた)と共に、
周のアジトから幕府の役人を救出していたのでした。
( ̄□ ̄;)いきなり展開

どうやら勇作は島に以前からいる地元人らしー。

伊三吉と文次が、役人がさらわれた件について誰だ?と話していると、
鶴田浩二さん演じる海蛇の麻之助が入ってくる。
麻之助は伊三吉んとこの呂宋屋のお得意様らしい。

伊三吉が去った後、酒場に半蔵がやってくる(いつの間にもどってきたんですか?)。
そして、先にいた麻之助と飲みはじめる。
麻之助は、ここにいても用心棒として誘われるだけだから俺と商売しないか?と持ちかける。
あんまり乗り気っぽそうで無い半蔵。
呂宋屋(オヤジさんの方)がきたので、麻之助は商談をすることにして酒場を去る。
周にも呂宋屋にもつかない半蔵に、そのうちどっちからも敵と見られるんじゃないかと心配してくれる、
堺さん演じる定吉

(とりつぎ屋はいい奴です♪)

呂宋屋は麻之助に、もっと高く売れる書いてがついたんで無かったことにしてくれと言われる。
(半分力脅し、ひどい~)

一方、伊三吉は勇作の妹・初絵(桜町弘子さん)のことが好きらしー
素敵な首飾りを彼女にプレゼントするためにやってきて、初絵も喜ぶが、
勇作と初絵の家で血のついた布や薬などを見かける(役人がここに連れてこられたのに気づく)。
今は互いに敵対勢力だが、元は友人な伊三吉と勇作。
勇作は警戒するが、伊三吉は周らがすぐかぎつけるであろうことを分かっているため、
勇作らをとても心配していたのだ(めっちゃいい奴)。
自分が役人を安全なところへ運んでやるという伊三吉に、逆に伊三吉の身を心配する勇作。
「心配すんない、人のこたぁ。そんなことよりも俺は初絵さんに嫌われたくない気持ちの方が大きいんだ」by伊三吉
(^ω^*)とっても素直で可愛いぞ伊三吉

役人をかくまっている洞窟には半蔵もいた。
竜宮閣の自分の部屋なら探されまいとする伊三吉。
かくして役人は伊三吉の部屋へ。
(ここまで、何だか伊三吉が主役みたいに見える^^;)

一方、桃蘭は乙姫の小平太に手風琴を弾いてもらっていた。
本日の美空ひばりさん歌唱タイムっ・笑
桃蘭、窓から見ていた麻之助と目配せするわ、小平太にご祝儀渡すふりして何やら手紙。
このあたり何か繋がっているようです。


小平太が夜に小舟で行こうとした先は、海に浮かぶ商船。
そこでは周と呂宋屋が外国人とイケナイ商売の密談中
(「俺が法律だ!」とビックな態度の呂宋屋。ああ・・・・謎のインド人風の恰好の月形さんと、井上揚水な(まだ言うか・笑)な近衛十四郎さんにやっぱり腹筋がっw)

桃蘭の元には、美鶴(花園ひろみさん・ベトナム娘風の恰好です♪)より、小平太から約束の歌を届けにきたと、荷を渡される。
(どうやら桃蘭と小平太は何かを探っているらしい)

道楽息子の伊三吉が遊んで帰ってくると、息子に会いにきた呂宋屋が先に伊三吉の部屋に!
( ̄□ ̄;)そこにはあの役人が!!
青くなるも時遅し。役人はオヤジさんによって刺された(あ~)
半蔵を呼べと息子を脅す呂宋屋。
しかし、部屋には半蔵はいなかった。
酒場に半軟禁となる伊三吉。

桃蘭の部屋に入っていた麻之助、彼女とつながりありのよう。

勇作が呂宋屋に殺されると知った伊三吉は助けにいこうとするがオヤジの手下にはばまれる。
そこを銃で助太刀して行けと言ったのは麻之助。
(かっこい~♪)

逃げる勇作&初絵と、追う呂宋屋一家、更にをれを追う伊三吉。
途中、伊三吉は一家を止めて馬二頭で勇作らと駆ける。
(やっぱりこのあたりの主人公は伊三吉に見えてしょうがない・笑)

呂宋屋と周と、悪い侍たちによるイケナイ取引現場で、
小平太は見つかってしまうが、
そこへ銃で応戦したのは半蔵!!(やっときたー^^;)
更に、半蔵と小平太に助太刀したのは、何と周についてるはずの文次@千代之介さん!
(さぁ~ここから善玉と悪玉は誰だったかの謎解き劇場開始!・笑)
半蔵と文次が意気投合してるよ。

ここからの銃撃戦は、時代劇ではなくてヤクザ映画ですわ^^;
(橋蔵さんの二丁拳銃も見られますよ(・▽・)V)

更に、半蔵らと志を同じにするものが出現!
桃蘭と麻之助だ!
(どんだけ善玉多いのよ・わはは)


小悪魔っぽくてとってもキュートなひばりさんに、
鶴田さんに銃撃を受けて果ててしまう月形さん(涙・ああ・・・あっけない)、
橋蔵さんに千代之介さんと、みんな銃を持って撃つ姿が映るんだけど、
かっこえぇ(^Д^*)

いつの間に、銃撃戦から、橋蔵さんと鶴田さんの殺陣に突入。
どこまでファンサービスな映画なんだ(爆笑)


遅れてやってきた伊三吉、勇作&初絵。
父親が亡くなっていることを見つけてしまう伊三吉
そっと白いハンカチを父の顔にかけます (´;ω;`)ブワッ

文次はナイフ、伊三吉と勇作は素手で応戦とすでに肉弾戦も。

原健策さんは橋蔵さんに斬られますが、
いつもの分かり易い悪役風ではなくて、老執事風のいでたちなので後味が^^;

ラスボス対決は、橋蔵さんと近衛十四郎さんでした。
十四郎さんが短剣だわ、テーブルはさんでなんでこれも結構あっけなくて勿体ない
(橋蔵さんと近衛十四郎さんの対決の場合、ガチ対決風に毎度ならないところが残念でございまする)

麻太郎@鶴田さんは、なんと外国奉行の与力・貝原麻太郎であった(お前役人か!)
そして、桃蘭@ひばりさんは、麻太郎の妹。
更に半蔵までもが公儀隠密で大目付!!(ふたを開ければみんなで潜入捜査♪)
↑ここんとこは時代劇のセオリーを踏襲しております・笑


外国から日本を守るために立ち上がったのでした(・▽・)
みんな志は同じ♪


ここでみんなで大団円!かと思いきや、倒れこむ伊三吉
「いけねぇ、鉄砲玉が2個も3個も埋め込んでやがる」
かけよる初恵や勇作
ここで恋と友情の青春シーンに突入。
「おやじは天罰で死んじまったけど、許してやってください」
と伊三吉。了解する半蔵
ヤクザをやめて初絵と・・・のはずだったのに、息絶える伊三吉

最後の最後で美味しい所を伊三吉かっさらい!(^ω^;)

最後、船で帰る半蔵が見送られるシーンで終わるのですが、
いや・・・・この映画準オールスター映画ですよね
(一人が主役ではなくてみんなが主役)
しかも、実は半蔵より伊三吉が結構見せ場が多い。
(松方さん、この映画で光ってます)
かなりの異色作品ですが、時代劇とは思わずに、
ファンサービス映画と思えばとっても楽しいです(ふっふっふ)。
肝心の橋蔵さん出演作としては、昭和36年作品では美味しくない方かもしれません
(同年代作品「赤穂浪士」「月形半平太」「丹下左膳 濡れ燕一刀流」「新吾二十番勝負 第二部」「右門捕物帖 南蛮鮫」「富士に立つ若武者」「若様やくざ」「若さま侍捕物帳 黒い椿」「新吾二十番勝負」「江戸っ子肌」「赤い影法師」)
でも、それぞれの間をとりもつ役だったと思えばいいのではないでしょうか。
(殺陣の見せ場もあったしね!(・▽・)V)

個人的には、松方さんと千代之介さんと鶴田さん、そしてひばりさんあたりが美味しかったんじゃないかと思いました。
これ見た方は、どのキャラクターがお好きでしょうか?
それぞれに見方がありそうな映画です。
スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
国籍不詳作品?
そんな素敵作品だったとは・・何故今月東映スルーしちまったんだ★
熊猫屋さんのレビューを見ていると、橋蔵さんファンでも十分オイシそうな出来映えですぞ♪
でも、一番気になるのはインド人風の月形氏ですが(笑)

>外国から日本を守るために立ち上がったのでした(・▽・)
コレが良いではないですか!
今の時代にこそ、こういうのを作って欲しいものぢゃ。
スパコン首位奪取、万歳っ☆

7月の到来が近付くにつれ地デジ化の波を感じ、遂に液晶テレビ&DVDレコーダー買換えました。
注文しただけで到着は来月ですがね。
あんなにレグザレグザ言うてたのに、音質のマシさ加減で結局アクオスに。
DVDレコは相変わらずのディーガです♪
でも最新機種ぽいから、恐らく半日は取説との戦いになりそうですわい★

次は掃除機を買ってしまいそう(てか欲しい)!
サンヨー辺りでチラホラ探しておます。

愛機ダイナにボチボチ冷却ボードを取り付けねば。
↑USB冷え冷えクーラー購入済み
今日は帰ってくるなり汗だくですよ・・まだ30℃到達前ぢゃというのに★
節電なんて毎年それなりにやっとるんで、今年特別節制する気はありませんがね。
てか、普通にエアコン使わんと熱中症で死んでしまうわい!

そんな夏には東映怪談特集、今年は無いのかしら♪
2011/06/21(Tue) 19:33 | URL  | ふぢを #-[ 編集]
あと2回リピートあるようなんで、見てみますかい?(ニヤ)
月形さんは、インド映画の富豪風なのでそんなに驚くレベルではないのですが、
どっちかというと近衛十四郎さんの方が・・・・・(井上陽水連呼してすまん・笑)
衣装はめちゃくちゃというか、今の日本ぢゃ絶対作ることができない映画(ある種理性が働いて&外国文化も簡単に知ることができる時代なので)という意味で、めちゃ楽しいですよ(・▽・)
別に東映スターファンでなくても、わははと笑って楽しめるんじゃないかしら?
B級映画好きなら♪
島の名前、竜神島とか何とか言ってたような気がするのだけど、
月形さんの役名が呂宋屋(るそんや)なので、
かつて日本人も渡ったルソン島@フィリピンもちょっと意識の底にあるのかも?

>>外国から日本を守るために立ち上がったのでした(・▽・)
>コレが良いではないですか!
最後の最後のつけたしですけどね(笑)。
そういや今Lady Gagaが来日してるけど、彼女の日本への無償の愛には、
ファンではない私でも、清々しさを感じたものでございます←奇抜だけど話す言葉は結構まともだし
(彼女のピアノの弾き語りはうまいにゃぁ~と聴き惚れたですが)
毎日毎日、次から次へと新しいのが出稼ぎに来て、
もはや文化侵略レベルまできてる、打算満載の韓タレに腹立たしさと苛立ちを感じていただけに、
(特にお昼のテレビ番組の韓ドラとその他情報番組などでの韓国マンセー率は異常。)
余計に染入る熊猫屋でございます
(別にGagaだけじゃなく、普通の外タレさんはよその国に土足でズガズガ上がり込まないものですが。
仮に日本じゃない国で、よその国のタレントなどがバンバン放送されて、しかも不都合なことや実態は取り上げず、持ち上げてばっかりな状態があったとして異常と思わない方がおかしい。
一方で、そのズガズガ上がり込んでいる国に対して恩を仇で返すことを現在進行形でしているのに)

お♪テレビとレコーダーを新調されましたか♪
家電量販店で見ると分かり易いですよね。
レグザは結構クッキリ映ってたような。
ふぢをさんは音重視ですか?(・▽・)
来月アナログ終了なので、テレビの放送での地デジカのうざさは異常(笑・特にNHK)
もうすぐアナログマ滅亡なのかー。
色々文句もあったけど、確かに地デジは綺麗だしこれにするとアナログに戻れない^^;
(でも、ハイビジョンまですると時代劇ではくっきりしすぎな気もするです)

今年も暑くなりそうですね。
すみません・・・・28度の日に初エアコン稼働してしまいました^^;
(設定温度は29度ですが)
ベッドに敷く冷感マットをネットでポチしたはいいけど、
届くのが7月中旬(・・・・・やっちまったぜ)
湿気にともなう臭いを取り除くために、プラズマクラスターの空気清浄機(安いのでいい)が欲しいにゃと真剣に考え中の熊猫屋です(一番の原因はハウスダストに弱いせいなんだけど)。
ほんと、暑さをどうやって和らげようか考えちゃいますわ。
私も普段はテレビは消していることが多いし(テレビって結構消費するけど、テレビ局は節電はうたってもテレビを消すことは絶対言わない・笑)
使わない家電は冷蔵庫以外は電源抜いてるんで、特別なことはしないつもり。
あんまりがまんしすぎないで、エアコンとか扇風機利用をした方がいいですよね。
(設定温度で加減するとか)。

それにしても、こうも暑くなると麺が美味しい♪
既に蕎麦・そーめん・ひやむぎ・うどんと堪能しているので、そろそろ冷やし中華かしら^^
逆に普段から「パンは無くても生きていける」とほざいているくらいなので、
パンの消費量は夏激減の熊猫屋です。
(米>>麺>>>>>>>>>>>パンの優先順位^^;)
でも、暑い時のインドカレーとそれに付属のナンは美味しいのよね。

2011/06/23(Thu) 22:56 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。