スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 映画「任侠中仙道」(1960年・東映)
2011年01月01日 (土) | 編集 |
東映chで「任侠○○」のオールスターものが一気に12月に放送されていたので録画。
デアゴでも出ますよねー。
私は改めての鑑賞。
オールスターものは
「物語は二の次!スターを愛でるべし!」なので、
流れに逆らわずに、あのシーンにあのスターと、
ニヤニヤしながら見ませう(笑)
(でも、あんだけスターが出ているのに、それなりにちゃんとまとまっているんですよね。
毎度ながらそこはスゴイ)

----------------------------------------------------------
(あらすじ)※東映chより
清水一家と国定一家が、飢饉にあえぐ上州の民衆を救うべく、悪代官一派を相手に血煙り上げる。
清水次郎長を片岡千恵蔵、国定忠治を市川右太衛門が演じているほか、月形龍之介、大河内傳次郎、大友柳太朗など、オールスターがずらり並んだ娯楽超大作。
謀叛の嫌疑をかけられたため、一時信州へ向かう次郎長一家。そして同じころ上州の国定忠治の一家も、凶作にあえぐ農民を救うため、米の買い付けをしようと信州入りを果たしていた。

(キャスト)
片岡千恵蔵 (清水次郎長)
中村錦之助 (小川の勝五郎)
大川橋蔵 (武井の浅二郎)
東千代之介 (三ツ木の文蔵)
里見浩太朗 (小政)
若山富三郎 (大政)
伏見扇太郎 (八寸の才市)
中村嘉葎雄(六之助)
丘さとみ (おきん)
大川恵子 (おたき)
雪代敬子 (おかく)
喜多川千鶴 (おとよ)
千原しのぶ (お六)
花柳小菊 (お町)
原健策 (三馬の政右衛門)
尾上鯉之助 (松井田の喜三)
阿部九洲男 (増川の仙右衛門)
片岡栄二郎 (佐吉)
清川荘司 (角太郎)
徳大寺伸 (守屋の幸吉)
明石潮 (宇右衛門)
松浦築枝 (お栄)
吉田江利子 (お春)
遠山恭二 (倉三)
尾形伸之介 (三太)
南方英二 (梅吉)
尾上華丈 (豊太郎)
小田部通麿 (伝次)
長島隆一 (仁兵衛)
仁礼功太郎 (平田周馬)
団徳麿 (六郎次)
月形哲之介 (馬定)
中村時之介 (瀬木一平)
大丸巌 (金次)
時田一男 (忠吉)
有馬宏治 (八郎兵衛)
星十郎 (藤吉)
小柴幹治 (岩村の七助)
伊東亮英 (早川の小兵衛)
香川良介 (雲風の多右衛門)
沢村宗之助 (清八)
吉田義夫 (番作)
戸上城太郎 (羽倉外記)
加賀邦男 (法印の大五郎)
大河内傳次郎 (加部安左衛門)
薄田研二 (和田島の多左衛門)
黒川弥太郎 (紬の文吉)
山形勲 (松井軍太夫)
進藤英太郎 (田中屋長次郎)
月形龍之介 (島の伊三郎)
大友柳太朗 (小幡の初五郎)
市川右太衛門 (国定忠治)
----------------------------------------------------------
(感想など)
この作品、簡単な人物相関から書いた方がいいかな?
(大まかに登場順番)
善玉には赤悪役は青中立や主軸に関係ない人はオレンジ女性はピンクで。

三馬の政右衛門(原さん)あちこちにいい顔して、今回の元凶の一端。小物(笑)
 |
 ↓
お六(千原さん)政右衛門のいい人だけど、あとで勝五郎によって次郎長に突き出され、政右衛門を裏切る。



紬の文吉(黒川さん)←この人も一家の親分かな。
 |
和田島の多左衛門(薄田さん)←同上。最初は文吉と多左衛門の喧嘩の原因は政右衛門・・・orz



清水次郎長を筆頭筆頭とする次郎長一家
<政右衛門の野郎のせいで一揆を企てたという嫌疑の濡れ衣をかけられる次郎長の目的はそれを晴らすことに・・・orz>
次郎長(千恵蔵御大)---子分=大政(若山さん)、小政(里見さん)ら総勢6人


小川の勝五郎(錦之助さん)次郎長が世話になる人その1
しかし博打が大好きで、次郎長からいただいたお金の博打に投じてしまい、更に次郎長一家の者の着物も借金のカタにしてしまう人物。
根はいい奴なんだが、博打で身を滅ぼすタイプ。
妻がそのために身を売ってお金をつくろうとする所に、次郎長が駆けつけて助けたうえに、お金を渡す。
結果的には次郎長が世話になるというより、世話してもらった人か?(笑)
 |
 ↓
おたき(大川恵子さん)勝五郎の妻。なかなかできた女房。勝五郎と離縁したことにして身売りしようとする。
身売りしようとした先は扇屋で、主人は清八(沢村さん)


国定忠治を筆頭する一家
国定忠治(右太衛門御大)---子分=武井の浅二郎(橋蔵さん)・三ツ木の文蔵(千代之介さん)など
 |                    |
 ↓                    ↓
お町(花柳小菊さん)忠治の女房   おきん(丘さとみさん)浅次郎のいい人だが、飢饉のせいで売られそうに。おきんの父が八郎兵衛(有馬さん)、おきんを身売り先に連れてく男が番作(吉田義夫さん)


島伊三郎を筆頭とする一家界隈を牛耳ろうとしてるのに、忠治が邪魔でしょうがない。上州で十手をあずかっている。
島伊三郎(月形さん)---子分角太郎(清川さん)など


松井軍太夫(山形勲さん)→悪代官。伊三郎らと組んで悪だくみ。忠治が邪魔

田中屋長次郎(進藤さん)立場上は伊三郎と同じで、ヒール(笑)。
同じくちとしては雲風の多右衛門(香川さん)なども一緒かな。

加部安左衛門(傳次郎さん)←忠治が世話になる人。百姓を助けるために立ちあがろうとする忠治に味方する商人。


小幡の初五郎(大友さん)→次郎長に味方してくれる人その2。子分は六之助(中村嘉葎雄さん)、妻はおかく(雪代敬子さん)
初五郎は、伊三郎や長次郎らと一人同調しないことで、伊三郎らはおもしろくない。
それにかこつけて、忠治一家だと名乗る者ども(実は伊三郎らの一派がウソついて名乗ってる)に殺され、忠治一家を次郎長が敵に思う構図を作り出す。




まだ、こまごまとありますが、私も把握しきれなかったんで(笑)割愛。
善玉と悪玉がキレイに分かれている勧善懲悪が、オールスターの楽しいところ♪
実に分かりやすすぎで、
特に悪役御一同様の徹底した悪役っぷりにはニヤニヤしてしまいます。
今回も、月形さんを中心として悪役一同が悪だくみの会合(爆)をしたり、
山形勲さんがふんぞりかえってたり、
進藤さんとか「大物悪役」がドーンといる一方で、
原さんの小悪党のせこい動きもあったりと(しかし、出番多いで目立ってる)、悪役バリエーションもいっぱい楽しめます(笑)。
善玉だけがオールスターの醍醐味じゃないですよね。

そしてオールスターの悪役は、善玉に最後は斬られてしまいますが、
剣の扱いでは結構素晴らしい月形さんであろうとも、千恵蔵御大の前ではあっさりやられてしまうのです。
しかも斬られた際にはキメの顔つきもあります(笑)

そのラストには、千恵蔵御大と右太衛門御大の「善玉二大巨頭」が手を結んで、
スカッ!と悪役どもを手下(他の若手スターなど)と共に斬りまくってハッピーエンド(笑)。
今回も、忠治が上州の百姓の危機を救うために、(悪役の)賭場で盗みをして(悪人からなんでオッケー♪)、
それで得たお金をお米にして運ぶ途中で、悪代官やその一派に止められて万事休す!のところを、
忠治を「男の中の男」と見た次郎長が助太刀をするんですね。
悪玉を倒した後には、忠治は目に涙をうかべながら次郎長の意気に感激。
次郎長も忠治の志におめえのことは忘れないと心にとめます。

くぅー!そこがスカッ!とするんですね^^
この作品は、どちらかというと両御大と悪役御一同が目立ってまして
若手スター陣はいつもより活躍度は少ないですかね?
しかし、それでもいい。
悪役陣がめっさ楽しめたし、両御大がかっこいい!
悪役陣は月形さんが、刀でどうこうよりも、悪だくみっぷりが
「お主、ワルよのぅ~」な気質充分すぎでしたし(笑)
右太衛門御大の、どこかゆったりとした懐の大きさといい、
千恵蔵御大のメリハリのある男気あふれる様といい、
最後はあんなに沢山スター総出演!なのに、美しく話がおさまるのがまた様式美あふれます(あはははは)

オールスター映画は、俳優さんを一人・また一人と知る人が増えるたびに面白い作品群です。

そうそ、大友さんの死に様っぷりも壮絶で印象に残りました。
善玉で数少ない落命者なのだけど、それだけにインパクトが強かった。
先日の「十兵衛暗殺剣」といい、大友さん、すごいっすよ(笑)。




スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。