BS時代劇「薄桜記」第3話を見たですよ。
2012年07月29日 (日) | 編集 |
すっかり失念していて、1~2話を逃してしまいました・・・・うううっ。
で、本日遅ればせながら第3話を見たのですが、
これ思ったより引き込まれる時代劇ですね(・▽・)

映画では市川雷蔵さんのが有名ですが、
悲劇一直線のこの作品・・・・・今後を思うと胸が苦しっ(TωT)
(演出の方法によっては昼ドラ並のジェットコースター不幸展開も可能なような←おい)

連続時代劇だけあって、映画よりはエピソード多めのよう。
原作は読んだことが無いので分かりませんが、
3話見ただけでもちゃんと分かるし、次回に後ひく感じといいうまくつくってんなぁ~
(脚本・ジェームス三木氏なのね。さすがぢゃ)

山本耕史さん@典膳は安定の演技なので、安心して見ておりますが、
大河「風林火山」以来拝見の柴本幸さん@千春
・・・・・デビュー作の「風林火山」のまゆげ姫・・・もとい由布姫の頃よりうまくなってません!?
(思えば「風林火山」からはや5年・・・・・時は早いよのぅ)
典膳を想う千春の心情がぐっと迫ってきて、
武家のお嬢さんらしい凛としたところは良かった
(若干声音がアレだけど)
今後にも大いに期待できるなぁと感じた熊猫屋でした。
(映画の千春の人よりは良いわと思ったの私だけ?^^;)

それにしても、今日も泣けたが、
あと何回泣かされるのであろうか・・・・・
今期のBS時代劇は期待できそう(それだけに1~2話逃したのが悔やまれまする)

雷蔵さんとは、ちょっと色の違う典膳な山本耕史さんですが、これもまたよし。
どんな典膳になっていくか、今後も楽しみたいと思います^^
でも、悲劇一直線なんだよね・・・・・^^;
スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可