歌舞伎座行ってきましたin2013
2013年05月27日 (月) | 編集 |
新しくなった歌舞伎座に行ってきましたよ(・▽・)

その前に、お昼は今年初うなぎ様
unagi.jpg

ちょっと早いお夕飯は歌舞伎座そばのナイルレストランでムルギーランチ
nairu.jpg
↑ご主人の有無を言わさぬ勢いでムルギーランチにさせられそうに(笑)。私は最初からこれにするつもりだったから良かったものの・・・・・


歌舞伎座裏の「鳴神」(公式)という日本茶カフェでちょっとくつろいだけど、ここはゆったりできてよかったなぁ。
また歌舞伎座行くときはここでお茶しよっと。
近くにマザーリーフが行列つくってたけど、私の居住地にもあるのでここにきてまで・・・・とふらふら~っと歩いて入ったお店だったのですが、大当たりでした。


kabukiza.jpg

表見た目はビルとは一体化してるようには見えないようにはできていたかも。
座席はほんと座り心地が良くなってました。
ゆったり~♪
お手洗いはB1の、エスカレーターから遠い方(女性用はB1は二か所ある)のが穴場かも。
階段で行き来する方なんで、健脚?の人しか利用しないのか?あまり混まないです。
(1階席から言うと1&2扉のそばにある階段からです)

幕間に、定式幕の他に色々な企業が寄贈したらしきお幕を見せてくれて綺麗だったですぞ。

B2の木挽町広場もあってお土産関係は1Fとか各所に分散された印象。
かえって分かり易くなったんで問題なし。
パッケージに歌舞伎座の名入りお菓子が沢山あったので、地方から遠征の田舎者(私)にはお土産困らなくてよかったわw

今回は、分かる演目だったので筋書だけ購入してイヤホンガイドはなしで観ました。
(筋書は今回の写真入りになってました^^)

第三部だけ観てきました。
「梶原平三誉石切」と「京鹿子娘二人道成寺」です。

私の本命、「梶原平三誉石切」・・・・・良かった!ほんとに観て良かったよ。
なんて言ったらいいんだろ・・・・ずぶの素人の私が言うのもすごく変なのだけど、
吉右衛門さん(梶原平三景時役)の台詞の運びが心地好く、流れに乗るように出てくる様が素敵でのぅ。
今回はそこにくらりときた熊猫屋です(長い台詞である程、そこにもぅ惚れる)。
それと、こう言うのも何ですけど、今回更にかっちょ良く見えた!(笑)
キリリと締める時は締め、ユーモアを交えた仕草といいノリが良くて、泣かせてもくれるし、
くそぅ・・・・今回もやられたわ。
(丁度今回は二等席の花道に近いところに陣取って観ていたので、眼福です・爆)
六郎太夫役の歌六さん、娘のために命までも投げ出さんとする父親を好演。
死を決意して、自分を試し斬りにと身を差し出すのだけど、
その必死な様がまた涙腺を刺激して・・・るる~
何気に、娘の梢役の芝雀さんが倒れている姿が娘さんらしいきれいな倒れ方をしているなぁとチラ見(どこ見てるんだ・笑)
罪人の剣菱呑助役の彌十郎さんには大爆笑させられ(歌舞伎座の話題をも取り入れた、悲惨な場面直前なのにその風貌といいリアクションといいかっとばしておられました)
大庭三郎景親役の菊五郎さんは、要所をピシッと締めておられ、
俣野五郎景久役の又五郎さんのドシッとした安定感に心地好さを感じ、
いい舞台だったなぁ~♪と大満足でした。
役者さん個々にメリハリがあって、適材適所で安心して観られるというか・・・・
巡業からお帰りになったらまた播磨屋の皆さんを見たいですっっ!


「京鹿子娘二人道成寺」は玉三郎さんと菊之助さん。
妙齢の御婦人の皆さまのお目当てはこちらなんですかね?(笑)、
白拍子のお二人が出てくると、はぁ~(ため息)とか、きれいねぇ~とか、あっちこっちで見受けられ、
奥様方のリアクションがいちいち面白かったですわ^^;
私は逆にそんな周囲とは別に、本命とかではないんで冷静に舞台全体を観るのを楽しみましたが、
確かにきれいだわ(ははは)。
さまざまな衣装や小道具で目にも鮮やかに楽しませてくれるし^^
所化(数えたら全部で22人いたような気が)のこれまた歌舞伎座開場ネタも含めたやりとりも笑わせてくれ、
こちらも良かったですよ。
これは単純に私の個人的好みなのだけど(舞踊関連もド素人見なので)、
どっちかというと菊之助さんの方が私の好みかしら。
細かく理由を書くのはここでは控えますが、将来どんな女形になるのか楽しみでしたよ^^
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いいですねぇ♪
行かれたのですね

昨夜の嵐の番組でも歌舞伎座を案内

ここんとこ はまってしまって歌舞伎案内本 何冊か続けて読みました

面白いですね 歌舞伎
2013/06/02(Sun) 21:35 | URL  | 夢見 #lWC87vgE[ 編集]
夢見さんへ
お久しぶりでございます^^
ブログ放置していたので遅くなって申し訳ございません。
行っちゃいました歌舞伎座(笑)
実は、チケットの高さに昨年終わりくらいまでどうしようかと迷っていたのですが、
運よく希望日&演目で1階二等席(私はこの場所のこの席種付近が全体見渡せて一番好き)がとれたので、
行っちゃいました。
地方在住なので生歌舞伎はあまり頻繁に見ることができないものですから。
なんかも~見てしまったら秋また行っちゃおうかなぁ~なんという気持ちに。
その吸引力がコワイです(^^;)
夢見さんも歌舞伎お好きでいらっしゃるのですか?
歌舞伎の本も読んでいると色々知らないことを「おおっ!」と吸収できて楽しいですよね。
私もしばしは衛星劇場の歌舞伎でがまん、がまん。
5年前まではこんなんなるとは思わなかったですわ。
2013/06/08(Sat) 20:18 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可