スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 お江戸紀行(平成21年夏編)其の一
2009年08月22日 (土) | 編集 |
東京から帰ってきました。
帰ってきたはいいが・・・・・・今週すでに秋に入ったかと思われた地元が暑い^^;
絶好の洗濯日和でしたわ(笑)

日差しを避けるために、今回は東京巨大地下通路を有効活用。
帝国劇場のある有楽町・日比谷方面も、歌舞伎座のある東銀座方面、それから東京駅方向まで、
歩いてみましたが直射日光対策にはいいですねぇ♪
地下でも暑かったですが(笑)

さてさて歌舞伎ですが、今回は夏の三部構成のうち、最初の一部だけを観て参りました。
・・・・・で、今の歌舞伎座では最初で最後の三階席体験ですっ。
今までは1等席や2等席でしかも1階しか体験していない中、2階飛ばしていきなり3階(笑)。
どんなとこかしら?と思ったのですが、1階ほど人がいないのでイヤホンガイドを借りるのは楽でしたね(1階の貸出のところは激混みですものね)
トイレも比較的余裕。
その分、アイスとかたいやきとかは買えるけど、売店らしい売店は無い。
服装も1階の粋で華やかな着物の紳士淑女はなく、皆さまラフな感じです。
席のゆとりは1階ほどなく、見えないとは思ってたけどここまでとは・・・・ほんっとに舞台「だけ」しか見えないのが三階席でした(笑)。
花道が見えないって結構キツイのね。展開が見えない部分が出てくるし。
しかも、前方席の人の頭が舞台を遮ることが結構多く、これはちょっと・・・・・と感じました。
値段だけのことはやはりあるものです(あはは)。

大向うさんのリアルな掛け声が拝めましたし、歌舞伎座の天井が間近に見えるわ、
舞台を上から展開を見られたのは逆に収穫です。
特に、今回の演目のうち「天保遊侠録」の廻り舞台の展開の様子がとっても面白かった。
終盤屋敷から門を出ると、表の道になっていて篭が用意されている。
それを上空から見ると舞台装置の繋がりに「へぇぇぇ~」と。
こりゃ1階では見られないわ~と、その点は良かったですね。
しかし、やはり私程度はちゃんと話の筋をつかむためにも1階で見た方が無難ですね^^;

「天保遊侠録」は世話物ですが、世話物を観ていると、
現在作られている時代劇に物足りなさを感じるなら、リアルで観るなら歌舞伎に行け!
と思います。
少なくともここには所作とかありますものね。言葉遣いも。
世話物なら別にイヤホンガイドが無くても普通に時代劇を観るように楽しめますし、
時代劇という空気を感じられるのは嬉しい。
歌舞伎がいいなぁ~♪と思えるようになったのもこういうのが一つかなぁ。
勝小吉(本作の主人公)は後悔先に立たずというか・・・・・・
後先考えずに考えるより先に手が出てしまうタイプのようで、
気付いた時には身から出た錆で、最愛の息子と離れ離れに・・・・・・・
(息子に言われた言葉がぐっさりと・・・・・・^^;;;)
小吉の言うことは正論ちゃ正論なのだけど、
その立ち回りが子供っぽいというか、知恵が回らずすぐ身体に出てしまうのね。
息子のために一生懸命なお父ちゃんではあるのだけど。
橋之助丈のそこんところの緩急ある演技がよかったなぁ。

「六歌仙容彩」は華やかな踊りでしたねぇ。三津五郎丈の変化が色々と・・・・(笑)。
僧正遍照・文屋康秀・在原業平・喜撰法師、最後は大伴黒主。
1人5役で小野小町を口説いていくのだけど、時に艶やかに、時にコミカルに、時に勇ましく、
その変化の様がそれぞれに別の色がありました。
小野小町の福助丈がすっごい綺麗だったわ~♪(舞いも優雅だし)。
三階席でこの演目見ちゃダメだと^^;花道で何かやってるんだけど見えない~とか、
踊ってる姿が前の人の頭で見えない~とか、障害ありすぎでした^^;ははは


--------------------------------------
あ~、そういえば「六歌仙容彩」といえば確か大川橋蔵さんが出演されてたことがあるはず!と、
調べましたですよ。
1946年 5月東劇(東京劇場)にて、喜撰法師を六代目が演じておられた際に法師を迎えにきた坊主の一人、所化浄念坊を演じてますね(他に二世松禄丈や、今年亡くなられた二世中村又五郎丈なども一緒に)。
おもに女形の方なんで官女あたりでも演じてなかったっけ?かと思ったのですが、坊主の方でした。
他の年も坊主が多いけど、1952年 2月の歌舞伎座で1度だけ官女やっておられますね。
女形とはいえあの官女って形相が・・・・・と思ったので(笑)、坊主の方が似合うかなぁ~と(爆)
スポンサーサイト
テーマ:伝統芸能
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。