スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 映画「柳生武芸帳 夜ざくら秘剣」(1961年・第二東映)
2011年05月15日 (日) | 編集 |
東映チャンネルにて、どうやらひと月1作放送中の、
近衛十四郎さん主演「柳生武芸帳」シリーズの第二作です(・▽・)
おおっ、「素浪人 月影兵庫」の前に既に品川さんと共演済みでしたか!
------------------------------------------------------
(あらすじ)※東映chより
武芸帳を巡って敢然と立ち向かう柳生十兵衛の活躍を描いた人気時代劇シリーズ第2弾。
柳生武芸帳・浮舟の巻が疋田陰流・霞の多三郎に奪い去られた。
柳生家失脚を図る土井大老が仕掛けたのだ。さらに土井大老は将軍家光に働きかけ、即刻武芸帳を将軍に差し出すように迫る。
柳生宗矩は十兵衛が武芸帳を持ったまま出奔したことにしたが、偽十兵衛が江戸に現れ騒ぎを起こしていた。
十兵衛は偽十兵衛を倒し、土井大老の野望を打ち砕くことができるだろうか?
原作は五味康祐。

(キャスト)
近衛十四郎 (柳生十兵衛)
花園ひろみ (清姫)
北龍二 (柳生但馬守)
和崎隆太郎 (柳生又十郎)
永井三津子 (於き)
山城新伍 (将軍家光)
徳大寺伸 (松平伊豆守)
堺駿二 (大久保彦左衛門)
立原博 (いなごの鳩助)
大城泰 (弥吉)
阿部九洲男 (土井大炊守)
小林重四郎 (河瀬主膳)
南修 (弓削三太夫)
尾上鯉之助 (霞の千四郎)
品川隆二 (霞の多三郎)
藤田佳子 (しぐれのお銀)
立松晃 (秋葉信助)
小田部通麿 (原田菊二郎)
大邦一公 (権造)
渡辺篤 (坂和田嘉六)
国一太郎 (相川新二郎)
大丸巌 (半平)
五条恵子 (お久美)
富士美子 (お菊)
弥生弘子 (お鈴)
末広恵二郎 (柳生源太夫)
原京市 (笠間又兵衛)
赤木春恵 (藤の尾)
里見浩太朗 (永井信濃守) ほか

------------------------------------------------
(感想等)
監督の井沢雅彦氏って、短い間に映画監督さんをやってたんですね。
(主に第二東映やニュー東映などなど)
あまり本数が多くない。
どっちかというと、テレビ時代劇に携わった本数が圧倒的に多い。
(「素浪人 花山大吉」「素浪人天下太平」「銭形平次」(橋蔵さん版の200話台の一部など)「絵島生島」(有馬稲子さん主演)、「運命峠」「編笠十兵衛」「十手無用-九丁堀事件帳-」の一部や、「暴れん坊将軍第一シリーズ」「桃太郎侍」などなど、時専あたりで放送しているおなじみ作品沢山!)

堺俊二さんが大久保彦左衛門を演じておりますが、
これはコメディーリリーフ。
「天下の一大事でございますっっ!」(`・ω・´)キリッ
っとかけまわってますが、いつも的外れ気味なところがかわゆい(笑)

その大久保彦左衛門や、里見さん演じる永井信濃守は十兵衛ら柳生の味方ですが、
信濃守は反対にユーモアセンスあり、機転もきく御仁。

武芸帳が盗まれたことを将軍・家光(山城さん)に知られるわけにもいかぬ宗矩は、
息子・十兵衛が乱心して持ち出した、つきましては5日のうちに持ってきますと、
信濃守の機転もあってそこは切り抜ける(^^;)苦しー

今回の大悪党は阿部九州男さん演じる土井大炊守。
最近、九州男さんがラスボスな作品が続くぜ^^
その土井に集うは疋田陰流。
武芸帳を盗んだのは多三郎。
品川さんは、近衛十四郎さんの敵方なんですよ。
まだこの頃は完全に二枚目路線だった(と思う)ので、
キリッとしててかっこええ。
おふざけとかも一切なし。
多三郎が一番強い位置ではないです。
手裏剣をたまに十兵衛に投げるのですが、うまくタイミングがつきません。
弓削三太夫(顔がコワイ・笑)がことあるごとに剣で十兵衛を倒すことを画策します。
しかも、弓削三太夫は偽十兵衛をかたって辻斬りまでして十兵衛に罪を被せようとする卑怯なことまで。


十兵衛が好きな信濃守の妹・清姫(花園さん)が、
十兵衛様のために何かしなければ!としゃしゃり出たりしますが、
ま・・・・お邪魔になってます^^;

ちょww変装して十兵衛が土井の元に潜入。
疋田陰流の流れをくむ者だー!と取り入ります。
(十兵衛は眼帯はしてないんだけど、この変装では眼帯をして顔に傷持ち)
この者を斬ってみよと、目の前に出てきたのは身うちの柳生又十郎ら。
紐だけを斬ってみよと言われて切り、土井の正体見たりと十兵衛として名乗りをあげますが、
あー敵が上手、清姫までが人質にとられてたわ。
(やはしこういう場合、力の無い姫は足手まとい位置になりがちなんだよね^^;)
もう一巻の水月の巻もよこせと脅迫を受ける十兵衛。

信濃守を通じて将軍に武芸帳のいわれを告げる十兵衛。
柳生が徳川の隠密であることが武芸帳によってバレちゃうかもということと、
ただ武芸帳がなくなると柳生としては奥義書がなくなって困るということで、
ひたすら秘中の書としてきたことを告げ、
ここで将軍と十兵衛が通じるわけですね。

将軍・家光は信濃守に命じて、土井の屋敷で宴をもうけます。
稀代の剣客がいるそうだなと土井に罠をかける将軍。
そこで弓削三太夫を前に出す土井。
十兵衛が、武芸帳を持ってやってきましたぜ
(たぶん持ってるのはこの時点ではなんちゃってか?)
将軍は、弓削三太夫と十兵衛を戦わせ、
勝ったら弓削三太夫に指南役をと言う(十兵衛を信頼してんだなー家光。そうじゃなきゃ言えないだろ)

弓削三太夫と十兵衛の対決が始まりますが、
はぁ・・・近衛十四郎さんって剣をかまえた時の背筋がきれいだ^^
それだけにかっちょよさ倍増。
しかし何だ、せっかく十四郎さんの見せ場っつーのに、あれはワイヤー仕込みかえ?
ふわっと飛ぶように高く十兵衛が飛びあがるのは無いわな^^;
二刀流がめっさかっこええ!!!惚れるっ!!って感じなのにあれは余計だ(笑)
弓削三太夫が倒された後は、その場の全員で大乱闘に突入ですが、
多三郎こと品川さんは何度も遠くから手裏剣を十兵衛に投げようとしますが、
十兵衛の剣に圧倒されて投げることができません。

将軍様まで込みで総出での大乱闘ですが、
ここは十兵衛による十兵衛のための見せ場ですから(爆)
はぅ~ここは愛でましょう(´▽`*)

それにしても、第二東映時代の山城さんはとことん二枚目路線で、
品行方正な好青年な風情満タン!なんですけど、
私は基本後年のエロおやじ風なのしか知らなかったから今でも違和感感じるんだよねぇ
(笑・白馬童子の映画見た時ゃビックリしましたぜ)

多三郎は、柳生の剣にはかなわないと知りますが、
倒すことはできずとも、武芸帳を盗むことに心血を注ぐことを決心して去ります。

近衛十四郎さんと品川隆二さんが初めて一緒になった映画ってどれなんでしょうね?
この映画じゃないようなんですよね。
前年の右太衛門御大主演の「天保六花撰 地獄の花道」ですかねぇ?


スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
時代劇同好会(名前検討中
この作品を知らない世代の僕です レンタルDVDにあるかなぁ?
映画同好会(名前検討中
2011/06/19(Sun) 20:08 | URL  | 村石太A&赤影 #lR9ncRDQ[ 編集]
村石太A&赤影 さま
はじめまして、こんな僻地までありがとございます。
レンタル屋は難しいかもしれませんね。
DVD自体が存在しないみたいですし。
中古のVHSは、ネットで探したらあるかもしれません。
お手軽み見るだけなら、有料ですが東映のオンデマンドを利用する方法もあります↓
http://www.movie-circus.jp/contents/00009062.html
2011/06/19(Sun) 20:25 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。