スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 本「美雪晴れーみをつくし料理帖」(髙田郁・箸)
2014年02月23日 (日) | 編集 |

美雪晴れ―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)

待ちに待った「みをつくし料理帖」シリーズの最新刊ですわ(^○^)ノ
今回も発売日を知らず、たまたま書店で平積みになってるのに気づいたという
しかし、発売から1週間もたってなくてよかったv

今回は最近までの数巻の劇的展開はなく、
どっちかというと物語的に少しずつ周囲が動いていって地固めしつつある展開でしょうか
(伊勢屋さんの件はちと悲しかったけれど)
何よりも、一番気になっていた澪自身の未来、最後の最後でやっと道筋が見えたなぁと、
ちょっともやっとしていたところが晴れてきました。
(というか源斉先生って、どこかほわっとしているようでちゃんと人見ていて鋭いですよねぇ。
一瞬、何かのフラグ立てにも見えなくもなかったけど、気のせい気のせい・笑)
私は澪って料理を作るスタンスが料亭の一流料理人っていう姿が似合わないタイプだよなぁって、
ずっと思ってるのですが、
どうすんのかね?と気になっていたところにあの一言。
先生!それ言ってくれてさすがやっ!(笑)

一柳の旦那さんと御寮さんの件はほんっとーによかった。
御寮さんこと芳の心は種市じゃないけど、どうなの?って気になってたし。
嫁いだ後のことも、坂村堂を通じてちょいと垣間見れて
一つのことが一件落着してほっとしました
それだけに、まだ今回の中ではちょっとひっかかってる佐兵衛の扱いはどうなるのかな?と。
(佐兵衛自身の気持ちとその行く末)

澪が後々には出て行くことになる?「つるや」の後を託す料理人に、
あの人が出てくるとは。
少しだけびっくりしたけど、めっちゃいい人ぢゃないか。
何故かちょっとだけ又次も思い出しちゃったよ(涙)

鼈甲玉に対するこだわりと、四千両という途方もない、あさひ太夫こと野江の身請けのためのお金が、
澪の気持ちはとってもよく分かるのだけれども、
それは現実的なことなのか?と個人的には思うところも少しあり。

ここまで引っ張って、まだまだ解決すべき事柄があるように思うのだけど、
巻末付録の後ろの頁を見て驚愕

えええええ!!!!次巻(今年夏予定)でこのシリーズ終了!?
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!


ど・・・・どうやって終息つけるのかしら?
次で終わりなんて・・・・・。
ダラッダラやるよりは潔くてスッキリするけれども、
しかし今巻のこの状態で、一体1冊でどうやって????
「ー年後ー」っていうような飛ばしで終息しないことを祈りまするぞ^^;

巻末の「特別収録」で小松原様にお会いできたのが嬉しぅございました。
お茶屋で相模屋とのからみっていうのがいいね。
そして、食を通してかの人を想う小松原様(現:小野寺様)。

次で終わりという、
「うおーっ、私の楽しみの一つがぁぁぁ!」という気持ちもありながらも、
最終回を見届けることができる喜びもある熊猫屋でした。


スポンサーサイト
テーマ:歴史・時代小説
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/02/25(Tue) 21:25 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。