スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 テレ東金曜時代劇「刺客請負人」 第2話
2008年07月28日 (月) | 編集 |
(あらすじ<公式HPより>)
江戸市中では、“江戸源氏”とあだ名がついた美形の男児を狙う辻斬りが相次ぎ、人々は“源氏斬り”と呼び恐れていた。
ある日、刑部は「助っ人屋」の徳松から用心棒の依頼を持ちかけられる。
依頼主は、醤油問屋の主人・鍵屋清右衛門で、“江戸源氏”と評判の息子・清吉の身を案じて用心棒を依頼してきたという。
  しかし、いざ清吉に会ってみると、用心棒を断られてしまう・・・。
刑部は事件の真相を探ってゆくと、北町奉行所同心の岩切から源氏斬りがかなりの手練であることと、キツネ面を被っていたことを聞く。刑部は、なぜ美形の男児ばかりを狙うのか、犯人の動機が気になり、さらに詳しく調べてみると・・・。

---------------------------------------------------------------
今回の刺客請負人、第1シリーズより明解になってて面白い。
先週の初回視聴率が13%超え(13.4%)とテレ東作品としては高視聴率でびっくり。
(しかも「渡鬼」にも僅差ながらも上回っている)
ドラマ視聴率としても、ここんとこ現代ものも視聴率が低迷する中、
なかなか頑張っている(先週は9時台の裏に「トトロ」あったのにな(笑))。
このままたゆまずいってほしいものです(私も貢献します(笑))。

さて~第2話もなかなか面白展開で、
「美少年」がらみの事件というのにワロタですが、
脇役というか闇法師とかキャラクターのアクも強いので、楽しいです。
(道八(本田博太郎さん)のキャラ怪しすぎ(笑)。おめ、女でも男でもええんか!(爆))

刑部(村上弘明さん)はなんのかんのいっても、困ってる人には手ぇ貸しちゃうんだな。
そして自ら深みに足つっこんじゃうのだけど。
公儀を敵に回しちゃったんでしょうかね?

ねこ姐さんこと闇猫お吉(若村麻由美さん)は今回も期待を裏切らずコスプレ(笑)。
そして、ついに闇法師一味の傘下に入ることを承諾。
今回、仕事をしくじった美少年(?)のスズメちゃんを囲う・・・
いや、引きとって自分の手駒にしたらしい(笑)。
闇法師は今後どんなヤツが出てくるのかしらね?
(お頭まだ~?(爆))
しかし、今回”江戸源氏”といわれた「美少年」たち・・・・・
「どこが”美少年”でしか?」とつっこんでしまいましたが(時代劇的美形は違うよね)、
ま、そこは置いておきまして(笑)。


北町奉行所同心の岩切(山田純大さん)は、まだ疑り深い神経質なヤツにしか見えませぬが、
今後の展開で刑部らにどのように関わっていくのか?
また変化があるのか楽しみです。

心のオアシスお静ちゃん(中山忍)もいいなぁ。
清吉くんにつっこまれてアタフタする刑部もまた楽し(笑)。

「刺客請負人」→公式HP

スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。