スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 長崎犯科帳#11・真夜中の逃亡者
2009年08月18日 (火) | 編集 |
録画は前回してたけど、11話は観てなかったよ~な

阿片にまつわる闇仕事な回です
医者の立場から長崎から阿片を撲滅したい良順はイライラしっぱなし
三次はひょんなことからある娘と知り合うけど、その娘=おこうは下っ端の阿片の運び人
始めは病気の母の薬代に悪いことと知りつつ運び人をしていたが、抜けられなくなっていた
おこうは役人に追われて三次のもとに逃げ込み、そこで三次ははじめておこうが阿片の運び人と知る

--------------------
運び人はじめたきっかけもわかっているのだけど、ちょっとおこうにイラッとしたのは私だけかしら?(^_^;)
末端とはいえやってることはう~んなことで、なのに終始よい子ちゃん空気を出していたせいかもしれない
自分のことで立ち回ってばかりで誰かのために劇中動いていないせいもあるかも(人に頼ってばかり)

闇奉行の殺陣は今日も瞬殺、良順もひとつき
闇奉行より三次の回でしたかね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。