スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日の「銭形平次」@543話・544話
2009年05月10日 (日) | 編集 |
昨日の続きで、543話と544話を。
「熊猫茶店」標準で、銭形平次関連の記事タイトルで「○○版」とつけないのは橋蔵さんの平次ですので、よろしくです(笑)。

さっき橋蔵さんの写真集でいつものように銭形平次の放送目録を確認してみましたところ、
次回土曜日の時専の放送、547話「情の墓参り」に現在朝でやってる平次役の方がゲストでご出演ですぞ(笑)。
548話「お七は殺しを見た」では後の「おきよちゃん」でレギュラーの市毛さんがゲストにっっ!(喜)


543話「妹よなぜ」

(おおざっぱすぎるあらすじ)
両親がなく、親代わりとなって妹を育ててきた十手持ちの源太。
店に奉公に出し、近いうちに嫁に出してあげるつもりが、兄の心妹知らず。
なんと、妹・おきみは寄場帰りの伝八と付きあっていて、店もやめていた。
妹は妹で、兄はおきみと結婚したいために自分は邪魔なんだと思いこんで自暴自棄状態。
そんな折、賭場を開いていた龍神組への手入れ情報が漏れ、伝八が殺されていた。

(感想)
源太役は村野武範さんです。
しかし・・・・妹はかなりのブラコンですな(´Д`;)
「お兄ちゃんさえいれば私は幸せ」状態ですからねぇ^^;
おきみさんは可哀想ともいえなくはない(ある意味八方塞での犯行ですから)
冒頭、平次とデート♪なお静さんがなんともかわゆい、ごちそうさまでーす!


544話「明日の行方」

(おおざっぱすぎるあらすじ)
両替屋の別邸の床下から、小判の入った箱と共に白骨化した死体が出現。
3年前に盗まれた金(なんと、当時の下手人捕縛は万七親分(笑))であった。
小さな布切れから平次による行方不明者の洗い出しで、死人は備前屋の前の主人と判明。

さもきち(すまん・・・・漢字忘れた)によって身請けされたおもんは、
自分が岡場所から開放されるなら誰でもよく、さもきちに対しても、そのお金の出所がどこからであることも当時は関心が無かったが、
屈託が無いさもきち心が開放されていったおもんは、次第に愛情がわいていた。
そんな矢先にさもきちが殺害される。

備前屋の今の主人は旗本・甲村家のもので、さもきちがその甲村家との関わりがあったことから、
平次は甲村釆女に照準を当てる。
そこへ、おもんが甲村家から呼び出される。
さもきちの仇を討つために呼び出しに応じるおもん。
直後に平次達がかけつけるが、おもんは既に甲村家へ。
おもんの命は・・・・!?

(感想)
さもきち君とおもんさんには、幸せほのぼの夫婦になって欲しかったですよ(T_T)
悲しいなぁ・・・・・悲しすぎる。
仇と共に、自分も死ぬつもりで甲村家に行ったおもん。
平次に諭されて泣き崩れてました。
空の下がおもんさんにとって幸多き後(のち)でありますように。
平次やお静さんでなくとも願ってしまいますよね。
スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。