スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 熊猫屋in江戸-其の三(橋蔵さん生誕80周年祭)
2009年05月24日 (日) | 編集 |
お待たせいたしました・・・・昨日帰宅が夜中になったので、今日は10時頃まで爆睡、その後家事をしていたらこんな時間に。

南大塚ホールでありました『大川橋蔵生誕80周年記念事業 妻が語る「よみがえる足跡」』レポです。


ううう・・・・橋蔵さんの奥様・丹羽真理子様のお話を直にうかがうことができて、
非常にうれしかったです。
ファンになって1年5カ月でこんな機会に恵まれるとは思ってなかったものですから。
行ってよかった!「花笠若衆」をスクリーンで観ることができましたし、
岩手の野村胡堂・あらえびす記念館等からお借りした橋蔵さん主演映画のポスターをたくさん観ることもできました(当日、あらえびす記念館の館長さん?も御来賓としていらっさいました)。
思った以上に贅沢なひと時でしたねぇ(*´▽`*)

当日はリアルタイムに橋蔵さんの映画時代も御存じそうな年齢の方が殆どでしたでしょうか?
だもんで、若輩者の私はこっそーり(笑)。
創造館の方のごあいさつがありましたが・・・・・超遠方のヤツはわ・・・・私のことでしょうか?
(^_^;;)はははは恥ずかしー!
本当は教室みたいなところで行う予定が、申込人数が多いのでホールになったとのこと。
何名くらいいたのでしょうか?200名弱くらいは来場者がいたのかなぁ?
とにかく沢山でした。


はじめは真理子様のお話からです。
30分くらいでしたでしょうか?
内容は橋蔵さんの生い立ちから亡くなるまでのエピソードや、
奥様とのなれそめ(*^▽^*)、
お仕事や家庭での橋蔵さんのことなどなどなど。
すでにファンは知る話が多いですけれど、さらにそれをちょっと掘り下げて奥様からの橋蔵さんをうかがうことができたのが興味深かったですねぇ。
(それにしても、橋蔵さんの几帳面さは折り紙つきだったのですな(笑))
聞けば聞くほどに、仕事も家庭もきっちりやっていた橋蔵さん像がさらに固まりましたですよ。


なんと申しますか、真理子様はとても明るい雰囲気をお持ちで、お子様以上に年下の私が申し上げるのも僭越なのですが、
とーっても可愛らしい方でいらっしゃるなぁ、と思いましたよ。
ほんわかして上品な雰囲気とか、素敵な女性だなぁと。
橋蔵さんに対する愛情もひしひしと伝わってきまして、
ユーモア交じりに楽しげにお話される姿に、聞いているこちらもほっこり笑顔になる講演でした。
真理子様、貴重なお話をありがとうございました。
(橋蔵さんが好きだった詩を最後に読んでくださいましたが、ほんとにいい詩ですねぇ。
己を振り返ってしまいましたよ)


講演の後は、「花笠若衆」のスクリーン上映です。
(あ、その前に熊猫屋は休憩時間にポスターをじーっと凝視してきました(笑)。
橋蔵さんのあの写真集も販売されてました、購入された方が何人もいらっしゃいましたよ)
今年のT-joyシネマの東映時代劇祭りには、T-joyシネマが無い地区の私にはサプライズですわ。
スクリーンで観るのも初めて!
久々に観たなぁこの作品。
男装のひばりさんが、雪姫姿で橋蔵さんとのラブラブ妄想シーンには笑いましたが
(ほかの作品でもありましたよねぇ妄想シーン(爆)。橋蔵さんは白馬王子なポジションか(笑))
橋蔵さんは助演的でも、実はこの作品は橋蔵さんが結構華やかで美味しいので好きですよ。

上映のときも真理子様は関係者席で一緒にご覧になられてました。

私は上映終了後、ちと約束があったので早々に引き揚げましたが、
ほんとに濃い内容でよかったです(ポスターは本当にサプライズだったよなぁ♪)
南大塚地域文化創造館の皆さま、ありがとうございました!
スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
熊猫屋さん、とても幸せで内容の濃いお江戸行きだったのですね!!良かった、良かった~(笑)
真理子さんは本当に素敵な優しいお人柄です。とても気遣いの方でもあります。
私も昔は雲の上だった方と、親しくお話が出来るなんて思ってもみなかった事が最近は実現しているので、幸せ一杯です。
良い世の中になったものです(笑)
機会があったら、是非お会いしたいですね!
2009/05/25(Mon) 22:12 | URL  | kuzuzakura #2jqmHG1U[ 編集]
こんにちは♪
kazuzakuraさんこんにちは♪
真理子様、本当に素敵な方で、橋蔵さんと共にファンになりますー!てくらいの熊猫屋です(笑)
ご夫婦共に陽性でいらしたのですね
奥様はご著書通りの品と明るさをお持ちの方でいらっしゃるなぁーって思いました

kazuzakuraさんといつか直で橋蔵さん話したいですー(^-^)/
橋蔵さんファンは身近にはいないもので(年齢的に私の同世代はあんまりいないだろうなぁは承知)、たまに語ることができたらなぁ~と思う時があります
2009/05/26(Tue) 06:33 | URL  | 熊猫屋 #8tclgd.Q[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。