映画「十三人の刺客」観た
2010年09月30日 (木) | 編集 |
一言感想
俳優さん:皆さんお疲れ様でした。思ったより演技は良かったと思ってます
監督:ダメ出ししたいとこが山盛り

全体:時代劇っていうより、任侠映画(ヤクザもの)に近いなーって思った(元祖の東映版とも意味合いは違う)
評価高いのが私には正直理解できない
前半の画面の美術的陰影の演出は良いと思う
が、リアルを演出ったって、やりすぎというか、ああいう露骨さはある意味「時代劇」ではないと思う(四肢切断の女もあるけど、色々)
見せりゃいいってものじゃない
観ながら「無粋だなぁ~」って感じた
時代劇のバイオレンスでもやり方によるんでないかな
この映画はとにかく「無粋」
露骨に見せないでも、残酷さを示す表現があるのにね
あと、いくら「娯楽時代劇」でも、何かしらあとに残る余韻があるものだけど、この映画、やっていることは派手なので一見「スゲー」って見えるけど、残らない
びっくりするほど残らない
東映元祖版は、演出面で余韻が残って、心に渇いたものが流れたけど、三池版は残らなかったなぁ
これぞ時代劇なんて言われたら、正直時代劇ファンの私は、すんごく困惑します

俳優さんは大体良い方多かっただけに(頑張ってらしたと思う)、
演出にすごく不満の熊猫屋です
細かいことは後日

追記1:無粋と言えば、冒頭の原爆云々の言葉はいらない

追記2:火だるまの牛の場面、一瞬中華映画の「PROMISE」(私的駄作映画の一つ)を何故か思い出した……露骨なCGのせいかも(笑)

追記3:丸太じゃなくて爆破かよーと

追記4:仇討ちされる側の人数、三池版増量しすぎ(笑)。あれで逆にリアリティがなくなった気がする

色々あるのでまた改めて
あ、今日はレディースデイだったのよ
レディースデイにこの映画、人少ないだろうなーと思ったら案の定
(やはし女性はダメか
逆に、お涙映画の時はメンズデイに行くと空いていて快適?と思っちゃいました

---------------------------------------------------------
(いろいろ感想)箇条書きですまない^^; 10月3日加筆

◎最近の時代劇は画面がはっきりしすぎているのが多すぎるなか、蝋燭等を用いて全般的に薄暗くしているところがよかった。そのせいもあってか、陰影のある画面構成ができていて、その点は好きです。

△お歯黒女が出てくるのはいいのだけど、既婚者全部というわけではなかったような?

×××四肢切断女が出てくるグロさはやりすぎ。時代劇ってグロ描写があることがあってもある一線があるように思うのだけど、これはそれを超えていると思う^^;
三池監督作品の中では抑え気味だとは思うけれども、
「あ~あ、やっちまった・・・・」と正直な感想。
そこまで露骨にやんなくても残忍さは表現できると思うのね。

×切腹の時の、グチョっとした音が個人的に嫌でした(これは私的感想)

<役者さんは総じて元映画と比べることもなく、単純に良かったか否かで見てます>
○役所さんが始め千恵蔵御大の役をやると知った時はどうなるんかと思ったけど、あれはあれでとても良かった。
ラストのバカ殿を斬る直前の「○○のため・・・」の台詞がちょっと長すぎと思ったけど、これは役者さんの話じゃないし。統率者としてはキリリとして好き。
ちょっと現代っぽい感じもしましたが(笑)

○私は時代劇の松方さんは、いつもは何か時代劇というよりヤ○ザ映画の親分みたいな感じがして、その演技のクドさが好きではないのですが(近衛十四郎さんの血としては弟の目黒さんの方がずっと好き)、
この映画はめっさ男臭い故に丁度良かった。
内容自体「集団抗争時代劇」だから時代劇とヤ○ザ映画の間のせいもあったと思うけれども、いつもよりちょっと内側で抑え気味?な演技も○でしたし。
いい感じで締めていらしたと思います。

○市村さんというと、現代劇や海外ものの舞台でおなじみなだけに(私も何回も拝見してます)
「えええ!!時代劇ぃ!?」と思ったけど、以外とはまってました(月代剃った鬘も似合ってたし)。
バカ殿の挑発するような台詞にも「間」をもってその複雑さを表現するウマさはやっぱり役者さんだなぁと。

○派手な立ち回りの人達の中にあって地味なんだけど、小倉庄次郎役の窪田君はうまかった。
実践で人を斬ったことが無いものが、初めて斬った時の表情といい、侍として・そして若さのまっすぐさといい、
地味だけど印象に残ってる。最後、不意をつかれて刺された瞬間まで○。
やっぱり若い子の中ではうまいわ。

○新六郎役の山田君もいい。元映画では里見浩太朗さんで、あちらはもっとお坊ちゃんぽい感じだったのですが、
心が乾いた感じの若者を演じる、山田君の新六郎もよかった。

○平幹二朗さんはさすがですねーあの重厚感!めっさ好き!お年をめされたなぁとも感じましたがまだまだいけるっ!元映画の丹波さんより好きかも(笑)

○ナマ歌舞伎の時は散々言ってしまった幸四郎さんですが(すみません^^;)、この映画での牧野靭負の息子夫婦を殺された者が生き恥をさらしてまで、耐えて息子夫婦の無念を晴らすために耐える姿はじぃ~んときました。
思えば、弟の吉右衛門さんとは2歳違いなんで御年67歳(!!)。映画では老けメイクでしたが、そう考えるとお若い。

△伊勢谷さんの小弥太は、唯一「侍ではない」役のせいもあるけれども、ちょいとはじけすぎなのもなきにしもあらずのような^^;
あれで更に「時代劇を観ている感」がちぃーと削がれちゃったです。
でも、立ち位置が他の人と違うから難しそうな役ですよね。

○稲垣君は、スガカンさんのようなキ○○イ演技ができるのか?と思いましたが、思ったより上手でしたね。
あまり感情を出しすぎない点、どこを見ているか分からない視点も不気味さを増幅させます。
でも、めっさうまいのか?と問われると演出面でそう見える点もあり、すげーうまい!ということでは決して無いのですが、演技下手な人ばっかりだなーと思っていたSMAPの中では頭一つ出た印象はあります。
今後は是非「悪役」か「脇役」で花を咲かせて欲しいですね(それなら見てみたい)。
間違っても主役タイプではないと思う。


以下、役者さんは他もいらっしゃいましたがごめんないさい書ききれない^^;ということで
以下演出

××牛の火だるまシーンはいかにもCGでやっぱり興ざめ。
××CGで興ざめといえば、宿場を改造した仕掛けの中で、敵が近づくと木を組んだ門がガーっと閉まるシーンがいくつかありましたよね。
あれも露骨にCGな他、閉まり方が西洋アクションものの要塞ちっくで萎えたんですよね。
元映画のように最初っから塞がっている風でよかったと思う。

××伊勢谷さんと岸部一徳さんの××なシーンは・・・・あそこで笑いを入れるのも緊張感の糸が切れて興ざめでした。

××バカ殿が食事のシーンでグチャグチャにする場面がありましたけれども、
あそこまでキ○○イっぷりを表現しなくても他にやりようが・・・・・(鬱)

×敵側の参勤交代要員が途中でドーン!と増えてますけれども、あれも増やしすぎ^^;

△バカ殿が近付きたくなるような女っぷりな女優さん・・・・いたかなぁ?(笑)


××総じて、派手さでわースゲー!な印象は与えても、余韻は全く残らない。「間」の演出が少ないし、
勢いだけでガガーっといっちゃった感がある。
しゃべりすぎ!そこは役者の演技にまかせるべきでは?と思ったところもあったし、
過剰な演出も個人的には好きではない。
役者さんの演技は総じてとても良かったけれども、もう一回観るか?と問われると観ない。
いくら娯楽映画でも、もちっと残る演出が欲しかったというのが個人的感想です。


スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。昨日(9月30日)はメンズデーだったので、この映画「十三人の刺客」観ちゃいました。案の定、野郎が多かったですが、少し離れた席の夫婦連れが家でテレヒを見ているかのように一々画面に反応して言葉に出してるんで耳障りでした。きっと、家でもテレビに語りかけながら見ているんでしょうね。ああ、迷惑!
 映画のほうですが、ボクは熊猫屋さんと違い、徹底してアクションを貫いていたので「おお、すげぇー!」と感心したりして。
 13対200以上の戦闘をどう処理するのかと思っていたら弓矢に爆弾で200以上を分断する作戦に出て残り100少々と肉弾戦の展開。余韻も何もないけど最後まで楽しく観ました。
 追う方も追われる方も男優は最近にしては充実していたのですが、女性の出番はほとんどない映画とはいえ、それだからこそ「もうちょっとええ女優」おらんかったのかと、それが不足だったり^^
 この映画きっと東映が製作に噛んでるなと思っていたら、最後のタイトルで東映京都の美術部が協力し、所作指導に木谷邦臣、星野美恵子という大部屋さんが担当していたり、画面に福本清三や笹木俊志、峰蘭太郎(橋蔵のお付きだった人)が出ていたりしてましたね。
2010/10/01(Fri) 01:22 | URL  | 彰吾 #-[ 編集]
こんばんは。
彰吾さんはちょっとお先にご覧になられていたのですね^^
レディースデイの時は男女半々でしたが、観客少なかったですねー日が日なのでしょうがなかったですが、
それにもかかわらず、同一人物のおばちゃんの携帯が二度・・・・・頼むから電源切って(T_T)
(蘊蓄たれるのとか、彰吾さんも遭遇された^^;いちいち反応する人とか、お菓子の袋をバリバリガサゴソとか、↑の携帯とか、これだけ言われていてもダメな人いますよねー。私なんか隣や真後ろなど至近距離にいたら、イライラを長引かせなくないので注意しちゃうタイプなのですが、言われる前に気づいて欲しいなぁ。
歌舞伎の時もアナウンスでやるなって言っているのに、前のめりな人いましたしねぇ・・・・気持ちよく観たいんだけど)

「十三人の刺客」は、観る人によって賛否両論が分かれているみたいですね。
それはそれで色々な意見があるので「おもしろいなー」って見てますが^^
(感想によってはその人の時代劇感が垣間見えるのも面白いです)
私の場合はこう感じましたという風に後でもう少し細かい感想を書かせていただく予定ですが、
個人的には俳優さんは◎や○、演出は◎と○と×と××がゴッチャになっている感じでしょうか(笑)。
工藤版は、あとで余韻が残る作品だけど、
三池版は「何も考えるな、感じるんだ」で観ればよかったのかな(あはは)。
俳優さんは熱演でしたねー。殺陣経験者が主要メンバーにとっても少なかったので心配していたのですが、
この映画の場合はその殺陣経験が無いのが逆に生きてた感じですね。
十三人の人物を個々でちゃんと書いてないという意見もありますが、
映像の中でちょっとだけでも見せ場があればその点はこの映画の場合はいいんじゃないでしょうかね。
目の印象とか良かった俳優さんも結構いらっしゃいましたし。

女優・・・・バカ殿が襲いたくなるような女って感じぢゃなかったですね(あはははは)
ほのかな色香さえも無かったしー。
その点は同感です。
(おえん役の吹石さん、工藤版の丘さとみさん程の出番もなかったですしねぇ)

美術とか東映がからんでいたんですか!それはそれは^^
前半の屋敷等での場面の、蝋燭を使った陰影のある映像は良かったです。
工藤版のモノクロ故の秀逸さ、三池版はどんな画面構成をするかと思ったら、そこの点はうまかったと思ってます。露骨にハッキリとした色で彩られなかったのはとても気に入ってます。
あと、福本さんや峰さんは私も気が付きました♪
賭場の場面での福本さんのアップとか「あああ~~~~!!!あれは~~!!!」とかニヤニヤしちゃいましたもん(笑)
なんかもう出てくると安心の癒しになってる・・・・(爆)


個々の俳優さんがとても良かったのですが、私は二度は観ないかなぁ^^;
時代劇というより、アクション映画+ヤクザ映画風味がいっぱい入っていた感じがしたので、
いまいちついてけなかったのも否めなかったです^^;
ただでさえ集団抗争時代劇路線もあまり得意分野じゃない上に、更に斜め上にこられちゃったので(笑)

公開が終了した後、評価がどう定まるかもある意味楽しみですね。
(ワクテカ派と、拒絶派と結構割れているので)
2010/10/01(Fri) 22:15 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック