スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 テレビ時代劇「泥棒と若殿」(1987年)
2010年11月16日 (火) | 編集 |
山本周五郎原作の「泥棒と若殿」題材の作品を観るのは三本目っ!!
先日の歌舞伎と、火野正平さんと橋爪淳さん版(感想)です(・▽・)(先のは感想記記述済み)

東映チャンネルで見ました(24日にリピート放送ありますよん^^)

本作は、1987年5月7日にテレ朝系で放送された単発時代劇らしいです。

キャストは

田中 邦衛 
古尾谷雅人
浅野ゆう子
長門 裕之
松樹 直也
多賀  勝
浅田 祐二
井上  茂
福本 清三
甲斐 道夫
永田  聡
永納 昭平
西元 哲郎
平井 龍治
飯塚  聡 ほか

・・・・なのですが、あれ?基本女人無用の作品なのになぜに浅野ゆう子が????
Σ(・ω・ノ)ノ
-------------------------------------------------------
本版は、いきなりお家騒動の斬り合いとかで始まります
(血なまぐさい^^;)
古尾谷さんで時代劇って実はあまりピンとこなかったのですが、
意外に若様が似合ってる♪(・▽・)
若様ゆえのどじょう捕りのぎこちなさとか、不器用さとか良くでてましたし、
うつむき加減ではにかむ様も萌えます(笑)。

田中邦衛さんの伝九も、いつもの田中邦衛節ですが、いい雰囲気です。
(そういえば同じ役やった火野正平さんも、いつも火野節ですよね・笑)
ストレートに喜怒哀楽を出してくるところはこの役に合ってますね^^
信さんと最初のごはんの時のほのぼのさといったら、ほっこりします(´▽`)

基本は原作に沿っているのですが、
熊猫屋的に気に食わないのが1点。
ええ・・・先に出した浅野ゆう子さんの存在です^^;

成信を説得する家臣の久左衛門(長門さん)は別にちゃんといるのですが、
あれ女間者か何か?
千草とかいう役なのですが、二人を見守る役ですかね。
ん~華はいらないんだよね、この作品には。
むしろ邪魔になってしまう。

しかし演出方法も色々ですね。
この版では、最後の晩餐の前、成信が飯にするぞと伝九郎に言い、伝九郎が足を洗いに行きますが、
何か別れの予感を察したようにふと足を洗う手を止めて思い込んだり、
半分やけのようにお酒を飲んだりします。
そして最後は寝たふりまで・・・・
伝九郎は気づいていたのです(TωT)

そしてお城に去る成信。

やっぱり山本周五郎原作のこの作品はどれも泣かすじゃねーか゜。゜(ノД`)゜。゜。


しかし、好き度・余韻度でいえば火野さん&橋爪さん版や、歌舞伎の三津五郎丈&松緑丈版の方がいいかな?
若殿の気品度とか、伝九郎のくったくなさ度とか、周囲の人々のはまり度で。
久左衛門の長門さんは、もう少し押さえて切々と訴える演技でもよかったような気がしました。

でも、なんのかんのいっても良かったです。
ピアノのBGMが素敵な効果を生んでました^^


↓原作の「泥棒と若殿」が収録されている山本周五郎の短編集
人情裏長屋 (新潮文庫)。表題作はテレビ時代劇「ぶらり信兵衛道場破り」(高橋英樹さん主演)の元ネタでもありますよん
(・▽・)v


スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
おとぎ話風時代劇
という印象を受けたふぢをでございます、こんばんは♪
先日たまたま観る機会があり、じっくり観賞。

子供の頃なら号泣してたかもしれません、伝九郎の狸寝入り。
大人の今でもウルウルきました☆

しかし涙を流すまでには・・・単純に、尺が足りん!
一緒に過ごすようになるまでが、若干唐突に感じてしまい。
あと5分、10分でもいいからその辺もう少し丁寧に描いてくれてたら、きっと瞳のダムが決壊してたかと(笑)

2時間ドラマだと長過ぎるだろうし、難しいですなぁ。
でも、主演2人の演技はとても良かったです☆
演技というか、まんま田中邦衛さんなんですけど(笑)ヲッケーヲッケー♪

古尾谷さんも愁いのある雰囲気が役にハマッておられ、大きいけど可愛らしくて。
つくづく早逝が惜しまれます。。

火野正平さん&橋爪淳さん版、観たいなぁ~!!
歌舞伎も、これ位シンプルな物語なら見やすいでしょうね。

ハッ、歌舞伎といえば、26日いよいよ平成中村座公演千秋楽!
今度こそ予習を・・・とは思うものの、時間があまりに無くて(泣)
ハイハイ、また借りればイイんでしょ、イヤホンガイド!(逆ギレ)
650円×2公演で1,300円、筋書きや弁当も買ったら、アッという間に数千円(涙)
でもそれ以上のパフォーマンスは十二分に期待できますのでヲゲッ。

来月の京都南座のチケット(昼夜)入手しましたよ~♪
でも1等席25,000円、2等席A12,000円、2等席B9,500円、3等席・・・とありましたが、どの席がどのゾーンなのか一切記載がなく「不親切ぢゃ!お高くとまりやがって!」と些か憤慨しつつ、2等席Bの3階席という何とも中途半端な席をゲット。
2等席Aが何故か全て×表示になっていて、1等と2等B以下の席と特別席(27,000円)しか選択できなかったのです。

ていうか、1等と2等の金額差の開きは一体?!
2万超は流石にアリエナイし、2等Bなら中村座のおよそ6掛けの金額だからイイかなと。
しかし3階・・・見えるぢゃろうか(汗)
熊猫屋さんは、いつもどのようにお席選びされてますか?

歌舞伎までも怒涛のスケジュールですよ!まず今週土日は待ちに待った文たん祭り♪
『祇園囃子』と『赤線地帯』観賞予定ざます。時間が合えばブルース・リーを挟むかも(笑)
そして23日は時専ファン感謝祭♪彬巻きして行こうかしら(爆)
報告レポ(グルメレポ含)、乞うご期待☆

御父上が京へ紅葉狩りですと?何と風流なっ!
どの辺に行かれるのかしら。東山方面も良し、大原方面も良さそう♪
ワシャ春秋シーズンの京都は人口密度が恐ろしくて・・・パスでござる★
京の運転(バス・タクシー諸々)はヤクザ並みに激荒いので、車にはくれぐれもお気を付けあそばせ。
お土産も楽しみですねぇ♪漬物食べたくなってきた。。

本日から『影の軍団Ⅱ』録画開始してしまったふぢをより
2010/11/17(Wed) 21:45 | URL  | ふぢを #-[ 編集]
たぶん
いらない人がいたり、いらない構成があったりしたかも@「泥棒と若殿」田中&古尾谷版
伝九郎が泥棒に入るところから始めちゃってもいいかもしれませぬ
(刺客は途中でチラッと入れるなりして)
歌舞伎のは、もっとシンプルにしてあった気がします。
シンプルなのだけど、今回のドラマより感情に訴える雰囲気。
それだけにド真ん中にきまして、うるっと(笑)。
松緑丈@伝九郎が、結構豪快にボロ屋敷の床を抜いて身体はってましたねぇ。
お二人とも役にはまってまして、こういうのが歌舞伎の「ニンに合う」というものなのかしら?
と素人ながらの感想でした^^
今回のは、古尾谷さんの成信が、ラストそれぞれに生きる道があることを伝九郎の顔を直接見て語らず終わらせちゃったのが構成として物足りないとこもなきにしもあらず。
(歌舞伎も火野&橋爪版も、その場で別れの言葉のやりとり交わしてるだけに)
色々あって面白いいんですけどね^^

中村座の千秋楽のチケとれたんですか?うお~凄い!
私まだ歌舞伎の千秋楽というものに立ち合ったことがないので、
きっとまた別の雰囲気が楽しめそうですよね^^

しかし、南座の1等席ってそんなにするのか・・・・(驚)
庶民の私には、観劇で2万超えなんて無理!
いつもの歌舞伎の1万6千円だってビクビクもんなのに(←年片手の歌舞伎鑑賞ですんでるんで何とか捻出してる(笑)。地方巡業はもっと安いし)
わ・・・・私も2等A以下じゃないと^^;
さすがに2万超えは殿様商売ぢゃないかえ?と思うのだけど、
何か違うのかしら???
さっきWEB松竹で空席照会したら、1等席ばっかり余ってましたね(2等は品薄みたい)
そりゃ~一般庶民には1回の観劇でその値段はキツすぎまする^^;
私、素人なんでどういう風に見えるか歌舞伎座では1等から3等までは一応体験したのですが
(憧れるけど、桟敷はまだ^^清水の舞台から飛び降りるつもりで、一生に1回くらいは殿様気分を味わってみたいと思いますがw)、
3等席は花道がぶったぎられたりするので、素人は最低でも2等席で観た方がいいなぁ~って思いますた。
(花道での演技で盛り上がってる時に、取り残され感が(笑))
なので、歌舞伎専用劇場とか常設の劇場では2等以上を。
ただし、地方巡業は一般のホールなので観る分にはどの席種でもかまいませぬ。
役者さんの顔をガン見したいとか、そういう気もありませんし、
むしろ舞台全体を観たいんで、あんまり近すぎるのも困ります(笑)。
下手な1階思いっきり前列や逆に1階最後列になるくらいなら、巡業なら2階前列とか好きです。
舞台全体を俯瞰で見られるので、舞台セットとかどうなってるのかしらとかよく見えるんですよね^^
歌舞伎専用劇場で良かったなぁという場所は、1階センター寄りの花道出入り口よりちと後方@歌舞伎座
舞台全体は観られるは、花道より少し離れていつつ花道での役者さんの動作を首を曲げずにガッツリ見られるので、私的にいい席でした(´▽`)←でも、たしか席種は2等だったような?

文たん祭り!いい響きです。
「赤線地帯」の文たんのしたたかさは他のキャストを凌駕してるので、
さすが小悪魔文たんを堪能できましたわ(一人だけ幸せになりやがって!(笑))
どんな映画だったか教えて下さいませね~♪@祇園囃子とか
もし良さげだったら私のDVD購入の参考にさせていただきます^^

父の紅葉狩り・・・・というか、
いつもは自分でレンタカーを現地で借りて動くような父にしては珍しくツアーにのっかって行くそうです
(その方が安くあがるし、ピンポイントで回れるからなんですと。蝦夷からの旅費はバカにならない)
日程表を見せてもらったら、お寺さんとか嵐山とか超ド真ん中の観光地(笑)。
紅葉をひたすら追いかけて~♪みたいですが、
やっぱり凄く混んでいるのですか?^^;
私もこの時期の京都はそういうお話を聞くので未だに・・・なんですけど、
綺麗な紅葉を見られるのは羨ましくもありますねぇ^^
あ、漬物を土産にお願い!は私既にしてます(爆笑)。








2010/11/20(Sat) 11:47 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。