スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 年末ごあいさつ他。
2013年12月30日 (月) | 編集 |
明日はちょっと更新できない可能性が高いので、今のうちにごあいさつをば。
今年は更新ペースが落ちましたが、来年もゆったりと時代劇を楽しみたいと思います。
ご訪問下さいました皆さま、ありがとうございました。
よいお年を!


本日は毎年恒例のお正月料理を仕込みながら(明日もまだ続く・・・・)
煮物とかで火の元は離れられないがぼーっとしてるのももったいないということで、
今更ながら「武士の家計簿」(映画・2010年作品)を録画できたんで観ましたよ。


この映画、ものすっごく淡々としているので評価分かれそう・・・・。
特に語り部でもある息子がメインとなってから後の部分。
私は、特にラスト近いところでは当人たちは具体的に語りはしないけれども、
息子は反発しながらも父の背中を見ていたんだなぁって思いましたけど、
足りないと思う人もいるかもしれない。
ただ、個人的に「ん?」と思ったのが、これもラスト付近で父を背負った息子が、
自分は背負われた記憶が無いと言った時に、
すぐに子供時代の「鯛じゃ鯛じゃ」という場面を回想で出せばよかったかなと感じました。
ワンテンポ遅れて出したので、その間ちょっともやもやした気分に(苦笑)。

この物語は、「劇的な人生もない」ごくごくそこいらの下級武士の物語ゆえに、
あたりまえにドラマチックな展開がないもんだと思いましたよ。
だからまぁ・・・・堺さん演じる猪山直之の両親や祖母が
あのように結局未だ借金を返済中の状況で亡くなるという不憫な事態になっても、
それが「その人の人生」なのだからと私は思ってます。
ゆえに猪山直之は算盤を持って一生を終えましたが、
それが「何もしてない」「映画的起承転結がない」とは感じません。
現に、息子は父親の背中を見ていたのですから。
しかし、特に直之・成之親子の心象模様はもちっと分かり易く描くべきだったんではと感じた部分がいくつかありましたし、佳作とまではいかないかな?^^;
私的には見終わってから静かにじんわりと思い返すような物語でしたので、
それなりに良かったですよ。

-------------------------------------------------------
新年早々から時代劇てんこ盛り!ですね。
私は今回はテレ東の新春時代劇は見送ります(キャストに新鮮味が・・・・)
NHKの正月時代劇はとりあえず見る予定。
時代劇専門chの「花のお江戸のすごい奴」の3日連続12話完全放送祭り参戦予定(笑)


連続時代劇はNHK木曜時代劇、「あさきゆめみし」の後続で、
タッキー主演の鼠小僧次郎吉題材の「鼠、江戸を疾る」が1月9日からスタート予定ですが、
私の記憶違いじゃなければタッキーのNHK時代劇出演って・・・・・
私が橋蔵さんファンになるおよびこのブログ開設のきっかけともなった「雪之丞変化」以来では?(笑)

あの時、タッキーの「雪之丞変化」が正月時代劇でNHKで放送されまして、
丁度タイムリーに長谷川一夫さんと大川橋蔵さんの「雪之丞変化」のDVDが出たんですよね。
で、タッキー版のがどうもしっくり自分の中で納まらないので上記お二人のDVDを購入しまして、
まんまとはまったと(爆笑)。
別の意味でタッキーには感謝せねばなりませぬ(きっかけなんてどこに落ちてるか分からないものですよね)

で、話戻して今回の鼠は番宣見たかぎりでは少なくとも「あさきゆめみし」よりは面白そうな気がしました。
なので見て見ますわ♪
ハッ、この時代劇に京本政樹さんの息子さん(ジャニーズJr所属)も出演してるようですよ。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです
連続ドラマ「猫侍」が最終回でした

「武士の家計簿」は録画したけど まだ観てないです

私は姑に届けないといけないから おせち料理 昨日今日と二日がかりで先程仕上げました 


赤川次郎氏の鼠シリーズ 秋田書店の雑誌で長尾文子さんが漫画化しておられて こちらも面白いです


どうぞ良いお年をお迎え下さい

記事を楽しみに毎回 拝見しております
2013/12/30(Mon) 23:20 | URL  | 夢見 #lWC87vgE[ 編集]
夢見さんへ
こちらこそ、年をまたいでしまいましたが、明けましておめでとうございます。
昨年は多数ご訪問下さいましてありがとうございました^^
おせち料理、お疲れ様でした。
慣れると毎年のことなんで順序が決まってきますけどやはり大仕事ですよね。
私は夢見さん程のことはしてないのですが、終わると達成感が(笑)

NHK木曜時代劇の今度の鼠、赤川次郎氏が原作だったのですね(知らなかったです)。
赤川次郎氏ってライトな現代もの小説のイメージがあるので、
私の中でどういうのか想像もつかないのですが、楽しみにしてます^^

「猫侍」は終盤をまだ見てないのですが、玉之丞ちゃんには萌えっぱなしです。
映画も観に行こうと思ってます。

本年もよろしくお願い致します。
2014/01/01(Wed) 15:32 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。