スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 芸能花舞台 伝説の至芸・大川橋蔵(2001年)
2010年02月14日 (日) | 編集 |
今回のエントリーは、エミ様から番組映像を拝見させていただきましたものを基に感想を書かせていただきます。
エミ様、改めてこのたびはありがとうございました。
(こんな拙い感想文でございますが^^;尚、感想文を書くことにつきましては、ご提供下さったエミ様のご了解をいただいております)。

放送日はNHKアーカイブスの検索で調べましたところ、2001年6月23日に放送されたもののようですね。
橋蔵さんの踊りを堪能できて、熊猫屋大コーフン。
あの繊細な指先の動きとか、じっくり堪能。目を皿のようにしておりましたw

演目は義太夫の「海女」と「蝶の道行」でした。
「海女」はいつ踊られたものか分かりませんでしたが、「蝶の道行」昭和51年の12月歌舞伎座のですかね?昭和50年の芸能生活40周年記念公演の大阪新歌舞伎座時のとどっちかな?と思ったのですが、葛西アナが51年とおっしゃったので歌舞伎座のかな?と。

「海女」を観ていて思ったのですが、橋蔵さんの踊りって可憐ですよね。
可愛いんだこれがっ(笑)。
映像では一人で踊られてましたが、熊猫屋は橋蔵さんが踊っておられるときの手の仕草や動きが好きなんですよね。
指先まで行き届いていて、柔軟性のある動きが。
小道具の紐の扱いから、ちょっと屈む仕草なり、早着替えの細かいとことかも。

「蝶の道行」は藤間紫さんと踊られていて、橋蔵さんのお役は助国。
紫さんとの踊りは安心して観ることができますよね^^
まさにお題目とおりに蝶のように舞うお二人を堪能。

ゲストが藤間紫さんだったのですが、その言葉にいちいち
「うん、うん」と頷く熊猫屋。
「たまに会うと踊りの話ばっかりしましてね。役者と舞踊家を両立させたかったようですよ。」とか、お稽古をきちっとしていらしたとか、
「女役やるとサラッとしているのですけど、男役をやると凄く色っぽいんですよ」とか。
男役で凄い色っぽいっていうのは・・・・「蝶の道行」を観ていて感じたのですが、橋蔵さんの動きって雄々しい感じではなくて、繊細で柔らかいですよね。
手首の返しから、時代劇でも流麗だなーって思うことがよくあるけど、踊りだと尚のこと顕著に見えるのですよね。
そのせいもあるのかなぁ?(素人の私見ですけど(笑))

その他藤間紫さんのお言葉を聞いていると、ほんっとーに踊りがお好きだったんだなぁ~と改めて(T_T)
「歌舞伎俳優という誇りがありましたから、それは最後まで押し通したかったらしいですね。だから舞踊も歌舞伎でやるような舞踊。苦しくてもそれを挑戦するという」
「一番一年のうちに舞台をするのがあの方の生きがいだった」
続いて更に藤間紫さん、
「(橋蔵さんの)足がね、すごくきれいなんですよ。背が(女形として)あのくらい高いと、下半身が何となく締まんなくなるものなのですけど、橋蔵さんはそれが無いし、藤娘やっても何しても、本当に綺麗ですよ身体の線が」
足がきれ~なのは、銭形平次フリーク諸氏も御存じですよねっ!(笑)。晩年の平次観ても足が引き締まってスッとしてましたもん!あれで50代?マジですか?と。

舞踊二曲の他に、短~~い断片ですが色々な演目の「女形」がっっ(うひょ~♪)
「京鹿子娘道成寺」の白拍子花子(年代は推測だけど昭和44年?)、
「傾城音羽獅子」の傾城(艶っぽ~いっ!昭和49年?)、
「藤娘」と「手習子」は娘さんらしくて可愛い~♪
そして「鏡獅子」!!(昭和50年のかしら?獅子の精。キリッとしてかっこええっ!)

早世されたことについて藤間紫さんのお言葉に泣けた(T_T)
「私たちからは、急に消えてしまったような気がするんです。
だから少しでも橋蔵さんをみなさんに忘れていただきたくないし、橋蔵さんを今まで知らない人は、橋蔵さんはこういう人だってわかって欲しいと思いますので、私はこういう橋蔵さんを何か偲んでみたり、語ったりするようなチャンスが欲しいと思ったりするのですよね」


まさにそうなんですよね。
特にリアルタイムに映画を観ていらっしゃった世代の方々は御高齢になられてきてますし、
銭形平次リアルタイム世代も下の年齢でも中年の域になろうとし、
頼みの綱はテレビの再放送という現状。
上記のようにおっしゃって下さった紫さんも昨年鬼籍に入られましたが、
知る者、あるいは好きな人は(私達のような一般のファンも)ちょっとずつでも橋蔵さんのことを話題に出すのが後につながるのかな・・・・と思ったりもします(なるべく大勢の方が)。

こんな橋蔵さんファンのド素人で若造の私でも、ちょっとでも魅力が伝われば良いと思ってはおりますが・・・・何分、一介のド素人なので砂の中の一粒なんですけどね。文章下手でいつもいつも申し訳ないのですが。
^^;

本当に、今回は踊りといい、藤間紫さんのお言葉といい、
良いものを拝見させていただきました。
何か、ちょっと今回また熱いものがたぎってきましたわ。
エミ様、改めてありがとうございました!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。