スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 連続時代劇「柳生一族の陰謀」(1978年)#3
2012年04月16日 (月) | 編集 |
「駿府の黒い影」

(本日のキャストクレジット)
千葉真一 : 柳生十兵衛
志穂美悦子 : 柳生茜
田村亮 : 徳川家光
目黒祐樹 : 柳生左門
高橋悦史 : 松平伊豆守
島英津夫 : 柳生又十郎
矢吹二朗 : フチカリ
西田健 : 徳川忠長
天津敏:天野刑部
高原駿雄:九条道房
山本昌平:服部半蔵
春田純一 : ハヤテ
小田部通麿:片禿

岡田茉莉子:春日局
木暮実千代 : お江与
成田三樹夫 : 烏丸文麿
渡辺文雄 : 酒井備後守
南原宏治:小笠原玄信斎
別木庄左衛門:伊吹吾郎
山城新伍 : 三条実条
山村聰 : 柳生宗矩

---------------------------------------------------
(感想等)

まだ後継者争いをしてますよー秀忠が死んだのに^^;

備後守、駿府城下に集まる浪人(天野刑部など)に金を与え、
彼らには江戸をいずれ攻めると言いつつも実際にはせずに手なずけておくとはやりおるの。
本日ゲストの伊吹吾郎さんは駿府側の家臣の別木庄左衛門のようです。

あ・・・・麿が三人に増えてる(爆)
烏丸少将と、三条実条と・・・九条道房か。
本日は三条が策を練ったようですの。
あくまで公家の彼らは朝廷に権力を戻したい様子
(武家は見下している)

秀忠の祥月命日の法要が増上寺にて執り行われることになり、
柳生が警備にあたるが、寺に怪しい坊主集団・・・・・とくれば前回の小笠原玄信斎と一堂(!)
茜が気づいて、そこから本日の戦闘場面第一弾。

このアクロバティックなのは時代劇っていうよりアクションだよねぇ
(ま、千葉ちゃん主演のはいつものことですがっ・笑)

えー伊豆守、法要を前に御前を汚したとしてむねりんを謹慎とな!
(伊豆、厳しー)
悲嘆にくれる柳生一族だが、そこに明るく帰ってきたのは我らが十兵衛!♪
片目になった十兵衛を左門で試すとは父上もお人が悪い。


十兵衛と茜が宗矩の命令によって駿河に旅立った後、
麿その2の三条が江戸へ(その1は烏丸少将ぢゃ)

一方、京では烏丸少将と九条道房が待たされてイライラの備後守に怒られてビクついてるw
えらそーに帰っていった備後守。
三条が伊豆守らを江戸から連れてくるまでの10日間、どうしようかと巡らすと・・・
(・∀・ )ピコーン!ひらめいたのは烏丸少将

九条が駿河守のところに赴き、自分には実権が無く烏丸少将が持っていると嘆き節を
(芝居か)
そんな烏丸少将を始末しようと備後守が服部半蔵に指令を!

烏丸少将「でておぢゃれ、隠れていても獣は臭いでわかりまするぞ」
烏丸少将「残りはたった4人か。見くびられたものよのぅ」(にや)

お待たせしました!本日の烏丸少将劇場だ(笑)


上記の台詞の前に一太刀で伊賀もの一人始末するわ、
次は馬から飛び降りて斬りつけるわ、
最後は服部半蔵も始末するわ、←本日のキャストの無駄使いその1
どんだけ強いんだ烏丸少将!!ガ━━━━(;゚д゚)━━━━━ン


やぎぅより強そう・・・・・(爆)
↑実際軽々と頭領含めて伊賀ものを斬った烏丸少将に対して、
これから備後守を警護する残り10人を始末するに茜が悲壮感漂わせているあたり、
烏丸少将が尋常ぢゃないのが丸わかりですの。

実際その後、十兵衛が備後守を抹殺するのですが、←本日のキャストの無駄使いその2
烏丸少将の立ち回りが派手だったんでその直後は不利ww


それにしても伊豆守、さすが知恵伊豆よの、
三条相手に下出に出て、将軍詮議を迫るとは!
一方備後守を失った忠長も上洛して先んじようとする。

浪人達が襲うように柳生が仕向け、
将軍が乗ってない空の駕篭を襲った浪人ども。
勅使だった三条が浪人に殺され(!)←本日のキャストの無駄使いその3
↑三条が殺されたのは京から同行の者たちも見ている
忠長を追いつめる作戦か!

かくして忠長謀反の疑いという流れになり、
家光が一気に浮上した。

(それにしても小暮実千代さん熱演の泣きっ)

忠長、あっさり自害←本日のキャストの無駄使いその4


まっつぐな家臣・別木庄左衛門は一人城外に出て闘いを挑む。
伊吹吾郎さんの壮絶な死にざま演技を見よ!←本日の無駄使いキャストその5



伊豆守、大目付の役を返上していち武芸者に戻りたいと言った宗矩に、
但馬守の策に恐れ入ったことを正直に言うが、
恐ろしいヤツと独り言言うあたりやはり伊豆と但馬は水と油なのかね^^;


おどろおどろしい嵐と雷の中、家光は将軍となった。
しかし、一介の武芸者となった柳生はその身分ゆえに列席は許されなかった。

それで今回は終わるかと思ったら、宗矩の目の前に玄信斎が!!
宗矩は他流試合はしないと勝負はしなかったんですけども、
いきなり玄信斎が襖を斬って去ってくと、襖の先には十兵衛が。
腕には血のあと。
しかし玄信斎も脇腹に傷を負った
この後を予感させる展開でした。


-----------------------------------------------
まぁ~今回もハードな展開でしたが、
この時代劇死人多すぎ(苦笑)
1話から出演していた人4人に、ゲスト1人・・・・・おいおいおい。

何とも出入りが激しくなりそうですのぅ┐(´ー`)┌やれやれ

時代劇っつーよりもアクション活劇な本作ですが、
烏丸少将が何やらかすのかまたーり楽しみつつ(え!?)
やぎぅ一族の活躍を見守りたいと思います(笑)



スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。