映画・ゲキ×シネ「蛮幽鬼」観たよ~ん
2010年10月08日 (金) | 編集 |
観て帰ってきたばかりの熊猫屋です
こんばんは

古田新太さんが出てないゲキ×シネでございましたが、
むちゃむちゃ大満足三時間以上拘束されても、長さを全く感じなかったどころか、
「また観たい」と思うほどに良かったです~
DVDでこれは観るもんぢゃないね、その迫力を映画館で体験してなんぼですわ
(ナマ観劇にはかなわなんだですが、あくまで「ゲキ×シネ」という「映画」として)

後日また付け足しますが、あ~今も色々なシーンが思い浮かびます
サジの行動が後でうすうーす気づきましたが、伏線がうまいし、ちゃんと回収しているので、終わった後に変なモヤモヤ感は残らず
(この感覚久しぶり)しかも、それぞれの人物の行動に対して、やり方は酷い奴もいるのだけど、色々受け手に考えさせる程よい間隔も好きです
あ、そうそうアングルとかスロー映像など舞台なのに映画的に見える撮影も良かったです
舞台を映像で見せる時のテクニックがうまいなーと思いました
(単に映すだけじゃない工夫が)


出演者もみんな満足!
一部女性の宝塚の男役っぽい話し方が気になる以外はほんと良かったです
(個々は後日書くとして)
先日観た「十三人の刺客」と真逆の殺陣を早乙女太一くんに見ました
所謂舞踊土台的殺陣です
意図的にこういう殺陣なのだろうけれど、
近年は時代劇でもあまり見られない殺陣なんで、ちと嬉しかったなー
(私は歌舞伎とか舞踊土台も立派に別方向からのアプローチの殺陣だと思ってるので、黒澤明以降のリアル原理主義とはちと考え方は合わない「どっちも」殺陣だと考えます)

花道も有効に使ってますが、あ~先月私が歌舞伎を観た場所(新橋演舞場)で、こんなことがっ(笑)と、その使用法の違いも面白かったな
(構造上、花道側の二階と三階の方は観づらいとこもあったでしょうね)

マジで牛車通してたし(笑・殺された大王様のキャラ好き)

舞台装置まで面白かったし、ゲキ×シネやはりいいなー
もう少し上映期間長いといいのにね(よく逃す)

コストパフォーマンスめっちゃよし
(前売り二千円分価値あり)
シネマ歌舞伎にも内容はもちろん、せめて値段分の長さはほしーです

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おはようございます。
ゲキ×シネ「蛮幽鬼」、ボクも観ましたよ。座長さん欠席で、「十三人の刺客」で精力使い果たして、お休み? というのは冗談で、観終わった後、客席の誰かがナマで観たら、もっとすごいやろねと仰ってましたが、新感線をナマで観たいと思いながら、いつも逃してます。
 ボクがシネマ歌舞伎、ゲキ×シネをいつも観るシネコンは、これ用にゆったりスペースのプレミアムシアターで上映されるのですが、なぜか今回は一般シアター上映で、プレミアムでは3Dの「カブールの伝説」なんぞ上映しとりました。長時間プラスプレミアムだからこその2500円(当日券)なのに、これじゃ意味ねぇーでしたね。余は不満じゃ^^

追伸
ボクも時代劇専門ではないですが、お願いがあります。映画のブログを持っており、そこで熊猫さんのこのブログのリンクを張りたいのですが、いかがでしょう。
マイブログは「活動遊興伝」というタイトルで、検索していただければ、すぐに出ます。1度お越しください。
ただし、訪れる人のきわめて少ないブログです。では。
2010/10/09(Sat) 09:06 | URL  | 彰吾 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/09(Sat) 19:17 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/09(Sat) 19:19 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/09(Sat) 19:20 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/09(Sat) 19:20 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/09(Sat) 19:32 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/09(Sat) 19:34 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/09(Sat) 19:35 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/09(Sat) 19:37 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/09(Sat) 19:40 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/09(Sat) 19:42 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/09(Sat) 19:43 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/09(Sat) 19:44 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/09(Sat) 19:44 |   |  #[ 編集]
私も
金曜夜、2回目観賞に行って参りました。同時間帯に観てたかもしれませんわ♪

ね、コスパ良過ぎですよね。パンフは千円でちと高め?かと思いましたが、中身を見たら、これまた満足な仕上がりで。
写真は勿論、主要キャストのインタビューや対談、個人的に一番興味深かったのがスタッフさん1人1人のコメント。
良い意味での手作り感に、思わずにんまりしちまいました。

上川氏にとって、やはり歌は禁断の領域で、どのシーンよりも緊張されたそうな(笑)
2回目観た時は、思わず「が、頑張れ!」と心の中で呟いてしまったり。
堺氏は小学生時代の体育成績「2」だったそうですが(笑)それを考えれば、十二分の出来ではないかと。
殺陣の拙さは、胡散臭いヲーラでカバー出来ておりました。
そんな彼のおすすめは、やはり早乙女太一くんの凄さだと、インタビューでおっしゃってました。

アクション監督によると、早乙女太一くんは最初に舞シーンがあるので、舞っている間に人を殺めるキャラに決めたのだとか。
結果大成功ですな、彼の持ち味を十二分に発揮できているし、二刀流捌きも見事でした☆

もう1回観たい位です。ほんと、1ヶ月位上映してくれれば良いのに。
アリエッティとか踊るとか、いつまでやっとんぢゃいっ!!

さて、遅れ馳せながら『十三人の刺客』観て参りました。
アクション作品としては楽しめました。市村正親さんがとても良かったです。
が、それだけですかね。。以下はふぢをのどうでもいい感想。

まず音。やり過ぎなのか、私ゃ生々しいの逆で、妙に不自然でデジタルな印象を受けました全体的に。

四肢切断女性。『タイタス』のパクリやんっ!と思ったのは私だけ?
衝撃度、幻想的な美しさともにあちらの圧勝ですが。

CG火だるま牛。お粗末過ぎて、話になりません。「コレ、笑うところ?」て真剣に悩みましたぜ。

伊勢谷氏の設定がよく分からない。吹石一恵が何故2役なのか全く分からない。

ゴローさんは悪くない。ただ、あの演出では、藤原竜也だろうが小栗旬だろうが、誰が演じても同じ印象しか受けないような気がしました。

・・・と上記の様にツッコミどころは満載ですが、俳優陣の熱演も手伝い、最後まで飽きる事なく観る事はできましたので、その後観て居眠りこいちまった『ガフールの伝説』よりは面白かったかと(笑)

でも三池監督、確かに時代劇はもうやめといた方がイイかも・・・とは私も思いました。
しかーーーーーーーし!
『切腹』をリメイクするぢゃと?!しかも3Dで?!バカも休み休みにしてくれ!
上記の亀田ニュース(←コレもたいがいやが)の100倍ショックを受けたふぢをでございます。。

最後に余談。熊猫屋さんは多忙のため観てらっしゃらないと思いますが、必殺のスペシャル今月やってるでしょう?
先日、『仕事人大集合』『現代版』をチラ見したんですけど、これが意外と面白かったんですよ。
現代版では主水、勇次、秀らの子孫でカラヲケ仲間て設定にウケたし(笑)
大集合では、仕事人の緒形拳さん(知らぬ顔の半兵衛)を初めて観る事ができ感動☆
仕置人の錠(沖雅也)も出てきたし、何と殺された筈の虎まで普通に出てきたし!(爆)
相変わらずの棒なキャラに、久々に癒されました♪
うぉーー!それなら鉄と松もぉーー!と少々悶えつつも満足。
せっかくなので、明日の恐怖の大仕事もついでに観てみようかな?岡田英次さん出るみたいですし♪

明後日いよいよ影の軍団スタート!序盤だけ(ミッキー分だけ)録画しようかしら、全部はとても無理っす(汗)
2010/10/09(Sat) 19:48 | URL  | ふぢを #-[ 編集]
私も観たい!生「新感線」^^
こんばんは^^
私も舞台のナマ新感線を観たい~!と思いながらも、地方の会社員故、なかなか難しいです。
休暇とれる日は大抵観たい人が集中する日ですしねぇ。
今まで一応他の演劇では観たい!と思ったのは概ねチケット確保できているのですが、
新感線だともうひと捻り作戦立ててもはたしてとれるかどうか^^;
そんな中でのゲキ×シネはとってもありがたいですし、満足です♪
でも、生観劇に憧れます~。


ブログの件、ありがとうございます^^
先刻ちらっと拝見させていただきましたが(後でまた改めて訪問させていただきます!)
私なんかの素人駄文部屋よりお勉強になります^^
私の方こそ、相互リンクで是非お願い致します。
日頃ここでたまに毒吐いてますが、基本はシャイなので(自分で言うな)
自分から申し出るということがないものですから、
嬉しかったです。
よろしくお願い致します^^
2010/10/09(Sat) 21:03 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
こんばんは。
ありがとうございます。
早速、張りつけました。しょぼしょぼブログですが、よろしくお願いします。
2010/10/09(Sat) 21:47 | URL  | 彰吾 #-[ 編集]
ビバ!新感線♪
ほんっと、2000円でお土産まで持たせてもらった感が。
いや、わるいねお土産まで(笑)。

作り手も演じる方も内側からなんかみなぎってる感じがして、
こちらもぐいぐいっと引き込まれちゃうんですよね。
多少役者さん側に不足があったとしても、それを補うにあまりあるって感じがビシバシしました。
堺さんね、一番の殺し屋というには線は細いし、殺陣もちょこっとアレなとこがあったけど、
この人・・・・笑顔の設定の中の真顔と、笑顔の目が実は笑ってないのが恐かった(笑)。
ああいう静のタイプがやらかすと恐いぜな雰囲気は充分だったかと。

太一君の殺陣はそういう経緯だったのですか(・▽・)
テレビで彼の(大衆演劇の女形としての)舞を観た時は、綺麗なんだけどさほどくるものはなかったのですが、
今回のあの立ち回りはアッパレ!で、
「おおおおぅ!やり直しがきかない舞台であの動きはっ!( ̄□ ̄;)!」と、
ちと見直したっす。
(そういう意味では他の方たちも凄かったですけど^^)
ゆくゆくはまた時代劇にきてちょーだいと(笑)

個人的には、もちろん主役の上川さんにもぐぐっと引きこまれて、圧巻の演技でしたが、
(上川さんはキャラメルボックスの舞台で拝見したことがあるけれど、舞台の方がなんか生き生きしているし、そっちの方がずっと素敵に見えるのは気のせい?)
稀道活役の橋本じゅんさんの、隈取だけぢゃない(笑)存在感
(彼が死ぬ覚悟ができてから後の展開で、誰が・何が正しいのか色々考えさせられましたねー)
あと、個人的にほのぼのキャラながらも悲哀があって、決して馬鹿ではない鳳来国の大王役の右近さんが結構好きでしたわ。
ん~キャラがちゃんと立っていた人ばかりなんで、みんな素敵なんですけどね^^
稲盛いずみさんの薄幸そうなたたずまいと今回の美古都役もぴったりだったし。

何よりも、あの登場人物たちの行動のひとつひとつが余韻に残るんですよね。
終わってからも、何が正しかったのか?あの行動でよかったのか?向かわざるをえなかったのか?などなど、
受け手に考える余白がいい感じであるのが良い作品だなぁ~と。
丸投げでたちの悪い意味の余白もありますけど、これは良い意味の余白で、
悲劇だけど後味良い作品でしたわ。
次のゲキ×シネは来年の夏のようですが、無理して時間作っても観てやるぅ!と、
楽しみですわ~♪
--------------------------------------------------------------
あ・・・・ふぢをさんって私よりかなり懐広いから「十三人の刺客」はOKかしら?と思ってたのですけど(笑)。
伊勢谷さんの最後って、あれ不死身の男?生き返ったの?幻?(爆)と
未だに「?????」なんだけど、あれどう思うかしら?
リアルを出すわりに、ところどころ全くその逆の方向行っているので、
結局何なのさと言いたいのもあった熊猫屋でし。
「今時のアクション映画」としてはいいかもしれないんだけど、
時代劇としての大切な何かを置いてきてできちゃった作品に見えるんだよね^^;
そこんとこが私が「気に入らねぇ」と感覚的に思っちゃったとこなんですが、
ふぢをさんもツッコミどこがありましたか^^;


--------------------------------------------------------------
「仕事人大集合」の方は録画したかなぁ。
「現代版」は観てない^^;
大集合の方、ええええっ!!!虎ぁ!?虎出てたの!!(←反応するとこそこか!)
しかも仕置人の代表で出るのが虎とはっ(笑・鉄や松っつぁんぢゃないのかよ!)
でも、虎好きぢゃー!その棒読みもあなただけはOK♪
オールスター必殺かと思ったのですが@大集合
なんか風向きがちょいと違いそうですね(わはは)でも楽しそう!
(録画ひっぱりだすかぁ♪)

「影の軍団」ね、時専の番宣を見ると面白そうなので、
録画したい衝動にもかられるのですが、
これ以上はヤバイという天の声(笑)でぐっとこらえ。
でもほんと単純に楽しそうよね、JACな作品だし!
喧嘩屋右近が第2シリーズが終わったら、第3シリーズの録画をやめて(杉様の奥様役が変わるんで)
これチラ観ようかなぁ~迷う~(笑)。
2010/10/09(Sat) 21:56 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可