スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「弥次喜多隠密道中」朝にいいですね^^
2010年05月26日 (水) | 編集 |
時専朝/夕6時台の「弥次喜多隠密道中」ですが、
予想以上に面白い良作です。

ゲストも「おおおうっ!?」と思うような人も沢山出てくるし、
何より一応町人に身をやつして隠密活動をしているので、
武士並の派手な立ち回りが少ない弥次さんと喜多さんですが、
(ま、それでも大暴れするときゃやっちゃうんですけどね(笑))
クールを装う現実的な弥次さんと、
女の子にはてへへ♪となっちゃうお調子者だけど人情味篤い喜多さんのコンビが楽しいです。

昨日の第15話「喜多八の子守唄」はピーターがちょい出で盗賊で出てましたけど(話には深くからんでいない)、
喜多さんが思いがけず拾ってしまった赤ちゃんのために一生懸命になる姿が泣かせたですよ
。・゚・(ノД`)・゚・。
赤ちゃん(実は後にどこぞのお世継ぎと判明)が高熱を出した時には、
喜多さん役の目黒さん、お父様の近衛十四郎さんの「無法者の虎」の虎八並に医者を連れてくるために三里の道を駆けています。
(冗談抜きで、製作側って5話の十四郎さんゲスト回の川で肩車といい「無法者の虎」を観ているのではないだろうか(笑)。それにしても15話はよかったなぁ・・・・子供がらみには弱い熊猫屋でし)

今日の第16話「二人の無宿者」では、あれ?このお医者さん役の方・・・・どっかで見たことが・・・・
って、東千代之介さんじゃん!( ̄□ ̄;)!!
・・・・と、毎日驚かされます(爆)。

明日の第17話「桑名の風来坊」では品川隆二さんが出るんですよね(十四郎さんといい花山大吉コンビか(笑))

締めるところは締めるのですが、ゆる~く見られる部分も多いので朝に合っている気がします^^
(特に目黒さんの喜多さんの明るさがいい(笑)。兄上の松方さんより好きだなぁ。
尾上菊之助さんがかっちょいーのは言わずもがな)


それにしても製作側に"歌舞伎座テレビ室"とあるんですが、
これって何ですか?と気になってしょうがない。
直接歌舞伎座が関わってたんですかね?歌舞伎俳優が主役の作品がいくつかあったような。
尾上菊之助さん(現・七世菊五郎丈)の以前観た「半七捕物帳」もそうでしたよね。

---------------------------------------------------------
話は変わりますが、来月また橋蔵さんの「沓掛時次郎」が放送されるのですけれども@時専、
これは「荒木又右衛門」と比較的放送されたばかりでしたよね。
それよりもその時放送されなかった「鯉名の銀平-雪の渡り鳥」にして欲しいのだが(笑)


スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。