スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 努さんで萌えた( ̄▽ ̄*)
2010年06月11日 (金) | 編集 |
レンタル落ちDVDを捨て値で入手成功したので、
観ましたですよ「水の旅人 侍KIDS」(1993年作品・映画)
(教えてくれたふぢをしゃん、ありがとー(笑)おかげで鉄分切れを補えそうです(爆笑))。

鉄@仕置人切れを潤してくれたどころか・・・・
ちょっと何・何これー!
つべでトレーラーを観た時から素敵な予感がしておりましたが、
数分ごとに努さん演じる侍姿の水の妖精さん♪少名彦のリアクションに萌えるっっ!
ミニな姿で・・・・

・風呂あがりをまっぱで隠れる努さん。
・クワガタを喰らう努さん。
・鴉と真剣勝負の努さん
・電動ホイッパーに危うし!の努さん。
・全身で全力で、今は懐かしスーファミのコントローラーと格闘する努さん
・リカちゃん人形の衣装を着る努さん
・回る蓄音器の上をふんどし一丁でランニングの努さん
・悟君危うしっ!で、仲良くなった鴉にぶらさがり、救出大作戦に行く努さん
(めっさ見どころその1↑)
・悟くんに勇気と心を説く努さん
・真剣勝負で鴉に勝ったものの、その斬ってしまった鴉のくちばしをこれも真剣に全身で作る努さん。
・馬に乗るようにぬこにまたがり、悟くん救出大作戦その2に行く努さん
(めっさ見どころその2↑)


なんて美味しすぎる映画なんでしょ、これ。
あまりの努さんオンパレートに熊猫屋・撃沈!(爆笑)

しかも、B級特撮臭がするのに、人と人との関係がとても丁寧に描かれていて、
不覚にも目から汁が・・・・なんて優しい・優しいお話なのだろう。
反発や反抗などがありつつも、子供も大人も何かを学んでまた向き合う。
悟くんも、お姉ちゃんも、本当はとても優しいお姉ちゃんのライバルの子も、
お父さんも、お母さんも、先生も・・・・
大人が観ても、子供が観てもいい映画だわぁ~これは。
観ている方も気持ちが優しくなれる映画。
後味もとても良い。
(いい意味で)大林宣彦監督らしくないというのもわかりましたわ(笑)。
何度もリピートしたくなるなぁ。
人との関わりをテーマにした一方で、もうひとつ少名彦は「綺麗な水でないと力が奪われる」という妖精さんで、
自然との関わりも重要なテーマ。
それが直接的・間接的に嫌味なく表現されているのもマル。

あ、そうそう少名彦が生まれ変わって若くなった少名彦が、
(六世)尾上丑之助・・・・現(五世)尾上菊之助さんだとはwww
(努さんとこれまたえらいギャップですな(笑))
まだ10代の時ですよ~♪可愛いぢゃないですかっ。

ほんと美味しすぎるし、泣けるし、ほっこりな気持ちになれるし、
素敵な映画です^^




スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
努たんはエロマンスグレー♪
こんばんにゃ~。

何と、DVD入手とは素早い!
まさかブログで記事になってるとは・・今来てビックリ(笑)
良い感じでハマられた様で何よりでごぢゃる♪

ほんと萌え萌えですよね~私ゃ更に猫ラブなもんで、まさかあんな形での共演が見られるなんて夢のようでした☆
私も少名彦を肩に乗せて旅をし、一緒に温泉に入りたいなぁ~と終始妄想覚めやらぬ作品ですわ。
ラストに関しては、実は「何でぢゃ!何でヲマエやねんっっ!!」と力いっぱい突っ込んだクチなのですが(笑)
逆に誰なら納得するんだ?と問われれば答えも無く。。
今では渋々納得した上で受け入れられるようになりやした。
しかしあの悟君、虎並みの棒読みではなかったですか?(爆)
あのトーンがかえって映画の世界観にマッチしてて良かったのですが・・その点も虎と共通してますな。
本当に心温まる素敵なB級作品ですよね。
何故放映されないんだろう?当時はされてたのだろうか。
まさか努ちゃんのリカちゃん姿が放送禁止とか・・それなら仕方あるまいが(爆)

努ちゃんの萌え作品は他に『刑務所の中』とかもオススメですねぇ。
まだDVDは入手していないのですが、『雲霧仁左衛門(@山崎努版)』の次にゲットする予定です♪

午前十時の映画祭、引続き通い中でやんす。
今週は『ある日どこかで』と本日『ローマの休日』観賞。
普段恋愛映画って殆ど観ないのですが、両作品共に目から汁が。。
今後はラフマニノフのパガニーニ聴いただけで汁が出そうです。

ジェーン・シーモアはクセのある顔だけどとても美しくて魅力的。
クリストファー・リーブは首が太過ぎて室伏か!と心の中でツッコんじまいました(笑)
ストーリー自体が既にツッコミどころ満載なのですが、んな事ぁどうでもイイと思える程のメロメロラブロマンス、たまには良いものですね。
ヘプバーンの魅力はもう言わずもがな。子猫の妖精のようでした☆ウエスト細過ぎ!
グレゴリー・ペックの表情もえがった~・・先日録画した『オーメン』もチェックせねば。←ジャンル違い過ぎ!

しかし『ローマの休日』、金曜夜の時点で既に土曜分売切れ、日曜分は1列目と2列目の半分しか残ってない程の大盛況ぶり。
私ゃ木曜0時台に予約する様にしてるので、今のところ何とか良席で観賞できております。
『ある日どこかで』は水曜に行ったのですが、8割以上入ってましたわ。
同日観た『告白』は1番大きな箱にも関わらず超満員でビックリ。
邦画が元気なのは良い事ぢゃ。
原作を上手くまとめており、キャスティングの勝利とも言える作品でした。
次のベストセラー原作モノでは・・『東京島』に期待!
何気に今一番観たいのは、『ねこタクシー』だったりするのですが(笑)

そういや存在すら忘れかけていたデアゴ(笑)、『銭形平次』来ましたか!
映画版は観た事が無いので、コレは購入させて頂きます♪
ただ、お静と八五郎がドラマと違うキャスティングなもんで想像できず。。
いかがでやんした?

これからDVDを沢山購入したいというのに、先日お上から届いた10万円近くもの金額記載の府民税通知書に顔面蒼白のふぢをより。
2010/06/12(Sat) 22:00 | URL  | ふぢを #-[ 編集]
あれで萌えるなと言われても(笑)
おばんです♪
あはははは、基本的に自分が興味持たないと動かないのですが、
どんな映画だろうと、つべでトレーラー見て、
それが運のつき。
努さんの姿に萌えてしまったので、即効入手しましたんですのよ(笑)。
鉄分切れの時に、とんでもない映画を勧めて下さいまして(爆)、
ほんと感謝です^^

ラストね、ジジイメイクをとった努さんではダメなのか!?
と、菊之助さんになったのには仰天でしたよ私も。
(あまりにもギャップが・・・・・(笑))
今までの努さんを否定するのか!?とか←おい
綺麗なお水で生き返った姿を明確に表現するのに、ああいう演出だったのでしょうけれども、
努さん好きは納得が大変ですよね(あはははは)。
悟君の役の子は、不器用っぷりがかえっていいと思います。
変に芸達者だと、かえってぶち壊しになるかな。
(ちょっと内向的な子なので)
キャスティングの妙ってほんとにあるのですね。
虎といい・・・・w
ぬこともふもふやってる努さんといい、大きなものに全力で格闘するちっちゃい努さんといい、ほんと萌えましたwww
岸部一徳さんの演じたお父さんも良かったですね。
(現実的なお母さんとの対比でも)


「雲霧仁左衛門」の努さん版って、今月までBSフジで再放送されてましたよね?
私は見てなかったのですが(も、スカパーでいっぱいいっぱいで(笑))、
雲霧仁左衛門も沢山の方が演じている作品なので、
(今月まで再放送がある、錦之介さん版の単発は時専でありますが)
努さんのこれはどういう色なのでしょうねぇ(^▽^)

順調に「午前十時の映画祭」を制覇されてますねぇ♪
私といえば休日の午前中に限って何かと入ってきて最近見動きがとれないのがいかんともしがたいですが、
こちらで「シネマの風景フェスティバル」というのを下旬に開催、
裕次郎さんや小林旭さん、三船さんそして高倉健さん(網走番外地のようです)などの映画を上映するらしーので、それにはどれか観たいでございます。
昔の邦画を上映してくれることなんてめったにないですからねぇ
(しっかし、「大雷蔵祭」は結局こちらには来てくれないのか?(泣))

平次は、まだまだ青い平次が観られます。
というか、まだ「映画スター」の余韻がガシガシ残っている頃の橋蔵さんです。
ちょっと舟木さん出すぎwとか(←ちょっと浮きぎみ)、
まぁ思うところもございますが(笑)、
結構面白かったですよ。
今のテレビシリーズ後期とは大分違いますが、
是非ぜひDVDでご覧下さいませ^^

2010/06/14(Mon) 22:15 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。