テレビ時代劇「清水次郎長」#1と#2
2012年08月05日 (日) | 編集 |
はじまりましたねー無我さん版「清水次郎長」@時専。
52話もどうやってつなげるのだ?という疑問が若干ありながらも、
思ったよりいい感じ♪キャストが個性的でなかなかひきつけられる仕様になっておりました
(・▽・)

第1話

この回はのっけの石松(あおい輝彦さん)と、鬼吉(田辺靖彦さん)が早速
「自分の方が(上っ!または強い!)」と張ってるところから楽しいです。
まだこの回は長五郎(無我さん)は米屋の長五郎であって、親分ではありません。
これから一家が徐々に集まっていくようです。

お蝶(梓英子さん)と弟の仙右衛門(太田博之さん)が鬼瓦一家に因縁つけられて危うし!
長五郎は母に止められていることもわきまえて、
助けにいくものの手は出さずに受け身で殴られ蹴られる。

一方、鬼瓦一家は一帯でも幅をきかせてやりたい放題。
お蝶の実家の増川与左右衛門ら料亭の主らも困っていた。
鬼瓦は代官ともつながっていて、手立てもみつからない。
怪我をした仙右衛門をともなってお蝶と長五郎が戻ってきたが、
長五郎は(反撃して)力と力では解決しないという。

石松は鬼瓦一家に草鞋を脱ぐが、そこには既に鬼吉が(笑)

母の待つ自宅に入るのを躊躇していた長五郎を僧(佐野周二さん)が見て、
「惜しいことぢゃ。骨相といい目の色といい、若いに似ずなかなかの器量だが惜しいのぅ。
その若さで見仏に帰依せよといっても無駄だのう。やりたいことをやりなされ。
一生を一年で生きることだ」と突然言って去ろうとする。
「顔に死相が出ておる。あんたの寿命はあと1年ぢゃ!」っていきなりおいおい^^;
↑この坊主のせいで長五郎の行く先が変わって波乱に^^;

夫婦になる予定だったお蝶との婚約も放棄してお蝶を泣かせ~♪
酒場で呑んだくれ。
すると、鬼瓦一家と石松と鬼吉が入ってくる。
俺が酒代払うわ~とか男の器量を見せようとする石松&鬼吉だったが、
鬼瓦一家の男は酒場の主を脅してタダ酒を呑むことこそ<是(ぜ)>らしい。
鬼瓦一家のその男は長五郎に水をかけてひやかし、長五郎はうっかり手を出しそうになるが、酒場の主が押しとどめる。

今のうちに親と縁を切った方がとかいきなり厭世的にどっぷりな長五郎
(坊主に言われたくらいでおめさんはよー^^;)

曲がったことが大嫌いな石松&鬼吉は、ブチ切れて鬼瓦一家と喧嘩して酒場を追いだす。
主のはからいで、その日はそこで呑むことに。

鬼瓦一家に客できてる黒駒勝蔵(露口茂さん)のキャラが黒いっ!!黒いわっ!
「ふへへへははははは」と笑う声と顔がコワイです^^;←宿敵参上!

酔った石松が目を覚ますとオヤジが首くくってるっ!(くくらされたんだろう)
おまけに店に火ぃつけられたっ!!!
(まぁ鬼瓦なんだろな)
火はまたたくまに町に広がって行く。

火を最初にみたということで、石松がしょっぴかれた(鬼瓦の佐吉なのにっ!代官もグルでもうぅ~)
長五郎は町のひとたちのために米蔵をあけてくばる。
いい役を先に越された鬼瓦は代官所を通じて長五郎を呼び出し、
勝手にコメを配ったと100たたきにあう(ひでぇ)

僧に言われたことを話し、母親に好きにさせてくれと長五郎が向かうは
「伊藤政五郎」の道場
(キャー♪大政(大木実さん)かっこえぇ!!(≧▽≦))
粘りに粘って大政に会うが、10日で人殺しの方法をという長五郎に「たわけ者!」と大政。
しかし、長五郎の真剣さを見て、覚悟を聞いて大政は長五郎をしごくことに。
槍の使い手である政五郎、容赦なし。
(教え方がめっちゃ実践的でおもしろい)
晴れて10日で完成、あとは運と度胸だと政五郎。

お蝶と母親に別れを告げ、代官所に行く長五郎。
桶をかかえた鬼吉や、政五郎も合流して助太刀に入る。
捕えられてた石松も救出し、
代官のところに攻め入る。
(都合の良いことに鬼瓦もいたー)
長五郎、鬼瓦刺殺に成功
(無我しゃん、動きはやはしへっぽこだけど、ドスなんでまだ大丈夫・笑)

長五郎は清水を離れて逃げることに。
政五郎も一緒に行ってくれるらしい。
お尋ね者の息子なので、びくびくするくらいなら一緒に行くと母親と、
石松と鬼吉もついてくることに♪

増川左右衛門、娘のお蝶が長五郎の元に行くのを止めず、自分の財布を娘の足元にそっと投げてやる姿に泣ける。
お蝶と仙右衛門は長五郎を追っていった。
(桶にいれられた長五郎の母親の図が笑える)



第2話

子分志願の石松と鬼吉だが、長五郎はまだうんと言わない。
茶屋で休んでいると、みずぼらしいなりの坊主が食えずにいる。
男は法印大五郎(南利明さん)。
長五郎に金をめぐんでもらって大感激の大五郎は子分にしてもらおうとつきまとう。
(警戒する政五郎)

一方、三五郎(近藤正臣さん)という男がお蝶姉弟につきまとう。
が、お蝶が癪をおこして三五郎は介抱するはめに。

一方、目指した大前田英五郎のところにたどりついた長五郎ら。
現れた英五郎(天知茂さん)は、政五郎から受けている恩、そして鬼瓦一家のことも耳に入っており、
何年でもいてくださいと温かくむかえる
(やっぱり天知さん、背筋がピンとしていてかっこえぇなぁ^^)

ひぃ~大前田英五郎のとこに「また」客人がきたがいいが、黒駒勝蔵が!!
うっかりドスかかえようとする石松・鬼吉・大五郎らをやわらかく諌める英五郎の妹・おしのさん。
おしのさんは長五郎に惚れているようだ。

やはし・・・・黒駒のやろうは鬼瓦と・・・・!!
でも今はここではまずいと鬼瓦は庭から鬼瓦一家を去らせる。
ガッツリ寝ている長五郎を見て、肝が据わった人だと英五郎と政五郎。
英五郎はわかっていた・・・・おしのの恋は片恋だと。

鬼吉と石松と大五郎のかけあいは一服の笑い。

あーあーあー・・・・おしのさんに真実を告げる前に仙右衛門とお蝶が!!!
(大ショックのおしのさん・・・お蝶についてきた三五郎もショック!!←むせび泣くしっ!)
しかし、お蝶に帰れという長五郎。
仲裁を仙右衛門に言われる英五郎は苦笑しつつ
「こいつは渡世人同士のでいりとは勝手が違ってどう仲裁したものか・・・・ふっ、さしがのわしも仲裁に困りますね。・・・・ま、ともかくお蝶さんの旅のお疲れがとれるまではご逗留願いましょうよ。
三月になるか半年になるか、それはその時としてゆっくりと」←大人の対応

あらあら、三五郎寄って鬼瓦一家と酒を。
そこでお蝶の名前と長五郎のことを。
鬼瓦一家と黒駒は長五郎のことを大罪人と言って三五郎をけしかける。
三五郎は、河原で長五郎が話があると事づかったとウソを言ってお蝶を誘い出す。

一方、政五郎の元にお園という女が訪ねてきた。
彼女は妻だが、尾張の伊藤の屋敷には戻らないという政五郎。
(奥さん伊藤の家と自分をとるか選択せまられて可哀想^^;)

案の定、お蝶は鬼瓦一家に捕えられ、三五郎は用がなくなったとボコにされる。
呼び出されて一人行く長五郎。
書置きをみつけて、政五郎・鬼吉・石松・大五郎、そして英五郎も駆ける!
で、例によって大乱闘開始!(・▽・)
三五郎も加入だ!
(英五郎ら大前田一家は手出しせずに見守る)

事が片付き、大前田英五郎の言葉もあって(ここんところの英五郎の台詞がかっこいい)、
一家をかまえることを決意した長五郎。
英五郎の名付けで「清水次郎長」がここに誕生した。
俺が一の子分だとみながわいわい言っているところ、
「俺が一の子分だ」と、月代を剃った政五郎が!!!( ̄□ ̄;)!!!
(結構美味しいところかっさらいますなぁ大政さん・笑)

そして、吉報は続き鬼瓦と代官の悪事がバレて、次郎長は無罪放免となった。
清水に帰ることになった次郎長たち。
(英五郎がくれた三度笠あり、すっかり渡世人スタイル完成っ)
見送る英五郎だが、そっと片隅で泣くおしのであった(この罪つくりめ)


天知茂さんの英五郎と大政かっちょよす、次郎長二人の女の間で罪つくり、
そして一家誕生な回。
米屋の時はそのどっかぽやんとしたおぼっちゃんな雰囲気が合う無我しゃんでしたが、
まだ親分な雰囲気とは遠い・・・・今後大丈夫なんだろか?と、
3回以降も気になる熊猫屋でございました。
が、お話自体は思ったよりうまくまとまっていて面白かったです。
次回以降も楽しみになってきたなぁ。
1回の河津清三郎さん@鬼瓦や、今回の天知さんのように毎回ゲストも豪華なのかしら?
清水一家の子分衆のキャストもいいし、楽しみですっ(・▽・)v

スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
実は私も時代劇専門チャンネルで清水次郎長見てまして、「うんうん」と頷きながら読ませていただいています。
当時27歳くらい?の無我さん、どうみても小綺麗な若旦那ですよねw 殺陣で魅せる派でない分、目力(?)を楽しんでいます(*´ω`*)
2012/08/07(Tue) 21:04 | URL  | へなちょ子 #Pb82IHIY[ 編集]
へなちょ子さんへ
はじめまして(^∀^)ノ
無我さんは、本当は刃物振り回す役以外が似合うと思ってるので、
米屋は似合ってますよね( ̄∀ ̄)
ただあそこから親分へはどうなるん?と思ってたのですが、
第3話見るといけそうな気がしてきました
(3話の目力は良かったですよね(´ω`))
あとは殺陣はカメラさんの映し方に期待しまして(笑)
長い作品なので、案外向田さんのホームドラマテイストを端々につっこむことでいけたりして…なんて感じてます
2012/08/08(Wed) 08:04 | URL  | 熊猫屋 #8tclgd.Q[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可