スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 連続時代劇「花のお江戸のすごい奴」(1969年)#9・怪談 呪いの櫛
2014年01月04日 (土) | 編集 |
土屋伊織(河原崎健三さん)
お妙・おその(小松みどりさん)
伊勢屋惣兵ヱ(小栗一也さん)
前島兵庫助(武藤英司さん)

ハッ・・・キャストクレジット「雑貨屋=池信一」を発見!
今日は東映chで橋蔵さんの「銭形平次」第1話があるんだぁ~♪
池さんの清吉大好きでした。
今回は正五郎が登場。又兵衛先生と交互か^^;


勘吉が一家7人が殺された伊勢屋の屋敷に潜入して、出たとひさごで話す(怪談)。
バカにする仙吉と伝助に、そこで一夜あかしたら一両出そうじゃないかと勘吉。

前島邸の前で張る男一人。
夢さんが男を見ると、男は前島の当主の駕篭がきたので斬りかかったが失敗(仇打ちか)
夢さんが事情を聞くと、前島によって父を殺されたようなものらしいですぞ。
その証拠を男は掴もうともしているのだが、
例の伊勢屋事件の直前に前島が伊勢屋に行っていたらしい。

廻船問屋の伊勢屋は前島に言われて抜け荷をしていた。
それも藩のためと思って手を貸していたのだが、
こたびの事業は別なところに落ちたのを伊勢屋は知っていて拒絶した。
割符を出せという前島。
それで一家もろともゴロツキを使って殺害したようだ。


肝試しに失敗した仙吉と伝助が、
夢さんに頼まれてまた行くハメに。
すると女の泣き声が。
ビクつく仙吉・伝助・小せん。
構わず夢さんが入っていくと、きゃー!という小せんの悲鳴。
なんと浪人どもがワラワラと出てきた。

で、本日第1回目の戦闘開始なのだが、小せんが押し入れの中から女の声を聞いて開くと、
閉じ込められていた生きた女が。
夢さんが小せんと女をかばいつつ対峙すると野郎どもは退散した。

女性は、お妙の姉の「おその」という。
一家が斬殺されたと聞いて品川からかけつけると男達に捕えられたという。
昔伊勢屋は貧乏で、おそのは品川の大きなお百姓に養女にやっていた。
伊勢屋の身代が大きくなったが、おそのの養父母のことを思うとおそのを迎え入れようとするのを伊勢屋はためらったらしい。
事件の二十日前に父がおそのを訪ねてきたが、その時には伊勢屋は自分の身の危険を感じていた。
その時おそのが父からもらった美しい櫛が形見になってしまった。
おりんがおそのをおしんちゃんの家に預ってもらったら?と提案。
しかし、皆がいた「ひさご」の店先に、先ほど夢さんと斬り合いをした連中の一人が・・・・

やべぇ・・・・伊勢屋が預けたその櫛が「割符」???

おしんがおそのの養父母に知らせに行った頃、

正五郎のところにおけいがやってきて、おそののために着物を届けた。
すると、亡き父を思い出してツライからおけいに櫛をもらって欲しいと差し出す。
おけいは預るだけよと気持ちを汲んであげる。

おしんが例の浪人連中に襲われて浚われた。
動けない正五郎に代わり、夢さんとめ組が動き出す。
自分のせいではと気がふさぐおその(伝助たち、もちっと空気よめ!^^;)

そして、め組にまで連中が押し掛け(正五郎や他の連中は留守で伝助と仙吉しかいなかった)
おそのを浚っていった。
おしんは木につながれているところを発見されたが、
おしんがのっていた駕篭におそのが入れられ浚われた。
全てはおそのを浚うための罠だったのだ。
夢さんが気づいた時はもう遅し。おそのは前島邸に。

夢さん、あの連中にはどうしようもないから伝さんたちを叱らないであげて(:ω:)

拷問にあって、おそのはうっかりおけいにあげたことを口にしてしまう。
あれは嘘だと取り繕っても・・・・遅い。
逆に本当だと教えてしまったようなもの。

おけいが襲われそうになったが、夢さんと勘吉に助けられる。
峰打ち程度に倒し、こいつらがどこに帰るか勘吉につけさせる。
やはり前島邸であった。

櫛・・・こんな最初から歯のかけた縁起の悪い櫛を娘にやるかしら?という小せんの指摘。
ハッとして夢さんが櫛の真ん中にある継ぎ目を切り離すと・・・・
「割符」が出てきた。


利用価値がなくなったおそのが斬られようとしたところ、
例の前島に仇持つ青年=土屋伊織が前島に斬りかかってきた。
勘吉を前島邸に潜入させた夢さんがのりこむ!
無事おそのと、土屋を逃がすが土屋は手負いだった。

後日、夢さんから2百両で割符を譲るという文をもらった前島が来る。
割符のために殺された人々。
5百両でどうだと前島は夢さんに持ちかけるが、
すると襖が開いて、そこには藩の大目付の工藤が一部始終を聞いていた。

前島が高笑いすると、浪人共が大挙して現れた!

刀を抜いて夢さんが戦闘開始!だが前島が短筒を取り出した!
勘吉が夢さん危ない!というと夢さん危機脱出。
短筒を勘吉と奪い合いした女が暴発した短筒で落命。

他のものを夢さんが斬っている間、
土屋が見事前島を討ち取った。


ええ~なんか逃げてる時に予感はあったんだが、
あんな短期間で土屋とおその夫婦になったんかい!!
(土屋は百姓になるらしい)

割符は燃やされ、櫛がおそのの元に返された。

おけいちゃんと小せんさんの夢さん好き好き光線がww

-----------------------------------------------------------------

今回は割とシンプル構成かな?
正五郎が若い娘さんが哀しんでいる姿にうろたえる様がかわゆい(笑)

伝さんと仙さんのコメディーリリーフがいつも以上にきいてます(爆)
スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。