スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 風間版「銭形平次」#3・人情・迷子札
2009年05月04日 (月) | 編集 |
なんのかんの言いながらも観ております

しかし、平次よりもお静さんの造形が、う~むですよねぇ
普通の田舎出身の奥さんという感じで、恋女房て感じに見えない
(そもそも「ちどり」のおかみの存在がこの版のお静さんの立ち位置をあやふやにしてるわけで)
私ならあの時代なら……ちどりのおかみはもっと普通の料理屋のおかみにもどし、勿論諜報屋はさせない
お静さんは……例えば壇ふみさんみたいなのはどうでしょう?(笑)


それから、今日の展開見ていると、「ちどり」のおかみだけでなく料理人も諜報屋まがいのことをして平次と八あわせて「チーム銭形」を形成しているのがなんか違うだろと(笑)
万七親分の存在が薄いし(ただのコメディリリーフになっている)
目明かしの直属の上司は同心なのだろうけど、同心の新三郎を飛び越えて与力の弥三郎とのやりとりが多い


八の馬面は原作に近いんだけど(笑)、突っ込みどこが多いかも


今日の弥三郎様は昼間っから酒がいいとか言って絹にたしなめられ、
酒だけじゃなく色……も指摘されてすっかり不良与力な(笑)
(しかし、錦之介さんに思うとこは何もないが、弥三郎があまり平次をいつも助太刀する言動は、話の筋としては平次が霞むんであまり良くないかも……)

キャラクターの立ち位置がいまいちなところが、この版の一番の問題点かもしれません
(キャラクターが生きていないのがいるんだよねぇ
(´・ω・`))


今日はお家騒動がらみでしたが、結果下手人は捕まんないというか、どさくさで無かったことなの?
再会めでたしめでたしだけで良いわけすか?
(´・ω・`)
うーん、ナマニエ(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。