スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新・必殺仕置人#41@解散無用・・・・・見ちゃったよ。
2010年06月02日 (水) | 編集 |
ブログには書いてませんが、地味にちょこちょこ観てましたです。
まさに「見ちゃったよ」な最終回ですなぁ・・・・・・。

悲しすぎて涙も出ねぇや・・・。


それにしても、何故この回が凄いのか、実際観て実感しましたわ。
これ、観た人にしか分からないですよね。
分刻みで脳裏に刻まれるようなシーンの連続、
(/ω\*)ウゥ… (/ω-\*) チラと怖々と観る熊猫屋^^;

巳代松の拷問シーンにうううっ・・・となり、
元締・虎の元締としてのけじめの付け方と、その最後に「あー(T□T)」っとなり、
(俳優以外の人の棒読み演技って殆ど腹立つけど、この虎だけはそれがはまりまくってましたね。
棒読みだからこそ、感情的に見えることもないし、元締としての一種の得難い存在感が・・・・いやぁ・・・・この配役決めた人も凄い)
若さと未熟さ故にできない自分にもどかしさを感じている正八、
仕置人稼業故に、愛している人を助けてとは言えないことも分かっているおてい
(いやぁ・・・・巳代松といい仲というそぶりもなかったのだが(笑))、

そして・・・・
鉄ぅーーーー!!!
辰蔵への仕置きシーンから、女のそばで死に絶えるまで、
ドラマありすぎ(うううっ)
辰蔵との相打ちに近い仕置きは圧巻。
(真っ黒に焼けた鉄の手がぬっ・・・と出るところからゾクゾク)
先日亡くなられた佐藤慶さん演じる辰蔵も、キリリとしたいい悪役っぷりでしたね
(追悼も含めまして合掌)
最後まで、ほんとかっちょ良すぎですぜ鉄っつぁんはよぅ。
あの死に様は、真の女好きというか・・・・
一種鉄の美学を貫き通した最期でしたねぇ。
鉄のファンが多いのもうなずける・・・私も惚れるわww
画面にくぎ付けになりながらも、目から汁が・・・・。
努さんを見ると私も今後「鉄っつぁん」と呼びそうな
(笑・先日スカパーのCMでご出演されてて、思わず「鉄」と)。


主水、鉄同様に感情的につっぱしりそうな正八を突き放しつつも、情深い。
というか、主水がここまで「仲間のため」に行動する姿を見るというのもあんまり無い気が。
「そう、あんたの思った通りだよ諸岡さん」から、
仕置きシーンの殺陣がかっこいいぃぃ!

だめだ・・・・この回心臓に悪すぎるっっっ。
名シーンな個所がてんこ盛りで、1回観ただけでもお腹いっぱい!
(でも、きっとまたすぐリピートで観ると思う(笑))

観終わったあと、クラクラしてしまいました。
あんなに悲惨極まりないことが積み重なった後の、
いつもの主水が、主水らしいというかある意味必殺らしいというか。

音楽も主題歌も良かったなぁ。
初めて観ましたが、私も「新・必殺仕置人」大好きになりました。
さて・・・・もう1回観ようかな。
スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
同じく
呆然としてしまい、初めて観た時ゃ涙も出やしなかったっす。。
既に最終回5回リピッて涙も枯れ果てたふぢをでごぢゃります。こんばんにゃ。

ん?巳代松の仕置きシーンから始まり?と思いきや、「御用だ!」
そうか・・ここから崩壊へ向かうのか・・と。
おていと巳代松のエピソードは後付け丸出しだとは思いますが、僅かながら救いあるラストへ繋げる事ができているので、まぁ良いでしょう。
おていと正八に助けられながらの最後の巳代松仕置きシーンは、観るたび目から熱い汁が。。

鉄・・本当に最後の最後まで素敵でしたわ。
軽さ重厚さエロさ凶暴さ情け深さ・・絶妙なバランスでやんした。
「おめぇは俺達の切り札だ」と言って主水を守ろうとした姿は旧仕置人のラストを彷彿とさせ・・2回目観た時ゃ号泣でしたぜ。

「そう、あんたの思った通りだよ諸岡さん」かっちょ良かったですねぇ主水!
確かにこんなに仲間想いな主水が見られるのは、両仕置人シリーズだけでしょう。
今やってる商売人なんて、主水全然信頼されてないし(涙)
商売人は引続き正八が出てますし、時々覗き見程度にチェックしようかと思います。
でも仕置人ほどはハマれないだろうなぁ。。

鉄を喪った今、どうやって心の傷を癒そうかと思いきや。
私、努ちゃん主演の素敵DVDを持ってたわ!という事を思い出し。
『水の旅人-侍KIDS-』観賞により、ファンタジーな気分満載になれました♪
この作品ご存知でしょうか。大林作品の中ではちと異色ですけど。
何と努ちゃんが【水の妖精】役なんですよ!(爆)
現代版一寸法師と言われているように、17センチほどのミニチュア努ちゃんの侍ぶりが楽しめる、特撮臭丸出しの素敵作品なのです。
少年を救出しに行くため、カラスの脚につかまって飛んで行ったり、猫に飛び乗り馬の様に駆けて行く努ちゃん。
全身でファミコン遊びをする努ちゃん、ゴキブリを華麗に殺斬する努ちゃん、リカちゃん人形の服を着る努ちゃん、車のワイパーに挟まれキュッキュキュッキュされる努ちゃん。
見所盛り沢山でやんす。とても鉄を演った人とは思えない(笑)
やはり山崎努は素晴らしい☆☆☆改めてそう思ったふぢをなのでした。

そうそう、『リンカーン』のモロボシ・ダン動画が見たくて、色々探したのですが見つからず。。
チッ★と思いながら色々検索していたら。
森次氏、藤沢市でレストランのオーナーされてるんですってね。
【ジョリー・シャポー】という店名で、看板メニューは何と『モロボシ・ダンのハヤシライス』!(爆)
自らフライパンで腕を振るって下さる事もあるそうな。
いいなぁ~湯河原辺り遊びに行きがてら寄ってみようかしら(笑)
一緒に写真を撮ってもらった方のブログとか見たのですが、やはり若林豪によく似ている。。
ロマンスグレーってヤツですな♪

努ちゃんは何グレーだろう・・。
2010/06/05(Sat) 20:44 | URL  | ふぢを #-[ 編集]
その後、リピート3回
の熊猫屋です、こんにちは。

こんなに辛い回なのに、リピートしてしまうのは何故っ!?
というくらい食らいついてしまいましたよ。

巳代松のラスト仕置き、おていが台車に載せて一緒にやるというのがほんと泣かせましたわ・・・・(ええ、おっしゃる通り後付けわかっててもいいんです^^)
仕置き成功の瞬間、
「よかった、よかったねぇ松っつぁん!」と熊猫屋も号泣。
絶対直してあげるんだと、巳代松を台車に載せて明るく去るおていがせめてもの救いながら、泣き笑いのラストでしたねぇ・・・・(しみじみ)

>軽さ重厚さエロさ凶暴さ情け深さ・・絶妙なバランスでやんした。
↑うまいっ、同感です。
まぢ仕置人は鉄が主役だと思う。
最初の「仕置人」もチャンスがきたら是非観たいですね。
ハゲの鉄に燃えたい(笑)
『水の旅人-侍KIDS-』って何それ!?(笑・初耳です)
努さんが妖精!?妖精さんなの!?
それになんなのその努さんっ!!
萌えろとおっしゃるわけ!?(笑)。
B級特撮臭は嫌いではありません(むしろ歓迎)
ゲオに置いていないだろうか?
・・・・と困ったときのつべ。
ありましたぜ!トレーラーがっ!!!
ちょっと、何!?この努さんったらっっ!!!
か・・・・可愛えぇぇぇ~~萌えるじゃん!(爆)
磁石に刀が貼りついてモタモタするとことか、猫のしっぽを足でもふもふするとことかっ♪(萌え萌え)
本格的に来週ゲオかツタヤに行ってくるわ(笑)

森次さん、FC2でブログをやっておられるんですよね(ふふ)。
私も行ってみたいお店です♪
お歌もお歌いになるとかで、
声フェチの熊猫屋の興味をそそります(笑)。

努さんは・・・・「ロマンスグレー」とはちと違うなぁ。
ちと(いい意味で)エロっぽさがあるし(笑)。

2010/06/06(Sun) 12:22 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。