書籍「みをつくし料理帖 残月」髙田郁・箸
2013年06月24日 (月) | 編集 |

みをつくし料理帖 残月 (ハルキ文庫 た 19-10)


先日、久しぶりに大きな書店に足を運んだら「みをつくし料理帖」シリーズの最新刊がいつの間にっ!!
6月15日に既に出ていたらしい・・・・
怒涛の前巻と前々巻からのその後がめっちゃ気になっていたので速攻購入。
シリーズ第8作です。
(密林では今現在文庫で1位のようですの。脱線ですが今、ベストセラーランキングで小野不由美の「十二国記」シリーズの新刊が出ていることを知りました。
昔リアルタイムで文庫出ると読んでたなぁ。当時ラノベ枠で出てたけど[今は新潮の一般枠]、そうとは思えない世界観の大きさだったし。下敷きが古代中国風の世界構築っぽかったんで、中国古典小説とか好きだった私にはスルッと読めた。
でも、長いこと放置されて未完でさ・・・・うっ。もうどんな話か半分忘れ気味なんで、完結したら読む。
FSSといい、昔読んで未完のものが今更復活って、どうしろと言うんぢゃ!(笑))


もう未完で散らかすタイプの作家は追うのは疲れるからイヤだ^^;
その点、みをつくし料理帖シリーズはちゃんと出るから安心して読めますですよ。
しかし、前の「夏天の虹」で一つの大きな山場が来たので、今回はどうなるやらと。
(澪の未来としてはまだ全然進んでいないけど、小松原様や又次の件といい、とっても大きい分岐点だった)
澪自身は変わってはいないのだけど、
また今回も周囲で出会いと別れが交錯する展開でしたね。
(半ば一気に解決したものあり、わけあって離れて行く人あり・・・・)
何よりご寮さんにはほんと・・・・幸せになって欲しい(涙)。
澪は変わらないと↑に書きつつも、周囲が同じ場所に留まらない展開なので、
今後の澪の立ち回りがどうなるのかなぁ~と、読み終わったらまた次が気になってしまいます。

今回、物語と絡んで印象に残った料理は<面影膳>と海苔巻きかな。
ちょいと亡き人のことをひっぱり気味だと少し思ったけど、
でも、とてもとても大切な人が亡くなった時って、そう簡単に割り切れるものじゃないですよね。
ちょっとしたことで思い出しちゃったり。
いつまでもいつまでもくよくよするのは(生きている本人にとって)良くないけれど、
故人を折につけふっと思い出すことは、大切な事だとも思います。

このシリーズが好きなのは、決してハッピーばかりじゃなくてアンハッピーもとても多いのだけど、
心模様を丁寧に描いているから好きです。
食べ物がらみのエッセイとか大好きだからというて、決して食にだけ釣られてるわけではありませぬ(笑)。
それにしても、澪はそろそろ新たな進展(恋愛ではなくて人生)があってもいいんじゃないかなぁ?と、
読者心にちょっとやきもき^^


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
高田郁さんの このシリーズ 私も好きです
新刊 出たのですね
明日 書店に行って来よう!
情報 有り難うございます
読むペースは最近落ちましたが 読書も大好きなんです

この春夏は庭の雑草抜きから 園芸本も繰り返し読み

雑草との戦い(笑)は今も続いています

6月24日 22時から BSーTBSで「謎解き!江戸のススメ」にてー「侠客」江戸三大侠客 幡随院長兵衛 国定忠治 清水次郎長
江戸時代の賭博 他な内容だそうです

間に合うか分かりませんがー
興味ひかれましたので
2013/06/24(Mon) 21:44 | URL  | 夢見 #lWC87vgE[ 編集]
夢見さま
こんばんは^^
夢見さんもこのシリーズお好きでしたか!
澪自体は今は変わらないけど、後半に後の変化の予感を示唆する描写があったので(まだ先でしょうが)
それがどうなるか気になる・・・・でも、
それよりも今は最後の最後に出てきたところでご寮さんに幸せになって欲しいですわ。
今後進んでいくと、澪の周囲の人間模様もまだまだ変化していくのかな?と
思わずにはいられない今回でしたが、
夢見さんはどのような感想をお持ちになるでしょうか?^^

おおおうっ!せっかく有益な情報をお寄せ下さったというのに、
気づくのが翌日で遅かった・・・・(申し訳ないです)
ご覧になられましたか?
2013/06/25(Tue) 21:23 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
読みました♪
おはようございます
昨日に買ってきて読みました
感想は私のブログ「本と映画の雑談室」に入れております

もしよかったら遊びにいらしてください


うん もっと読みたい!ってのが一番の感想です
作中に入れる料理を考えるのがーずいぶん大変そうです

テレビの江戸の方はちょっと「掘り下げ」が足りないかなーと やや物足りなく感じました

平幹二郎さん主演の「幡髄院長兵衛 お待ちなせえ」とか東映映画のー

国定忠治も清水次郎長も 映画やドラマをたんと(笑)観た人間には新たに得るものはありませんでした

取っ掛かりとしてはいいかもしれないけど 彼等の魅力は説明できていませんでした
2013/06/26(Wed) 08:09 | URL  | 夢見 #lWC87vgE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可