「新必殺仕事人」を観ながら、今の情勢に憤懣。
2010年09月25日 (土) | 編集 |
さっき、時専で今週から放送開始の「新必殺仕事人」の1~3話を観終わりましたわ(・▽・)
なんのかんのいいつつも
主水・おりく・秀・勇次・加代がレギュラーの一連のシリーズが好きな熊猫屋です。
特に必殺シリーズには思い入れはないんですけどね、
その場で楽しむ分にはやっぱり面白いですから。
(Ⅳで凄いことになってようが、いいよつっこみながら楽しんでいるからさ(笑))

第1話は仕事人集合と、おりく様と勇次の微妙な親子関係が明らかになる回でしたが、
知ってなおおりくを母と慕う勇次 。゜。゜(ノД`)泣ける
おりく&勇次親子と、主水たちとの緊張感ある距離感もいい。
第3話でおりく様が、勇次と似た境遇にしてしまった赤ん坊と共に単身江戸を出てしまいますが、
今後の主水たちと一人になった勇次の関係の変化が楽しみです(・▽・)
(第2話の仕置き、何気に秀と勇次のコンビネーションがあったような(笑))
それにしても、おりく様こと山田五十鈴さん、さすがの貫禄でいつ見てもかっこいい!

---------------------------------------------------------------------------
ニュースを見ると、ほんっとこたびの一連の中国にはブチ切れましたわ。
武侠は観る熊猫屋ですが、元から現代中国は嫌いだったけれども、
あそこまでやるとはね。
盗人根性猛々しいというか、あんなことしてまで勝手を通そうという態度が最低すぎる。
それに対して毅然とした行動をとらずにヘタレ対応をしてしまった民主党にも呆れてますが
(元々国民よりも思いきり中国・韓国びいきな構想を次々とあげていた党なので、中国に対して国益を守る行動はとらないだろうなとは思ってました。ガス田に対しても積極的行動をとってませんし、尖閣諸島についてもしかり。あんな国に対してビザを緩和するなんてもってのほか!)

あそこまで愚弄されると、なんかもうとことんできる限り中国産のものは買いたくないわと、
心から思いました。
今までは良いものは良いと武侠を観ていたけれども、
現在進行形で起こった出来事を見ているとほんとにそんなこと思ってられないです。
分からないものは食べたくないと、食料品は以前から避けてましたが、
今後は(全部はなかなか今の浸透ぶりだと大変だけど)なるべく目のつくものは買わないわと思いましたです。

日本の企業も、以前から中国のカントリーリスクについて言われているのに、
(実際被害にあった企業も少なからずあるというのに)
目の前の市場に惑わされて中国・中国などと言っているのもどうかと思うのだけどなぁ。
(賢い企業は他国にシフトしてるのもあるようだけど)
領土という国益がおかされているのに、はやく関係を何とかしてくれないととか言っているプライドが無い一部日本企業にも腹がたちましたが、
ほんとうに、そこまでして中国に進出するべきなのか今一度考えて欲しいなと思いましたよ。
(危機管理の意味でも、考えが甘すぎると思う)
「庇を貸して母屋を取られる」になりかねないですから。
(中国でよく進出した外国企業で中国人労働者のストがあるけれども、賃上げが主目的ではなく、別なところにあるんじゃないのと私は思ってますが、いかがでしょう?)
それにしてもN○Kのローカルニュースで、中国船の領海侵犯があった後も中国の観光客様とか中国に企業進出のネタを取り上げていてうんざり。
異常なくらい以前からそれらを賛美する報道が多かったんですよね。
(頻度としてはテレビにおける韓ドラくらい)
公共放送なのに気持ち悪すぎる。
一方でリスクについては全くとりあげてなかったので、余計にそう感じましたよ。

今回の一連の事件の対応について、野党側から国会での追究の声があがってますが、
野党にはほんと頑張っていただきたい。
国際法にのっとってやればすむことを、脅しに簡単に屈するなんて国辱ものですわ。
今後にも悪影響がでるし、ほんと民主はクズすぎる。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
新必殺仕事人
私も初回から漏れなくチェックしております♪
勇次のお色気があまりに無いもんで、始め「アレ?勇次ってあの勇次ぢゃなかったっけか?」と思ったり。
徐々にセクスィー勇次になっていくワケですな。楽しみですこと。
個人的には、やはり山田五十鈴さまがイチヲシですな。絹代さまと並ぶ、日本最高峰女優ですもの。
画面に映っているだけで、または声だけで、あの存在感!
しかし3話で旅立たれてしまっては・・・今後は見たり見なかったりになるやもしれませぬ。
スペシャルはできる限り見たいのですが、全部は難しいだろうなぁ・・・緒形拳の出てるヤツは是非見たいっ☆


中国関連ニュース、連日報道を見るたび憤死しそうになりましたよ私も。
今では怒りを通り越し、呆れ果てております。全く盗人猛々しいというか、盗人根性そのものですもんね国家全体が。謝罪と賠償を要求する泥棒に、今さらどう教育すれば良いのやら。
チャイナリスクや中華のゴキブリ気質が改めて世界に発信されたのはイイけれど・・・そんなもん昔から分かりきってることなのに★
いずれにせよ、中国に経済的に擦り寄った日本が愚かだったのですわ。

あんな巨大なだけのエセ北朝鮮とは、国交断絶してくれー!
先日、会社帰りの電車の中で、女性専用車両であることを指摘された団塊ジジィが大声で若い女の子に逆ギレしてましてね、見てて恥ずかしいったらありゃしない。
今回の報道で、中国とそのジジィが思っきし被って見えました(笑)

ふぢを的ショックな出来事はコレだけではなく、大人買いした努ちゃんDVD、4本中2本が品切れのためキャンセルに!!!何ぢゃとー!!!
よりによって、中でも超楽しみにしていた『八つ墓村』と『道頓堀川』だし★
即、アマゾンにて中古商品ポチ。その後、密林メールが来るたびドキドキです(汗)


をっ、いよいよ北の大地でも雷蔵まつり開催ですか♪
大映作品の独特な世界(大袈裟な音楽の使い方とか)、是非体験してみて下され。
『新源氏物語』では、我らがタカビー文たんを拝めます(笑)あと妖怪になる前の愛らしい玉緒たん、永田雅一の愛人女優などなど。しかし作品自体はツマランかったと記憶。
たこやき国での雷蔵まつり、今思えば夏で良かった・・・今秋は映画に歌舞伎に舞台に散財がハンパないので(滝汗)
『陸軍中野学校』『薄桜記』を観れなかったのが未だに悔しいっ★
桃太郎侍@雷蔵版があるとは、知りませんでした。声がイイので、アリかもしれませんな。ニヒルな桃太郎♪

秋から冬にかけては、何気に時代劇まつりですよね~映画も♪
先ず『十三人の刺客』、観に行きたいのですが、なかなか都合の合う時間帯分が無くて★
でも、先日東映のを観たばかりだし、何とか観に行くつもりです。
そして『桜田門外ノ変』、監督以外に惹かれるものが無く・・・熊猫屋さんのレビューお待ち申し上げ候♪
実は一番楽しみなのが『武士の家計簿』。そうそう『蛮幽鬼』も観に行きます♪
まさか堺雅人まつりがやって来るなんて、思いもしませんでした(笑)
でも『蛮幽鬼』は特別上映だから値段も高いんですよね~、てなワケで、既に2千円で前売券ゲットしましたぜ。

そうなんですよ、ヤマト主題歌・・・まぁ、韓流歌でないことだけが救いです★
そもそも、映画タイトルがアレになった時点で、主題歌もアレな感じになるんだろうと思っていました。。
映画というよりキムタクPV(特別出演:山崎努)のつもりで観に行きますです、はい。

キャラヲケもしご一緒したら、団塊世代もビックリなえげつない履歴が出来上がりそうですな~グハハハ♪
2010/09/26(Sun) 10:39 | URL  | ふぢを #-[ 編集]
思えば明治の昔より。
福沢諭吉先生の「脱亜論」はごもっともなわけで。
あれからちっとも変ってないどころか、余計に酷くなってるんですよ→日本の隣国3か国
日本人も過去からいいかげんに気づいて、その点学習しないと。
私は一応中国語(読むだけ)と韓国語(読み書き)はネット新聞読む程度はできますけれども、
政治経済歴史関連で特に知れば知る程、
「絶対関わったらヤバい国」というのがわかるんです。
こういうのに関心の薄い日本人からしたら気づきにくいかもしれませんけれども、
「まともに通じない国」ってありますから。
「話せばわかる」なんてありえませんから(そう考えるのはまだ日本人的な考えで甘い)→隣国3か国。
隣国だからって仲良くする必要は無いわけですよ。
そりゃ~ちゃんとお互いに話がまともに通じる国だったら、仲良くできるといいかもしれませんが、
相手はそういう思考の国じゃありませんで、
いい加減気づけよと私は思ってますよ。
日本がお付き合いさせていただいた方が良い国は他に沢山ありますし。
(先日、心配されたインドとのEPAが成立しましたけれども、インドといえば2007年の安倍元総理の演説が思い出されますわ。どんだけの日本人がこのこと知ってるかしら。ろくに報道もされなかったけれども、
素晴らしい演説でした→ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/19/eabe_0822.html(直りんしてないので先頭にhをつけてコピペしてねん)
私は隣国三ヶ国以外は特に嫌いな国はあんまりありません。
(最近はロシアやオーストラリアもめっちゃあやしいですけどねぇ^^;)
外国語曲も色々聴くし、映画も観る。先日もネパールカレー屋さんに行って、とっても紳士なネパール人のオーナーさんとお話して楽しかったし(笑)。
外国嫌いでは全くないんですが、あの国々だけは好きになることは無い、ありえないです。
(そういえば、中国の日本企業に対するやり方で本格的に不信感を持ったのが2006年の日本の化粧品ブランド、SK-Ⅱに対する仕打ちからでした。あれも酷かったなぁ)
何で日本が嫌いな国とわざわざ付き合わなきゃいけないのかとバカバカしいですよ。
まともに話も通じない国々だし。そういう国に下手に優しくしたらこちらが舐められるだけだし。
私はそこまでドMじゃありませんから(笑)。

それにしても、拘束されているフジタの社員さん達のことがとても心配です。

大まじめな毒話はこれくらいにして、
努さんのDVD無事入手できたかしら?(笑)
欲しいDVDが絶版ってたまにありますよね。
密林の中古販売は私もたまにお世話になってます。
オクより安いこともあるんですよねー。
(オクに入札する前に焦るな、中古屋を色々巡れと(爆))
こういう往年のものにはまると中古を漁ることが多いもんだから、
中古屋には詳しくなりました(わはは)

「大雷蔵祭」、「新源氏物語」と「薄桜記」は観られるかしら?と思ってます。
(おおおおっ!我らが文たんがっ!それは綺麗だろうなぁ~♪)
あとは時間と運次第かしら。
「蛮幽鬼」は、劇団☆新感線のを上映する「ゲキ×シネ」は二度目ですが、楽しみですぅ~♪
(ゲキ×シネの上映期間が短いんでよく逃してしまうのですよ^^;)
あ、やっぱりふぢをさんは堺雅人さん祭りでしたか!(笑)。
「武士の家計簿」のチラシを見ると、「武士が節約して何が悪い?」と書いてありますが、
下級武士なんてみんなビンボーなのはデフォですよねー。
なにはともあれ、観てよかったと思える映画だといいですよね、私も観に行きます。
「最後の忠臣蔵」は実は特別出演の仁左衛門様目当てだし、私も結構いい加減です(ふふふ)。

カラオケ・・・・最近は親の影響で時々「ちあきなおみ祭り」になり、
先日もNHKで放送された特番を録画したやつをリピートして観てましたわぁw
ちあきなおみ様はほんと女優っ!どの曲を聴いても自分の歌にしていてゾクゾクしますわ。
「矢切りの渡し」なんて細川たかししか知らなかったけれども、
彼女が歌うと本当に情景が思い浮かぶような風情があって、細川氏より数倍良いです。
歌謡曲あり、演歌あり、ジャズも歌えるしファドも歌う、こんなすごい人がいたんだなぁ~と改めて脱帽。
いや、ほんとにカラオケご一緒したらカオスな世界になるとおもいますよ(にやり)。




2010/09/27(Mon) 21:09 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック