スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 本日の駄文@まんが日本むかしばなし
2015年05月05日 (火) | 編集 |
今日の時専はほぼ朝から晩まで子供の日ということで、
「まんが日本昔ばなし」でしたね。
7月から240話分放送するらしいけど、既にDVDで出てるものの放送だけなのかしら?
この番組、子供の頃よく見ていたけれど、
可愛らしいものや、ほのぼの系もある一方で、
子供向けとは思えない、すんごくシュールだったり怖いのもあったりするのですよね。
大人になって久しい今はむしろそっちを見たいのですが(笑)。

今日の60話分一挙放送で怖い系の「おいてけ堀」のタイトルがあったので見てみたのですが、
放送36回目Bパート(1976年)の方の「おいてけ堀」で、怖さはあんまりなかった。
内容は似たようなものなのですが、798回Aパート(1991年)がBGMもおどろおどろしくて、
絵といい怖さ倍増!でそっち見せてくれよ!の熊猫屋ですが、DVDにしてくれないかしら~。

「飯降山」とか「牛鬼淵」とか、夜中に見るとちょっとトラウマもんの怖いやつとか、
見たいよー。
あとこれもちょっと怖いもの系だけど「夜中のおとむらい」の作画が独特ですんばらしいので、
こういった作画仕事が良いものも残して欲しいので、
是非ソフト化願いたいものです。
そういうのばっかりひとまとめにして大人向けに発売でもいいからっ!(笑)。

たぶん時専で放送するのは、普段時専を見ている御年配の皆さまがお孫さんに見せる用に放送するという
意図かもしれないので、無難なラインナップな気がしないでもない。

この番組をたった二人の声優さん、市原悦子さんと常田富士男さんでやっていたというのも凄いですよね。
話によって声色も自在に変化して一つの物語の中でも何役も使い分け、物語内の語りもやる。
特に市原悦子さんって老若男女全部やっていらしてましたもんね。
改めて見るとお二人のお仕事ぶりに感嘆します。
作画や声優さん等、プロのお仕事を堪能できる、素晴らしいシリーズだと思っているのですが、
音楽も何気に多彩ですよね。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。