映画「最後の忠臣蔵」(2010年)
2010年12月29日 (水) | 編集 |
「我ら一党が処断され死に絶えた後も、生きて・・・・生きて生き抜くのだ」

・・・・時専の宣伝のせいですっかり仁左衛門様(大石内蔵助役)のこの台詞がガッツリ脳に刻まれてしまった熊猫屋です、こんばんは。
(時専、宣伝やりすぎですよー(笑))
しかし、↑の台詞って、てっきり孫左に向けた台詞かと思えば、寺坂吉右衛門(佐藤浩市さん)への台詞だったんですね。
孫左も吉右衛門も、内蔵助からの密命を負ったことは同じですが・・・・。


感想の前に、時代劇ファンの皆さまにご報告。
吉良を演じた福本清三さん、確認してきましたー(・▽・)v
ほんっとにちょい出で、あっちゅーまにニザ様内蔵助にバッサリでしたが、
「福本さんが吉良役を・・・・!!」と、
何故かじ~んとしながら観る熊猫屋。
あーなんか雰囲気としては、先日のテレ朝時代劇の西田さんより好みなんですが(笑)。


---------------------------------------------------------------
さて、感想です。
これからご覧になられる方はスルーでよろ。



結果としましては、私個人としては「サムライシネマキャンペーン作品」の中で一番良かったですよ。
(↑お前、「武士の家計簿」と「雷桜」観てないだろーが!(笑))
「十三人の刺客」でも「桜田門外ノ変」でも消化不良満タンだったのですが、
この作品は割にストーンと落ちました。
やっぱり脚本って大切ですよねぇ。

唯一ひっかかった点、これの解釈で分かれるところも多いかと思うのですが、
人形浄瑠璃「曽根崎心中」のからませ方です。
浄瑠璃の内容と、本編とは関係ないんでないの?無理矢理でない?とも思ったのですが、
「この世で成就しない愛」というとこでどう?。
でも、どうなんだろなぁ・・・・孫左と可音(桜庭ななみさん)の関係って主従であり、ちょこっと親子関係に近いものもあり、
可音ははっきりと孫左に対する愛をぶつけていたけれども、孫左はそれともちょっと違う、
最後までかなり微妙なバランスの上に立ってましたよね。
難しいなぁ・・・・今でもどう観たらいいのか悩む。
単に劇中の可音と茶屋修一郎(山本耕史さん)の出会いのきっかけと片づける使い方でもないしね。
深く考えるよりも、感覚としてとらえるのが一番いいのかなぁとも思ったりしました。


この物語の主軸は終わってみれば孫左衛門(役所広司さん)につきるなぁと。
彼は大石家の用人としてずっと仕えていたからこそ、
「そのこと以外の生き方を知らなかった」のだと思いました。
だから、可音が孫左とずっと暮らしたいと願っても、ゆう(安田成美さん)が生きて自分と一緒になって欲しいと迫っても、
孫左には内蔵助からの密命を果たすことこそが自分の生きるただ一つの道、
そしてその命(めい)を果たした後、彼に残されたのはあの結末のみだったのではないかと。
それだけ内蔵助への気持ちも強かったし、内蔵助から大石家の家紋の入った裃を預かった時点で、
彼の心は最初から既に決まっていたのでしょうね。

寺坂吉右衛門と違って、誰にも言えず本当に「一人で」この密命を背負った孫左衛門は、
立場上は吉右衛門共々密命を背負った者だけれども、
その重さは孫左の方がずっと重かったのではないかなぁ。

後半、目汁でハンカチ握りしめた熊猫屋は、誰の気持ちより孫左のかかえた重さをおもって目からダバーっとなってしまいました(TωT)

全体的に、最近の時代劇映画の中ではセットといい、雰囲気といい、脚本といい良かったと思ってます。
画面の明るさも程良くトーンを落とした色調だったし、
時専の宣伝番組によるとかなり仕込まれたらしい、桜庭ななみちゃんも努力のあとが見られましたし(笑)、
孫左の役所さんは言う事なし!文句無しっ!、
後半、色々気づかいを見せた進藤長保役の伊武さんも、いつものギラギラ感は押さえて穏やかでキリリとした演技が良かったです。
個人的には茶屋四郎次郎役の笈田ヨシさんの、度量深き豪商の気風漂う演技も好きでした。
安田成美さんは、少し元太夫っぽくないなぁとは思いましたけれども、色気があまり無いのがかえってよかったのか?(笑)
吉右衛門役の佐藤浩市さんは、月代剃ってないヅラなんで、うっかりすると時代劇やってるっぽく見えなかったんですけれども(あはははは)後半の、友人である孫左を想う心の演技はぐっときましたですよ。
仁左衛門さんは私的には孝夫時代のテレビ時代劇のよりこれがずっと好きです(映像関係の意味でね^^)
この内蔵助、静かながらも内に重みをたたえたずっしりさがいいなぁ。
NHKでやる歌舞伎の「沼津」の放送、楽しみにしてますー(笑)。

浄瑠璃の芝居小屋、現役の金丸座を使っててリアルでしたねぇ^^
歌舞伎美人のHPで来年の四国こんぴら歌舞伎の案内がありましたが、
いつか行きたい金丸座っ!

今年後半の時代劇5本の中で、DVD欲しいと思うならこの作品かな。
物語の流れが良いので、気持ちが途切れず観ることができたのですよね。
終わってみるとどの役でもなく、孫左が強く印象に残る作品でした。

しかしこの映画、日本人にしか分からないだろうなぁ。
(日本人でさえ、レビュー見ると孫左の最後のシーンいらねとかチラッと見たけど、
あれがなければ完結しないと思うんですが・・・・^^;)

皆さんはどうご覧になりましたか?


スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
職場からですので手短に(←働けっ)

映画、良かったですよね~私ゃ福本氏に気付けませんでしたが(笑)
福本吉良で本格的な忠臣蔵ってのもなかなか良いのでは?とは思いましたね~確かに。

年末締め括り観賞に相応しい作品ぢゃないでしょうか。
私の劇場観納めは『眺めのいい部屋』でした←ルパート・グレイブスらぶ♪

しかし最後の切腹シーン無い方が良いという意見があったとは。
養父としてお花畑な余生を送れとでも?
んなものは三谷氏に任せておけば良いのです(笑)

浄瑠璃の件、監督はあまり深く考えてなかったのではないでしょうか?
私も「・・・で?」と思ったクチでやんす。
でも、あの人形遣いには目を見張りました☆

ではでは、唐突ですが年末のご挨拶。
本年は色々とお世話になり、誠にありがとうございました!
来年もどうぞよろしくお願い致します♪

実家にゃネット環境がございやせんので、新年早々携帯から出没するやもしれませぬが、その節はよろしうに♪
2010/12/30(Thu) 11:10 | URL  | ふぢを #-[ 編集]
では、私めも携帯から♪
浄瑠璃は、深く考えないのがやはし正解なのかしら(笑)
文楽、BSーhiにてお年始恒例の五時間超えの通し狂言ありますぜ
(´∀`)
昨年からたまーにテレビで見ますが、見ているうちに人形遣いさん達の存在を忘れるくらい、滑らかな人形の動きに感嘆です
生きているようですよねー素晴らしい
「最後の忠臣蔵」は、DVD出たら買ってもいいなと思ってますよん
そのまま、見たままに受けて目汁の熊猫屋でしたが、隣りに座ってた四十代くらいの男性も何やら拭ってらしたくらいなんで、結構な方がそうだったのかも
するっと素直に見られる内容でしたよね

しかし、「明るく楽しい娯楽時代劇愛好会(仮称)」会員一号(嘘)としましては、陽性の娯楽時代劇をそろそろ観たいとこであります
なんでみんな作ってくれないんだよー
暗い世の中こそビバ!勧善懲悪!(笑)

来年もよろしくお願い致します
(今年はほんとにお世話になりました!)
2010/12/30(Thu) 23:26 | URL  | 熊猫屋 #8tclgd.Q[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可