スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 必殺仕事人Ⅳ#33勇次、悪女軍団と対決する
2009年10月28日 (水) | 編集 |
Ⅳは1983年作品で、男女雇用機会均等法の正式な制定(1985年)の二年前のようなのですが、世相とか反映されているのでしょうか?
今回の離婚させ業

あ~、今日の話、こういう
「男なんてっ!」なフェミ、同性から見てもドン引きしますわ
現代でもいますよね
私は男だろうが女だろうがそういうの大嫌いです(フェミもそうだが、逆もしかり)
お互いもちつもたれつなのにね
逆にそういう一方的な態度が摩擦を生むだけで、なんの益ももたらさない
男女云々というより前に、人間として相手にその態度どうなのよ!?と思いますですよ

なんか……今日の必殺、そういう意味でもちと結末はスカッとはしました(苦笑)


秀が離婚させ屋の様子を天井から探っていた時、嫌なもの見ちまった的な渋い顔をしていたのは気のせいか?(笑)

声高に男なんてとか、女なんてとか言う類は、
異性に対して認識と理解が足りないから出ると思うでありますが、いかが?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。