スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今期の連続時代劇「大奥」と「猿飛三世」第1話を観て。
2012年10月15日 (月) | 編集 |
録画してあった「大奥」(TBS)と「猿飛三世」(BSプレミアム)を遅まきながら観ました。

まず「大奥」ですが、
私はよしながふみの原作を読んでいないので、
そのあたりの整合性とかは皆目わからないのですが、
単純に観て思ったよりかなり良かったです。
あ!そういえば映画の「大奥」は鑑賞済みなのですが、
それよりもドロっとした雰囲気があって、今後はどうなるか分かりませんが、
映画より好きになりそうっ!と思いました。
(映画の方はさらっと観たのですが、特段思うところはなかったもんで)

キャストもおおむね良かったのですが、
特に春日局を演じた麻生祐未さんっ!
朝ドラの「カーネーション」の時の、ぽやん♪とした母ちゃんを演じたらっさった時も、
「この人・・・空気を掴むのうまいなぁ」と観ていたのですが、
今回の春日局はポイント、ポイントで眼の表情とかね、纏う雰囲気まで
怜悧さがピーンと張っていてコワイコワイ。
しかも演技が大袈裟じゃないの。そこがいい。
春日局ドーン!な雰囲気じゃなしに、内側から策士な雰囲気がにじみ出てましたよ。
麻生さんって巧いんだなぁ・・・と、好きな女優さんになりましたですよ。

有功役の堺さんも、どうなるかなぁ?と正直半々の気持ちで見ていたのですが、
僧籍を捨てなくてはいけない事態に追いつめられていくにつれ、
それまでは上品な雰囲気を全体に纏っていたのですけれども、
(こんな品の良い雰囲気を出せる人はそう多くないんで、感服です(笑))
遊女と共にしなくてはならなかった時のあの涙のシーンとか、
その後の玉栄と対峙した時のシーンとかね、
感情を押し殺した場面でじわじわ。
今後が楽しみざんす。
(あと玉栄役の田中君も、有功についていくことを決心した時とかぐっときましたよ。
思わず目汁が・・・・)

女優としてはとても好きなんだが、多部ちゃん@家光が役にあってるんだろうかこれ?と、
多少不安要素もありながらも、
男女逆転ものだけど、ことさらに浮いた感じもなく、
ほどよくまとまってました。
第2話以降期待!
---------------------------------------------------------
「猿飛三世」は、

アクション監修で谷垣健治さんの名を見つけた時、
こ・・・・これは案外本気節?とか
ナレーションに千葉ちゃんがwwとか、
実は笑って楽しんでました。

というのも、この「猿飛三世」観てて思ったのですが、
昔の東映黄金期の子供向け時代劇映画のよーなノリにも感じたのですよ。
結構ツッコミどこがあって、正統派時代劇からはかけ離れてるんだけど、なんか楽しー♪という(笑)。
活劇ちっくで、
「なんぞこれww」な雰囲気満タンなんだけど、
なんかもーやれるもんならやっちまいなな気持ちに(爆)
(私ゃ佐助よりも伴蔵の風体の方が笑えたんだけど、どう?)

そういや昔の時代劇でもトンデモ映画って結構ありましたもんね。
よくよく考えたら「新諸国物語」とか、東映黄金期の時代劇映画でも設定がワハハなのいっぱいあったじゃないですか。
今回は、今時の雰囲気をガッツリ持ち込みながらも、
活劇要素ありな作品に感じました。
ちぃーと動き(殺陣)が武侠ちっくにも見えなくもないですが、
今回の場合は許容範囲かな(作風が作風なんで←ちょっと漫画的)
思いがけず、柳葉さんの徳三郎の(内の)黒っぽさがかっこえぇ(笑)
お市の水川あさみが、また割と気が強い役とかなのかなぁ?と思ったら、
意外と(失礼)とっても可愛い表情を見せてくれたりと、収穫(´▽`*)

たった8回なので、どう起承転結をつけるか今後の展開次第なのですが、
現段階でスルッと観られるので期待。
あ~この作品は深く考えないで見た方がいいかなと思った熊猫屋です(・▽・)
スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。