スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日の風間版「銭形平次」#28・十手返上
2009年06月12日 (金) | 編集 |
やっぱり小料理屋はレギュラーチェンジか……おりん……いないならいないで寂しいものがありますな……って、紋三さんもいないじゃん!
( ̄□ ̄;)!!
いやー!紋三さんは渋くて密かに好きだったのにー!ガックリ

しかし、平次の隠密の駒でもあったのに、話として抜けてもいいのかな?と思ったけど、そういう突っ込みはなしですね
お桂さん(新おかみ)は普通の人なんで、橋蔵さん版のおきよちゃんみたいになるんでしょうね(お桂さんは子持ちですが田中好子さんなんで可愛らしさとしっとりとした趣が)


さて、今日はタイトル通りの展開でしたが、半分以上強引な力技でしたねぇ
弥三郎様なんて、平次に(公儀の前には)どうしようもならないことがあると諭しながら、平次が十手返上する覚悟があるとみると、
自らも乗り込んで、相手(大名)に刀の切っ先を向けるたぁ……弥三郎様ぁ~!それは脅しでは!(爆笑)
後ろの人物に前向いたまま刀をヒュッと向けるののがかっちょえぇ~
いたずらっぽさがきいた目がね、錦之介さんらしい……ん~やはり錦之介さんはそうでなくちゃね!
このドラマの中では十二分に発揮できる内容ではないので(あくまでも主役は平次です)、歯がゆいとこです


橋蔵さんが相手ならお互いを引き立たせることができるかもな、とちょっと想像しました
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。