スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 本「みをつくし料理帖」シリーズ
2012年05月20日 (日) | 編集 |
昨日、帰りに立ち寄った書店で平積みになっていた
「みをつくし献立帖」

  みをつくし献立帖 (ハルキ文庫 た 19-9 時代小説文庫)

食べ物が出てくる本が大好きなので、ちょっとぱらぱらとめくって
「ふ~ん・・・・」と思い立ち、その本は置いて
元の時代小説の方の第1巻を購入。

・・・・で、今更ながらはまり中(´▽`*)
高田郁さんの「みをつくし料理帖」シリーズの「八朔の雪」でした。


八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)


読み始めたら止まらず、昨日夜にあっさり「八朔の雪」を読破した後、
待ちきれなくなって今日本屋の駆けこんで既刊残り6冊と、
昨日買わなかった「みをつくし献立帖」まで大人買い(笑)



さっき二冊目「花散らしの雨」も読破。

人物描写の丁寧さといい、情景が脳裏に浮かぶ筆運びといい、
かなり好みです。
展開は結構波乱含みなのに、何故かゆったりとした空気を感じる物語。
読み終わった後にも、主人公の澪の他各人物の心象や、
舞台となった場所の情景までもが思い起こされ余韻が残ります。
そして、料理人として少しずつ成長していく澪の行方が気になって読むのが止まらない。
周囲の人物も「つる屋」の主の種市、ご寮さん(芳)、小松原様、源斉先生、おりょうさん、
伊佐三さん、太一くん、ふきちゃん、又次、あさひ太夫などなど・・・・
心根の良い人には人が集まると言うか、形は色々あれど優しい人が多く、
泣かされたり、温かな気持ちになったりで、
辛いことも多い澪だけど、幸せになって欲しいと願わずにはいられません。

それにしても今更出会うとは^^;
もっと早く知っていればっ!
でも、おかげで7冊+1冊をぎゅっと今楽しめる至福。

読みながら、ああ・・・・これ時代劇にできそうな話だなぁと読んでいたのですが、
逆に考えて雰囲気を壊さない適任な俳優が見つからん(笑)
そして、この情緒を出せるか?というと、
それには20年くらい遅かったとも思ったりした熊猫屋でした。


---------------------------------------------
こうなると、
「今晩は和食食べたい・・・じゅるっ」ということで、

・鰈の煮つけ
・ふきとワカメの炊き合わせ
(みをつくし料理帖「八朔の雪」129Pに名前だけさらっと書いてあったのですが、そういえば冷蔵庫に蕗もワカメもあったなぁ~と・笑。白だしとお酒・みりんと、醤油ほんの数滴で。あくまで自己流ですが)
・厚揚げのみそはさみ焼き
(よしながふみの「きのう何食べた?」2巻にあったやつ。ネギみそを厚揚げにはさんで焼くのですが、
外側がサクッとして美味しい)
・ごはんとみそ汁

純和食。
だけど簡単料理。
美味しい本はまことに危険です。

スポンサーサイト
テーマ:時代小説
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。