スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 時代劇このごろ@旗本退屈男など
2010年08月10日 (火) | 編集 |
こんばんは、熊猫屋です。
何か台風が近づいているようですが、思いっきり進路コースに入ってます( ̄Д ̄;)
毎年の大切な恒例行事、お墓参りの時はせめて曇ってるだけでありますように~。
来る頃に、温帯低気圧に変わってくれるとありがたいのですが。
ひと雨ごとに、これからは気温も落ち着いてきますかね?
6月からずーっとなので、今年の暑さは充分堪能した!
もうお腹いっぱいですっ!(でも、スイカはうまい・笑)。

----------------------------------------------------------------
昨日から、時専で右太衛門御大主演のテレビ版「旗本退屈男」がはじまりましたね。
東映時代劇好きーの熊猫屋は既に何本か映画では観ておりますが、
テレビ版も存在してたとは。
ちょっと観てみましたけど、

「テレビでもやっぱり右太衛門御大ありきでした(笑)」

東映時代劇映画でもオールスターの記念版の「旗本退屈男」だろうが、
まずは右太衛門御大ありき、その土台がドーン!とあって、他もある(いる)という印象だったのですが、
テレビでもそれは変わらずです。
しかし、これは別にそれが悪いと私は言っているのではなく、
右太衛門御大のおっきな柱が「旗本退屈男」なので、
(他の時代劇スターにおける代表作の比ではない比重があると思う)
既に確固たるスタイルが出来上がっていて、その様式美にのっとって完成されているのだなぁ~
というのが熊猫屋の印象です。
それが映画だろうがテレビだろうが(舞台版もあったそうですが)変わらないのでしょうね。
そういうのも好きですよん^^
安心して観ることができますし、様式美をまた堪能するというスタンスでこちらも観ればよいと思ってますから。

ただ、右太衛門御大はやはり「映画スターなお方」なんだなとも感じました。
映画だからこそ映えるというか、右太衛門御大の場合台詞まわしを聞いていると、
(あるいは立ち回りを観ていると)
映画か・・・・あるいは舞台でより映えるような印象を受けました(大上段にかまえたような台詞回し)。
テレビ向けの、もうちょっとトーンを抑えた自然な台詞まわしでやる・・・という感じではなかったですし(テレビ版の、右太衛門御大以外の方々の台詞まわしと比べると違うことがはっきりと分かりますです)。
テレビ版もいいけれど、やはり右太衛門御大は映画だなぁ!と改めて思った次第です。
右太衛門御大の、懐広い大らかな演技好きですしね^^
それを生かすのはやっぱり映画かと!テレビの小さな箱ぢゃダメなんだ!
(どうでしょう?)

それにしても、1話で何回衣装替えするんだwというくらい、着物が様々でやっぱり派手っ!!
(はっはっは、いいぞー!(笑))
流れるような様式美のスピード系の殺陣も、テレビ版で充分に堪能できますし、
それはそれで充分に楽しませてもらってます^^

そうなると、テレビ版といえば息子の北大路さんのも気になりますね。
(番宣で観る限り、父に劣らず派手そうだが(笑))
カッと目を見開いた時の猫のような瞳が、親子で似てるなぁ~♪とにやにやしましたが、
北大路さんのも観てみようかしら?

----------------------------------------------------------------
そうそ、観たいなぁ!と思っていながらも、
ちとDVDがいいお値段なので躊躇していた1939年の千恵蔵御大主演の、ミュージカル時代劇?「鴛鴦歌合戦」9月に日本映画専門チャンネルでやるそうではないですか!
おおーっ何てラッキーな。
時専と同じで視聴料安いですしね、加入しますですよ。
来月の楽しみが増えた♪

----------------------------------------------------------------
「十三人の刺客」の試写に応募したのですが、
当たるかどうかは分からない。
当たったら行く気まんまんですが、どうかなぁ~当たって欲しい。

----------------------------------------------------------------
明日で地味に録画していた(時専)「闇を斬る!大江戸犯科帳」も終了でございます。
しかし、時専では全部で20話になってますけど、実際は22話あるそうなんですよね。
14話と最終回(←この二本が1話2時間)が抜けているのでしょうか?
----------------------------------------------------------------
「暴れん坊将軍」第1シリーズは、失敗もなく順調に録画中。
気づけば第1シリーズも4分の1以上終了してました。
平次ももうすぐ終わりますねぇ・・・・(涙)

スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
御用提灯熊猫!!!
す、スゴイ・・ソフトフォーカスで白と黒のコントラストが素敵☆夢に出てきそうですわ(笑)
両手で抱えちゃってまぁ、可愛いこと♪粋に活用して頂いて、提灯冥利に尽きますな。

本当は、熊猫柄のがま口グッズを探していたのですが・・ふぢをアンテナに引っかかる代物が見つからず。
やはり、手ぬぐいやがま口は専門店でないとダメですな。

草履の飴さんは、私もお揃いの買ったんですよ♪色違いのグリーン。
ハッキリ言って中の飴はどーでもいいんです。熊猫屋さんのがま溺愛同様、私ゃちりめん命なので(笑)
自分用に2つ目のちりめんペットボトルケース購入して満足でごぢゃります♪

フフフ・・京都に行きたくなったぢゃろう♪がま口専門店があるんでっせぇ~♪←誘惑。
私ゃ既に再訪を超熱望しております!
職場が京都だったら良かったのに・・何だって神戸なんだチクショーッ★←神戸のくせに、美味しいパン屋すら無い。

2月の京都は何気に一番ヲススメですよ~。逆に春秋の観光シーズンは絶対ヲススメできませんっ!
人出がハンパないから・・桜や紅葉どころぢゃありませんぜ。
私も泊まりで行くなら、次回は絶対冬と決めております。雪を乗っけた銀閣寺とか、見てみたいなぁ~。。

突然時代劇ネタに入りますが、熊猫屋さん『暴れん坊将軍』全部録画なさってたのですか!
私ゃ記念に2話しか録ってませんでしたわ♪
『旗本退屈男』シリーズもあるし大忙しですな~将来、時代劇DVDレンタル店でも始めてみては?闇で(笑)

北大路氏の時代劇って、実は平次を含め、まだ見た事ないんですよ。
私ん中では映画『八甲田山』や『仁義なき戦い』『華麗なる一族』等の現代作品のイメージで。
でも派手な顔立ちだから、時代劇の方が映えるでしょうね。発声も舞台向きだし・・血筋ですな~。

ところで・・千恵蔵御大主演のミュージカル時代劇って何どす???(爆)
日本映画専門チャンネルならセットされてるから観られますわ♪
歌合戦て事は、まさか千恵蔵御大が歌い踊る・・のですか?怖いもの見たさでチェックしてみます!
これも夢に出てきそうだな~(笑)

『十三人の刺客』当たるといいですね~。
東宝系でしたっけ?だったら私タダで(ポイント観賞で)観られる♪
観賞されたらレビューお願い致しやす☆

私の映画観賞記は、先週の『太陽がいっぱい』に始まり、今週京都で観た大映作品、明後日は『男と女』『ヒックとドラゴン』と大忙しですわ。
大映作品の感想はまた後日、メールにて送りつけますよってに。
人様のブログん中で、若尾文子の魅力について延々と書き綴るのも何ですからね(笑)

それではまた。
猫便到着連絡ありがとうございます。京の魅力が伝わったようで何よりでごぢゃります、グフ♪
台風で御用熊猫が吹き飛ばされぬよう、お気を付けあそばせ~☆
2010/08/12(Thu) 21:18 | URL  | ふぢを #-[ 編集]
ごめん、やり直し(笑)
BS2の「銀河鉄道999」の5夜連続大特集の最終日を観ながら、感涙の汁状態の熊猫屋でし。
先日はども!でした^^

いやいやいや、実は御用提灯熊猫失敗しまして、ケータイで撮ったらボケボケ(汗)
狙ってませんて!^^;
熊猫屋(実はパペットです・・・コッソリ)に片手で持たせたかったのですが、
もふもふの手が太すぎ!(笑)で御用提灯が持てず、あんな格好に。
あきらめきれないので、苦肉の策で近日撮り直し写真をアップ予定です。
それにしても、まるでこいつにあつらえたかのようにジャストサイズの御用提灯!
素敵なネタ提供(わはは)ありがとうございました♪

ふぢをさんはちりめん愛好家でしたか^^
それにしてもあの草履がおそろいだったとは!
かわゆい紫草履、可愛いものを入れたいなぁ~と思案中。
銭形平次(ストラップ)でも入れようかな、何か合いそうだ(笑)。
京都にがま屋が多いらしーのは、がま溺愛の熊猫屋、既に京都に行ったら行きたい店はチェック済みでして(ふふふ)
ほんっとに2月まじで行こうかしら?やっぱり2月はちょいとばかし京都は閑散期なんですね。
避暑ならぬ避寒で・・・・寺社仏閣とがまを巡る旅・・・いいなぁ♪
(休みが取れるといいんですがっ!(笑))

時代劇もオールマイティーで好きってわけではないんで、
闇DVD屋は無理ですな(笑)。
「暴れん坊将軍」は子供の頃では「大岡越前」と並んで私の心の時代劇でしたからねぇ。
「大岡越前」(実は暴れん坊将軍より好きなんだが)はあのTBSが握っているみたいなんで(苦)時専では無理っぽそうなのですが、せめて暴れん坊将軍だけでもと。
(平次並に800話以上ありますけど、全部はさすがに・・・・第6シリーズでやめとこうと思ってますよ)
北大路さんは、ここだけの話どっちかと問われると現代劇の方が存在感がバーン!とあると思うのですけれども、時代劇もなかなかいいですよん^^
ただいかんせん「銭形平次」「旗本退屈男」など連続テレビ時代劇で代表的なのって結構先人が既に金字塔打ち立ててるやつがあるので、それでいまいち抜けきらない印象もなきにしろあらずのような(熊猫屋個人感想)
でも、時代劇だと北大路さんの「明るい演技」も作品によって観ることができまして、それが案外可愛かったりもして(にやにや)。
(ソ○トバンクのお父さん犬やれるくらいの方だし・笑)
よろしかったら今何本かやってる北大路さん版の退屈男か平次でもご覧になってみて下さいまし♪
殺陣はお父上の右太衛門御大のような様式美のスピード系とは違いますよん。

「鴛鴦歌合戦」は、私もよくわからないのですが楽しい時代劇らしーんですよ。
実質千恵蔵御大より志村喬とディック・ミネが中心ということとか。
詳細はwikiにて
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B4%9B%E9%B4%A6%E6%AD%8C%E5%90%88%E6%88%A6

ふぢをさんの「若尾文子の魅力講座」楽しみにしてますよ~(わはは)
DVD入手できる作品だったら観られるかもしれませんし。
昔の日本映画(現代もの)も観たいんで、日本映画専門チャンネルはしばし加入し続けようかとも思っているとこです。
2010/08/13(Fri) 21:42 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。