時代劇、観てはおりますが。
2010年05月04日 (火) | 編集 |
とりあえず新しく時専で始まった「編笠十兵衛」は観ております。
忠臣蔵を下敷きにした、将軍隠密の月森十兵衛(高橋英樹さん)が主役のテレビ時代劇です。
ミッキーさんは十兵衛を狙う刺客の舟津弥九郎を演じているのですが、
目つきがやはしただならぬ様相です(笑)。
これからのミッキーさんの活躍が楽しみでございやす。

旗本の中根正冬役で千恵蔵御大が出ていらっしゃいまして、
「御前」と呼ばれてます。
まだ若い十兵衛を抑えたりする大人の余裕な役どころ。

大友柳太朗さんは、赤穂浪士の一人である奥田孫太夫役。
あの独特の台詞回しも健在でいらっしゃいます^^
(結構出番ありますよ!)

遠藤多津朗さんが梶川与惣兵衛役で。
浅野内匠頭が吉良を斬りつけた時に取り押さえた人なんで、本日の第2話がまさにその場面。
遠藤さん、バッチリ出てました!
話がつながっている時代劇なんでついていけるか心配ですが、
非常に今後も楽しみです。
主題曲もカッコイイ!切り絵の絵も味があっていいですなぁ。
-------------------------------------------------------------
・・・・と、時代劇も観てはいるのですが、
待ちに待ったものが別口で始まってしまったので、
珍しく姉妹ブログの武侠もの《熊猫客桟》 で祭り状態になっております。

すみませぬ・・・・かつては三国志ヲタ手前だったもんで(笑)。
テレビが韓国ドラマまみれの酷い現状で、
これ以上韓国ではないがアジアものを放送しろとは全く思わないので、
日本で放送しなくても別にいいですが、
(海外ものは自力で根性で観るっ!)
なかなか見ごたえはある作りにはなってますわ→第1話の一部
少なくとも昔の日本の大映ドラマみたいな韓ドラよりは数十倍いい。
人海戦術はお家芸だし(笑)。
映像も重厚感があって、内容も三国志なんで硬派。
おやじ好き歓喜!(大笑い)。
群雄割拠し、権謀術数が交錯する世界。
様々な人物模様を見られるのが三国志の醍醐味。
問題は、これ「95話」まであるんですよ(!!)
今4話目観ていて、中国ってドラマを「毎日」2~3話ずつ一気に放送しちゃうんで、
進みが恐ろしく早いのですよね。
ネットで公式に放送しているとこでアップされてるのでゆっくり観てもいいのですが、
いつ果てるともない長さなので、どないしよかと(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック