スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 コメント返礼など。
2011年01月16日 (日) | 編集 |
「今期の大河について」の記事に拍手欄からコメント下さいましたM様。
とっても御無沙汰しております。そしてご訪問、ありがとございます^^

おっしゃる通り、「着物着てれば時代劇」では無いですよね。
NHKなり、時代劇を現代調にしてしまうとこはそれこそが「本末転倒」だということを知って欲しいなと思っております。
それやってしまうと、既に「時代劇である意味が無い」ことですから。
私が生まれる前の大河は、当時の状況から欠損しているものが多いそうですが、
時専でよく過去作の一部を放送してたりしますので、そこで少し観たりとかも。
第1作の「花の生涯」、主演が二世尾上松緑丈だったのですね!(昔の映画等で拝見して気になる役者さん)
完全版で観てみたかったです。

--------------------------------------------------------------

今日はこれからNHKなんですけども、中村富十郎丈の追悼番組がありますね。
昨年9月の新橋演舞場での秀山祭、都合で昼の部しか観ることができなかったので、
夜の部にご出演の富十郎丈を拝見できませんでした。
せめて映像で拝見できるのは嬉しいですけれども、
亡くなられたのが突然なので残念です(年齢的には往生されたと思うのですが、まだ御子息も幼いですし)。

最近は芝翫丈や勘三郎丈に、愛之助丈まで体調を崩されて休演が相次いでますが、
もうちょっと余裕のある日程とか必要なんでしょうかね?
1か月終わったらまたすぐの役者さんもザラな中、歌舞伎って結構過酷だなぁ・・・・
他の商業演劇だともう少し余裕あるよね?
と、お仕事ながらも心配してしまいます(歌舞伎ではそれが普通だとしても)。
--------------------------------------------------------------
今日は夜に地上波で映画「レッドクリフ」が二週にわたって放送されますけども、
私的には全くツボにはまらなかった作品^^;
part1なんて特にダラダラとやっていて、part2とまとめて2時間くらいにした方がスッキリするんでないの?というくらいメリハリが無かったんですよね。
(あと、三国志に無駄なラブはいらねぇ(笑))
キャストも、俳優自体は好きな俳優も色々いるが「三国志」の登場人物からイメージされるとのはまってなかったりして、かなり消化不良でした。

三国志といえば驚いたのが、先週からBSフジでドラマ「三国」(原題)が放送されていることでしょうか。
月曜日のBSフジといえば19時台に「鬼平犯科帳」第4シリーズが放送されてますが、
その前の18時台でやってるんですよ。
熊猫屋はこれが現地で始まった当初、現地のネット上に公式サイトがあって観てました(笑)。
「レッドクリフ」よりはキャストがはまってると思うんだけど、
何せ90集まであるすんごい長いドラマ。
それをなんと一部だけ、18話放送というのがまた中途半端すぎる^^;
(どの辺を放送するのだろう?)
どうやら物語をかなり端折っているようで、
そんな中途半端放送してどうするんだ?とも思ったり。
現地でも放送当時、中国国内の各テレビ局の放送権料が結構高かったらしいとは現地記事等で読みましたが、
フジはどんだけ払ってるのだろうか^^;
しかし、よもやこれが放送されるとは思わなかった。
(やるとしても、かつて中央電視台が作った三国志を放送したNHKくらいで、ましてやあんな長編を放送するのは暴挙だと思ってたんで←放送権料の意味でも)
無節操に浸食している韓ドラよりは骨がある内容だと思うけれども、
個人的には、あのー日本の昔のドラマの再放送の方が嬉しいんだが
(現代劇でもいい。今東映chで「スケバン刑事」@初代を放送していて、懐かしくもツッコミどこ満載で楽しく観てます・笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。