スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 時代劇のつもりが、「オペラ座の怪人」・・・・・(笑)
2010年12月17日 (金) | 編集 |
久しぶりに夜また~り映画が観られるんで、時代劇でも・・・と思ったのですが、
本日日テレでやってる映画「オペラ座の怪人」鑑賞中の熊猫屋です、こむばむは。

映画公開当時、映画館で「オペラ座の怪人」リピートで4回観てしまった阿呆です。
DVDも出たらずぐ買ったぜ(コレクターズ・エディション(笑))。
というのも、アンドリュー・ロイド=ウェバーのこのミュージカルがめっさ好きなのです。
(時代劇は楽しいやつが大好きな熊猫屋ですが、ミュージカルはむしろダークな方が好きなもんで、ブロードウェイものよりはヨーロッパの演目の方が好み)

「ジェラルド・バトラーが歌下手すぎるっ( ̄Д ̄;)しかも何だ、このフェロモンむんむんなファントムはっww」
と、ファントムには多少がっかーりしたとこもありましたが、ほどなく慣れた(笑)。
バリトンに近い声質はいいんだけどなぁ。

映画公開当時、「字幕翻訳があまりに酷すぎる」(翻訳は、あの大御所の・・・・orz)ことでも話題になりましたが
(何せ、英語おんちの私でさえミュージカルの原語版CDは聞きまくってたし内容も知っていたので、翻訳にはぼーぜん^^;)
本日の日テレ放映版は、日本での同作の舞台上演権利を持っている「劇団四季」で吹き替えやってるとのことで、観てみました。
吹き替え、劇団四季版訳のようよー。
蝦夷地に四季の仮設劇場があった当時、結構リピートして観てたんで四季版も知ってますです(一応CDも持ってる(笑))


しかし、何だ。
日本人当人が舞台でやるからまだいいんであって、吹き替えだと映像の俳優と合わなくて微妙だな(笑)。
それに、四季独特の開口が今じゃ苦手な熊猫屋。
(四季をよく観ていた当時は、東京まで遠征して芝居を観ることはしていなかったので、あまり他の芝居を知らなかったのですよね。)
バキバキはっきりしすぎていて程良い力の抜け具合が無い^^;
(それにしても、昔からみんなこんな開口でしたっけ?)
映画公開当時の字幕の破壊力程じゃないけど、こうやって改めて見ると四季の翻訳も結構微妙なとこがあるのね。
高井さん=ファントムの声も高い(テノール系)んでちと違和感が・・・・(他の役は特に女性が違和感強い)。


始めは吹き替えで観ていたんですけど、耐えられなくなってOVERTUREのあたりから音声切り替えで英語にしちまいました^^;
(原語の字幕もいらないんだが)。
ファントムはともかく、クリスティンのエミー・ロッサムとかは声いいですし^^
本人の声は違和感感じようがないですから。

ミュージカル映画は字幕にしろ吹き替えにしろ色々びみょんなのですね(有名であればあるほど)。
んーむずかしー。


今回の放送、ミュー俳優を使って吹き替えの面白い試みでしたが、このミュージカル自体が好きな皆さんはどちらでご覧になったでしょうかね?
(私は結構リモコンで音声切り替え忙しかったですっw)

追記:なんかのっけから肝心なところがバッサリカットされてたり、この日テレ版も尺のとりかたが微妙だなぁ
^^;全部放送するとなるとかなーり長いのでしょうがないのですけどね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ある意味時代劇?
熊猫屋さんもお好きでしたか~『オペラ座の怪人』♪

私も大好きなのですが、今回の金曜ロードショーは流石に・・映画に四季吹替えなんぞ合う訳ねーだろが★と思い、スルーしちまいました。
これ確か、モノクロからカラーへ映像転換する斬新なオープニングでしたよね、あれ凄く印象的でした。

ジェラルド・バトラーは若干ロックテイストな感が(笑)
昨日DVDを無事入手した『ヒックとドラゴン』で、彼は父親役の声優を務めてるのですが、コレは非常にイイですよ~恰幅よいキャラクターにピッタリハマッてます。

ふぢを的ベスト・オブ・『オペラ座の怪人』は、1990年にNHKで2夜連続放映したドラマ版だったりします。
でも再放送も無いし、DVDも出てないんですよ(涙)
何年か前、ニコ動で見られましたが、今はどうだろう?
ウチの超古バイヲのスペックでは、つべすらキビしくなってきたし難しいだろうな~。。

観られぬものは諦め、今夜は夜更かしして、自宅で文たん祭りと洒落込みますわい☆
昨日『最高殊勲夫人』『氾濫』レンタルしてみましたので♪
ついでにミッキーと努ちゃん目当てで『新仁義なき戦い 組長の首』なんつー代物も(笑)
濃い週末ぢゃ♪

2010/12/18(Sat) 23:30 | URL  | ふぢを #-[ 編集]
ロイド=ウェバーのこの作品でのダークでゴージャスなメロが好きなんですけども、
ラブな音楽(特にクリスティンとラウルのラブラブな場面とか(笑))よりは、
「The Point of No Return」「The Phantom Of The Opera 」「The Music of The Night」といったファントム主体の曲が好きなんで、ジェラルド・バトラーにはがっかり君だったんですよね(笑)。
役者さん自体嫌いとかそういうのは無いけれど、音楽好きなんでつい(はははは)。
日蔭者設定があんなフェロモンむんむんでいいのか?というのもありまして(爆)。
↑結論、キャスティングした方が悪い。

ふぢをさんの今年公開作品では一番ですか?「ヒックとドラゴン」。
ジェラルド・バトラー自体の「声質」は悪くないと思っているので、
機会を見て観られたらなと思いますよん^^

テレビ版は私は見たことがないのですが、調べるとバート・ランカスター主演のでしょうか?
(NHKでやったのは編集版だそうですが)。
VHSの発売形跡はあるけど、今ぢゃ入手不可という^^;
ニコ動で何かありましたぜー(ファントムがエリックって名前で、クリスティンが衣裳係で最初入ってくるやつ?ファントムが何か可愛いwカルロッタがド迫力(笑)。雰囲気良くて面白いですねーこれ!)
DVD、米国アマゾンにはあったですよ。
日本語無くてOKなら観られそうですよ(・▽・)v

メールの方、しかと読ませていただきました^^
今日もこれから出かけるので、明日になっちゃいますけれども、
じっくりとお返書させていただきますので!
少々お待ち下さいましm(_ _)m
2010/12/19(Sun) 11:53 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
そうそう
バート・ランカスターのです!
日本語はむしろ不要かもしれません。クリスの「私を愛しているなら○○して!」て台詞濫用にとにかくイライラしたもんですから(^^;)
原作をやや改変した作りにはなっていますが、一番心に残っている作品です。
歌は素晴らしいし、ファントムが妙に愛しくて、感情移入しまくり。
まさかのマスク・オン・マスクには爆笑でしたが(笑)
目汁もダム決壊の如く溢れ出したものです。ま、私も十代だったし(遠い目)

そうだNHKといえば・・・ニザさん歌舞伎、見逃してしましました!
忘れていた訳ではありません、覚えてはいたのですが、録画予約をせずにそのままうたた寝をしてしまい、うたた寝が爆睡に変わり、目覚めたらまさかの2時半★
次回からは、横になる時は録画予約を先に!と心掛けたい所存であります、反省。。

2010年ふぢデミー最優秀作品賞、13回も観た『ヒックとドラゴン』でなかったら、一体何やねんって話になりますわいな~(笑)
ええ、ヒクドラで結構でおます。米作品に敗北した様で口惜しいですが、良い物は良いのぢゃから仕方あるまい。
でも、本家アキャデミー賞(3D部門)の方は『アバター』で良いと思います。
世界的偉業を成し遂げた作品である事に間違いは無いですから。
しかし、その後のヘボ3D作品量産展開はイタダケナイ★

最後に嬉しい文たんニュース♪
21日(火)『はなまるマーケット』にゲスト出演されるそうです。
普段は忌み嫌っているTB●ですが、録画してやろうぢゃねーか、チクショーめ!
テレビでトークしてるのを見るのって、『チューボーですよ』以来かも。
楽しみでごぢゃります~♪
2010/12/19(Sun) 17:21 | URL  | ふぢを #-[ 編集]
観ましたぜ~♪
ちょっとふぢをさん!(「そこの奥さん!」風(笑))
つべに・・・・(笑)
ひょっとして完全版ぢゃないかえ?
ヒント(The Phantom of the Opera (TV Miniseries) (1990))
日本語字幕ないけどね(・▽・)えへ♪
すんません、米国アマゾンのはよっく見たら絶版で、
マーケットプレイス状態でまぁ買えますよという状況でございましたわ。
直で海外から日本で出てないDVDを手配することがあるのですけど、
言葉が分かるんならその方が安いですよねぇ。
海外ドラマなんて、日本語翻訳されたDVD買うとアホみたいな値段で泣けてきます。
(そんなんばっかり買ってたら破産するわ!)

ところで、これのファントムっつーかエリックさん、
感情移入し易くてめっさ可愛いですねぇ。
純粋な気持ちでクリスティンの歌に心酔し、彼女のために歌を教えたり、ドレスなんか揃えてあげちゃったり、
最初彼女に近づくときも、恐がらせないようにそっと近づく感じで・・・・
ああ~もういちいち可愛い!(笑)。

>まさかのマスク・オン・マスクには爆笑でしたが(笑)
何であれダブルマスクなの?マスクが既に彼にとって「顔の一部」で、
さらに仮面をかぶせるという感じなのかな?
ピエロ柄もありましたね♪(笑)。

エリックが可愛い分、クリスティンに
「おめーフィリップ伯爵とラブラブたぁ、我らのエリックさんに恩を仇で返すんかぁ!」
(ノToT)ノ
と、妙な親心まで付加されちまいましたよ(わははは)。

それにしてもクリスティンちゃんもかわえぇし(萌え萌え♪)
伯爵はイケメンだわ、
何つってもド迫力で道化役がすんばらしいカルロッタ(陰の女優賞だ(爆))といい、
なかなか面白かったですよ!

ロイド=ウェバーのミュージカルのファントムは悲しい役ではあるんだけど、
半ば力づくで想いをとげようとするんで感情移入し難いんですけど、
ドラマとしてはバート・ランカスター版の方がいいですねぇ^^
(ま、ロイド=ウェバーのは「音楽」に惚れとるんですが)
エリック、可愛いよエリック(笑)


文たん明日TVにご出演ですか!
地上波なんて・・・・特にTB●なんて全く見ない人なので、
その情報、ありがとございます!
予約予約♪
楽しみだなぁ♪

2010/12/20(Mon) 15:50 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
The Phantom of the Opera (TV Miniseries) (1990)
超超超~貴重な情報ありがとうございますっ☆
ウチの虚弱バイヲ君に無理をさせない程度に、断片的に観賞。
字幕無いので詳細までは思い出せませんが、やはりラストの歌は泣ける~(T_T)

私にとっての初『オペラ座の怪人』はコレだったもんで、その後観る作品観る作品、話も雰囲気も違うので驚いたものです。
原作を逸脱してるのがコッチだと知った時のショックったらもう(笑)
このドラマ版は結構人気もあるみたいなので(皆エリック萌えするんでしょうなぁ・笑)、また放映すればイイのになぁ~。

話は変わりまして、文たんDVD、遂に購入されたのですね~何をチョイスされたんでしょう♪
私ゃ地味にレンタルDVDでプチ文たん祭り。
『最高殊勲夫人』ではまるで昭和の少女漫画キャラそのもので、ツンデレ文たんに萌え♪
『氾濫』は出世欲だけの男(川崎敬三)に捨てられるという何とも後味悪いヲチでやんした★
でもこの『氾濫』、何と伊藤雄之助さんがオネエキャラの生花先生役で出演されてて、今まで観た中で一番のハマリ役でした(爆)ますます雄之助のトリコに。。

はなまる、ご覧になりまして?
写真パネル、出た瞬間『越前竹人形』のスチールだと分かりました♪
しかしまさか夏の撮影だったとは・・!やはり宮川一夫、天才ですな。
ラストの「明日も、はなまる♪」て手を振る文たんに萌え♪

しかし、わざわざ糞TB●にメールまでしたのに、質問が採用されなかったのが悔しいですわっ!←5つも書くからぢゃ。
あと、岡江久美子と柴田理恵がやたら「綺麗だ綺麗だ」と言うのがウザかった★
んなもん当然ぢゃろがいっ!分かりきっとるわい!とカルシウム不足な反応で観賞していたふぢをなのでした。

またまた話は変わりまして本日、京都にて『バベットの晩餐会』観賞して参りました♪
何故京都?かというと、たこやき地で上映するのが1/1~1/7という正月休み丸被りでとても行けそうになかったもので。
派手な盛り上がりは無いけれど、ジワジワきますね~これ。
『バグダッド・カフェ』を初めて観た後の感覚に似てる、このジワジワ感。
来年度はもう観られぬのか・・残念です★うずらパイ食べたいっ☆

またまたまた話は変わりますが、忠臣蔵(長谷川一夫主演版)てご覧になりました?
観ようと思ってたのに、すっかり失念しており。。
しかし今月、忠臣蔵やり過ぎですよね~年末らしくてイイけど。

25日は早朝から、時専チャンネルで文楽『曽根崎心中』やるみたいですね~こんなのもやるんだ。。
『最後の忠臣蔵』繋がりでしょうね、チラ見だけするか。

ではでは、野沢菜ちりめんで不足気味なカルシウムを補って参ります~ではまた♪
2010/12/23(Thu) 19:54 | URL  | ふぢを #-[ 編集]
朝っぱらの文たん
って、なぜかイメージわかない熊猫屋です(笑)
今日は携帯より

見ましたよ文たん!
お散歩の時まで文たんらしー♪と、一挙手一投足ガン見(爆)
あんことマグロがお好き、ラーメンやたこ焼きは食べた事がないなど、いちいち「ほぅ」と反応(笑)
朝のバイキングにウキウキする文たんに萌えるっ!(爆)
お一人様ライフをマイペースにエンジョイなさってるのを聞いて文たんらしいわぁ~♪と期待通りの文たんに納得
楽しかったです(^O^)
番組司会が下手なのは私も感じてましたが(我等の文たんにっ!・笑)、テレビの人達でうまい人なんざめったにいませんしねぇ…昨今は語彙が欠落激しいし(鬱)
文たんコーナーだけで編集したら30分ちょいしかなかったです(^_^;)
3月の舞台、東京の人達いいなー

文たんDVDは今日コンビニに届いたようで、明後日とりにいきますー

オペラ座の怪人はやはしエリック萌えですよね~♪前回書き忘れたんですが、そうそう歌の場面は泣ける(T_T)
エリックたん、よかったねぇ!って、どこまでも彼に肩入れしてしまう
ロイド=ウェバーのミュージカルぢゃありえません(笑)
DVDで完全版だしてほしーです私も面白い作品観られて感謝♪


バベットの
2010/12/23(Thu) 21:20 | URL  | 熊猫屋 #8tclgd.Q[ 編集]
あ゛~!携帯投稿だと字数制限で尻切れに…
( ̄□ ̄;)!!

バベットの晩餐会、見終わってからじわじわときませんでした?
余韻に浸れる作品も久しぶりだったので、めっさ好きなんだけど、DVD絶版…(ノ_・。)
海外から個人輸入できるんなら欲しいんだけどなぁ
版権切れだと日本では無理そうですよね

長谷川一夫さんの忠臣蔵は、忠臣蔵祭りのただ中なんで、色々録画してる中でちゃんとやったのか自分でも不明(笑)
週末確認しよかと
σ(^-^;)

文楽、放送時間が短めだけど全幕なんでしょうかね?
極端なのは今年の年始に放送した「義経千本桜」が五時間超えですごかったです
でも文楽のあの人形遣いは素晴らしすぎる
東京で是非とも観たいんですけどね
(^-^)/
2010/12/23(Thu) 21:35 | URL  | 熊猫屋 #8tclgd.Q[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。