テレビ時代劇「剣客商売」(2012年・北大路版)
2012年08月26日 (日) | 編集 |
久しぶりに北大路さんが秋山小兵衛で「剣客商売」が製作されたとのことで、
録画して鑑賞しました。
(放送日は2012年8月24日)

お話の内容は、単発ですけれども3つ分くらいを所々拾ってつなげて再構築した感じ?
(三冬が狙われる話が一番メインだったようですが、道場の四天王だとかそういう部分は明確に触れて無かった気がします)。

内容自体は、過去の「剣客商売」でもやっていることなので置いておいて(え?)
各キャストで少し・・・・

北大路さん(秋山小兵衛)
どっちかというと「銭形平次」や「旗本退屈男」で見られたちょい明るいキャラ系。
(北大路さんの)年齢的に、ちと重さが出すぎてる感じはするけれども、
まぁ・・・・・まぁ・・・・な印象。
もちっと内側から(おはると夫婦になっても違和感ないくらいの)そこはかとない色気と、飄々とした雰囲気というか、いい意味での軽さがあるともっと良いのですが。
でも、藤田さんの小兵衛よりは私は好きかな。


斎藤工さん(大治郎)
ぬ~~~~~~~ん・・・・今回の配役で一番しっくりこなかった。
試合で出てきた時「わっ・・・細っっ!」と強そうに見えなかったのはともかくとして、
全体的に「クソ真面目ながらも芯がズンっと通った感」が欲しいけど全然足りなくて、
ただの朴念仁っぽいところが前面に出ちゃって(悪く言うと少々アホっぽい)、
役に合ってないんじゃないか?と。
武家より町人の方が似合いそうな人だと感じましたわ。


杏ちゃん(三冬)
寺島しのぶさんよりは三冬に合ってる気がしました(見た目とか・笑)。
ただ、口先でしゃべってるのでもっと腹から声出して欲しいな。
口先で話すといかにも現代っ子なので、
女武芸者としての凛とした雰囲気を出すためにも腹から声出して欲しい(かといって頑張りすぎた話し方にはならぬよう)。
理想は山形勲さん版の音無美紀子さんなのだけど、
そこまで行かないまでも、もうちょっと話し方と武芸者ながらも上品さが出るといいなぁと感じました。
改善点はあるけれども、演じ方によっては悪くないかな。


貫地谷しほりさん(おはる)
良かった。小兵衛さんにデレッとなるとことかめっちゃ可愛い(笑)。
なんだかんだいってやっぱりうまいなぁ。


神保さん(一橋治済役)の安心の悪役クォリティや、
飯田平助役の斉藤暁さんの演技には泣かされるわ(脇だけど実は演技が一番良く見えた)、
田沼役の國村さんも安定。
肥後守役で西田さんも出演されてましたし♪


全般的にははしょった再構築ながらも、結構見易かったですし、
↑でああも言ってますけれども楽しめました。
もし、連続ものにするんなら最初からやって欲しいですわ(笑)。
(その場合は若干キャスト変えて欲しいけれども)





スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可