映画「旗本やくざ」(1966年・東映)
2011年02月12日 (土) | 編集 |
(あらすじ)
時は元禄。徳川幕府の老中・酒井丹波守は、逼迫する財政を立て直そうと米価の値上げを目論むが、江戸の市井が騒ぎ出したことでその取締りを直参旗本・赤柄組に命じる。
ところが赤柄組は賄賂を取るなどの非道を重ね、さらに市井の非難の声が上がる。これに頭を痛めた丹波守は、旗本の食いぶちをも減らすため、町人たちに人気のある町奴と旗本を喧嘩させ、それを口実に旗本の取り潰しを狙うが…。

(キャスト)
大川橋蔵 (丁の目の三次)
千秋実 (明神の三佐衛門)
青島幸男 (たらしの頓兵衛)
近藤洋介 (お囃子の長助)
遠藤辰雄 (雷の四郎五郎)
大木実 (坂崎十兵衛)
中村時之介 (常盤座の座頭)
天王寺虎之助 (質屋の主人)
蓑和田良太 (与兵衛)
三島雅夫 (酒井丹波守)
金子信雄 (駿河屋)
内田朝雄 (松坂屋)
片岡栄二郎 (伊勢岸)
富司純子 (美津)
春川ますみ (江戸紫)
岸本教子 (橘太夫)
森美千代 (朝霧太夫)
東龍子 (朝霧楼の女将)
----------------------------------------------------------------
(感想等)
橋蔵さんが出演した最後の映画は「銭形平次」(1967年)ですが、
その1本前の映画です。
(66年って結局映画1本だったのね゜。゜(ノД`)゜。゜)

題名と、映画がつくられた年からして暗い映画かと思ってましたが、
完全に勘違いで、
これが正反対のコミカル路線の映画でした(・▽・)
完全に娯楽に徹し切った喜劇な時代劇で、楽しい!!

冒頭から音楽がジャズが流れ、キャスト・スタッフロールの絵柄も何かモダンです。
これから本当に時代劇かと思うくらい。

芝居小屋で幡随院長兵衛が旗本を撃退する芝居に、旗本の赤柄組が難癖つけますが、
たらしの頓兵衛(青島さんがやってるんで、コミカルな人物)が花道(!)から出てきて仲裁しようとし、
「この場はこの頓兵衛の顔をたてて一切のおあずけを」と言いますが、
赤柄組に「あずける必要は無い」と切り返されます(笑)

そこへ花道の奈落から「お待ちなせぇ!」と丁の目の三次が出てきてきます。
ここんところの名乗りが芝居小屋に合わせて芝居がかっていて面白い。
思いっきり橋蔵さんは二枚目半路線!(いや三の線に限りなく近い(笑))
舞台上での喧嘩の中で、小袖をかぶった女人が
「あ、もし廓で喧嘩は野暮でござんす」と制したと思ったら、
小袖をとったら三次(橋蔵さん)だったり(わはは)。
この芝居小屋喧嘩場面楽しいっすよー遠藤さんの登場も♪

で、三次は頓兵衛のいる町奴の明神組に入ります。
頓兵衛らにやくざの基本を教わりますが、
賭け事も頓兵衛より上をいき、頓兵衛は見栄もあって母親の形見を質に出します^^;

その質屋で主と交渉していた三次の元に、香炉を質に入れにきた武家娘の美津がきます
(藤純子さんの可憐さといったら!美しく可愛いっっっ!)
口八丁手八丁で質屋の主を騙して、美津のために高く香炉を質に入れた三次。
でも、お茶のお誘いは失敗(笑)。
双方、ちょっとこの頃から魅かれてたでしょうか?

米問屋の松坂屋が公の値段より米を安く売っていて、
それに対して赤柄組は他の商人と結託して暴利をむさぼっているという噂に赤柄組激怒。
松坂屋にどなりこみに行きますが、
松坂屋は手前は公の値段で売っている。
その公の値段で松坂屋から買って安く町の人々に分けている人がいる。
(遠藤さん演じる雷の四郎五郎を指して)この人も松坂屋の人間ではなく、手前は場所を貸しているだけという。
その言葉にぐうの音も出ずに引き上げる赤柄組。

何と、このアイデアは三次が提案したもので、
作戦成功に宴会が(笑)。
(それにしても三次、最初の芝居小屋の場面では芝居のうまさに二年程役者をしていたことがあるといい、
質屋の場面では二年程質屋にいたことがあるといい、明神組でのどじょう鍋のとこでは駒形でどじょうを二年さばいていたといい、堺の米問屋で二年程働いたことがと・・・・・(爆)。
↑がほんとか嘘かはともかく、万事にそつがない三次。でも明るくてれんことしています^^;)


あ~あ、宴会していた廓で、赤柄組と太夫をめぐって喧嘩、祭りを巡っても喧嘩、
そのたんびに明神組が切り返します。

祭りで美津と再会、まつりで甘いひととき(青春風味)を過ごすが、
頓兵衛が大変だ!と呼びに来る。
まつりで三次ら若い衆が赤柄組を怒らせたことで、
三佐衛門と松坂屋が手打ちになりそうになるが、
美津が「兄上!刀をお引き下さい」と現れる。
赤柄組の坂崎の妹だったのだ。

実は三次は旗本の三男坊で、丹波守の密命を受けて横暴を重ねる赤柄組をつぶすのが目的だったのだが(ま、言わずとも分かるわな(笑))、
丹波守の狙いは、明神一家もろとも潰すことだったのだ。
驚く三次。

美津が、坂崎(美津の兄)が三次を斬りにくると伝えにくる。
そこへ、覆面の人物が。
三次と共に丹波守の密命を受けていた人物。
美津を斬れという。
板挟みになった三次だが、覆面の人物を斬る三次。
「裏切ったな!」と覆面の人物は去る。

赤柄組とつるんでいた駿河屋が、三次に呼び出されて美津も斬られたと嘘を言う
(ここで覆面人物の正体がっ( ̄□ ̄;)おまいかいっ!。三次も覆面も隠密だったのですね)


赤柄組は明神一家に果し状を出し、明神一家も三次の帰りが遅いので心配し、
かくて両者は明神境内に集まる。
坂崎に斬られそうになった三次は、ことと次第を話す。
老中・丹波守が赤柄組も明神一家も潰そうとしていたことを。
境内には捕方がせまっていた。

かくして、赤柄組・明神一家VS捕方の
次々と斬られ倒れる明神一家や赤柄組の者たち。

敵「だった」坂崎を連れて逃げた三次。
瀕死の坂崎から、己も利用されていたことを知る三次。
「あいつ(美津)には何もしてやれなかった」と一言つぶやいて息をひきとった坂崎。
兄にとりすがる美津。
坂崎の刀をとってもの思う三次に銃口が!
撃たれて川に落ちる三次
( ̄□ ̄;)うわっ!


遊郭の席で、赤柄組や明神一家、三次を始末したことを丹波守は駿河屋から聞いてにんまりする。
が、ひょっとこ面の踊り手に不信を感じて丹波守が面をとらせると・・・・・・!!

三次っ!!!
キタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!


三次に銃口を向ける丹波守だが、江戸紫が物を投げて銃がふっとび、
それに乗じて次々と倒す三次
「俺はこう見えても二年程浅草の夜店で居合の見せものをやってたことがあるんだ」
(また「二年程」(笑)。旗本なのにそれはないよね(・▽・))
命乞いをする丹波守に三次は
これから以後はあこぎな政(まつりごと)はしないこと、
明神一家を解放することを約束させて去るのだった。

ボロボロになった明神一家の建物の中で頓兵衛や長助・四郎五郎が荷をまとめていると、
口笛の音がして、三人は見まわすが三次はいない。
どうしているのかな・・・と寂しい顔の三人。

三次は美津を馬にのせて二人で旅に出たのであった。
-----------------------------------------------------
ラスボスは三島さんでしたか~(・▽・)
一番の悪党を殺さないで終わらすっていうのもあまりないパターンですね。

この映画、全編にとってもおしゃれなジャスがBGMに使われておりまして、
場面によって軽快で楽しいのから、色っぽい音、哀愁漂う音までなかなか粋な使われ方でして、
これが時代劇にかなり合っていたりします。
(ここまでジャズを全編に使ってるのもなかなかないかなーと思いまして)

丹波守を倒して去る場面なんて、江戸紫が行かないで風な風情を漂わせながらも三次が去る中でジャズの音がくぅ~!かっこええっ!
それに、口笛シーンなんて
「どこの西洋劇ですか!?」というような青春風味(笑)

橋蔵さんの「映画」スター最後に近い作品で、こんな楽しい作品があろうとは!
正直、題名からするとありがちなとってつけたような暗いストーリーかと思えば全く異なり、
かなりコミカルな部分もあって、橋蔵さんの二枚目半の魅力が生かされてましたね^^

久しぶりに橋蔵さんの<ひょっとこ踊り>も見られましたし(笑・平次でありましたよね^^)
わーい♪この映画美味しいわぁ♪

江戸紫の春川ますみさん、丸っぽちゃっとしたところが美人ではないけれども可愛くて、
性格も良くて三次に機転きかせたりいい子なのに、
江戸紫も幸せにして欲しかったぜっ!

四郎五郎の遠藤さんは悪役ではなくて、あまり目立たないけれども明神一家の一因として、
なんかホッとする存在でした^^
(コメディリリーフ度では青島さんの方が多い)

藤純子さん(現・富司純子さん)の清純っぷりがまぶしー。
これが直後「緋牡丹お竜」なんだもんな。

橋蔵さんは、殺陣だなんだよりもこの作品については二枚目半のコミカルな演技を是非堪能していただきたいですね。
(元歌舞伎役者の橋蔵さんならではの芝居小屋シーンやひょっとこ踊りもみどころですが^^)
ほんとに喜劇的な演技が似合うしうまいんだ。
映画スター時代も、もっとあればよかったのにね。
橋蔵さんの若い頃は陽性キャラが何よりも似合っていたし、
深刻的な役よりも生き生きしてる(笑)。
橋蔵さん映画スター最後尾時代としては、私的にかなり当たり作品ですっ(・▽・)V
スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可