連続時代劇「悪党狩り」(1980年)#5・折れた十手
2012年02月26日 (日) | 編集 |
(今回のゲスト)

おみの(マキノ佐代子)
勘助(河合絃司)
定吉(細川純一)
深町(千葉敏郎)
熊五郎(五味龍太郎)
多吉(白井滋郎)
文五郎(鈴木金哉)
新次郎(丸山俊也)他


いきなり神谷様の入浴シーンから始まりました本日の「悪党狩り」(笑)
目明しの勘助が、風呂に入っている時に、十手を盗まれたことから今回の話が始まります。

神谷様が顔色が悪い勘助にどうしたんだい?と尋ねても、顔をそむけて何でもないと取り繕う勘助。
勘助は半兵衛に十手が盗まれたことを報告しますが、
半兵衛はお上から預っているものを!と探して来い!と言うだけです。

途方にくれている勘助にまた通りがかりの神谷様が声をかけますが、
神谷様には言えません。
そんな中、殺人事件が発生。
十手持ちの役人だと思って屋敷にあげたら、殺されて金品を奪われたと。
また立て続けに通りでも懐の財布などを盗まれたうえの殺人が起こります。
自分のせいでこんなことがと、自責の念にかられる勘助。

「今更怒鳴っても何もならねぇ。誰も好き好んで十手盗まれたんじゃねぇや」とは、
勘助を叱責するだけの半兵衛に対する神谷様の皮肉か。
行方が分からなくなった勘助を心配する。

自宅にも帰ってない勘助。
半兵衛がやってきた後、神谷様&銀蔵が訪ねるが、娘・おみのはまだだという。
その時犬の鳴き声が。
すると家の裏で勘助が首を吊って自害していた(TωT)
(遺書まで残して・・・真面目な勘助だけに、切なすぎる)
勘助は神谷に娘のおみのを魚屋の多吉と一緒にしてくれと後事を託したのでした。
(さしもの半兵衛も、ガミガミ言い過ぎたことを反省・・・してるといいんだけど^^;)


本日のお津世姐さんとのてれんこタイム♪
お津世姐さんはそれは素人の仕業じゃないかと推測。
おもちゃを手に入れた子供のようだと。

案の定、悪党2人・・・いや3人組は十手を手に入れてはしゃいでるようで^^;


今日もお津世姐さんのとこで起床の神谷様♪
十手を使う犯行もそう多くは使えないから、
次は大物を狙うんじゃないかとお津世姐さんと言葉を交わし、出動。

子供がコマで遊ぶ様子を見る神谷様。
すると多吉が声をかけてくる。おみのさんは、十手を盗んだ犯人を見つけたいらしい。
自分が必ず見つけるからと、そうおみのさんに伝えるようにと、多吉に神谷様。
再びコマで遊ぶ子供たちをみて、多吉がそのうちの一人が組紐屋の伊勢谷の子だと神谷様に。
組紐屋という言葉に何か感じたらしい神谷様。

江戸中の組紐屋探索をしようと銀蔵と話す神谷様。
十手の房を「紫」にしたら同心や与力に化けられるという考えからだ。
(次は大物を狙ってくるだろうということから)
ひぃ~組紐屋92軒とな!( ̄□ ̄;)!

ひっそりとしたところにある組紐屋にはいった神谷様
一尺だけしかも房をつけてくれという不審な客がきたという。
武士一人と町人二人風だったという。

両替商・坂田屋。
悪党どもは、主人の孫兵衛に、ニセ金が出た。
係の役人が調べるので、店の金全部出すようにと言う。
与力に化けたヤツが出向き、
主人は有り金2240両を目の前に出す。
悪党どもは、主人一人を部屋に残して、店の他の者を出す。

悪党ども、坂田屋の主人を殺して金を奪って逃走・・・orz

番頭らが遅いなと見に行くと、主人が殺されていた。
神谷様が一番恐れていたことが起こってしまった。

悪党ども3人は、これ以上やったら足がつくと十手での犯行はやめ、
金を持って逃げることに。

神谷様はそこんところ(高とび)を心配していた。
(また半兵衛、自分で考えないのね^^;神谷様「あの旦那わかってないなぁ」とまた皮肉w)
するとおみのさんがやってくる。
おみのは勘助の十手に傷が一か所あることを伝えに来た。
以前捕物をやった時にひびが入ったので、そのうち折れるかもしれないらしい。
勘助は生前、このお上からお預かりした十手を折れるまで大切に使うんだと言っていたらしい
(勘助っっ・・・・! 。・゚・(つД`)・゚・。)

帰りがけにおみの、一人の男(例の悪党の一人)にこの付近で殺しがあったと、
ちょいと来てくれないかと十手を見せられる。
勘助の十手だ!!
おみのがついていくと、男はおみのに乱暴しようとした。
十手でおみのは気絶させられ、乱暴されそうなところを・・・・

本日の新村様登場!!(・▽・)やっほーい♪
素手で撃退ざんす。
多吉がおみのを心配して、おみのの後をつけていたらしい
しかも、新村様がおみのさんと話している間、
多吉は男の後をつけてアジトを見つけたようだ(おおおおっ)

新村は現場に向かい、
おみのと多吉は神谷様に知らせに。

知りあいの人足に運ばせようとするも、
そんなはした金(30両)で運ばせようとするのか?と悪党の一人熊五郎に言い放つ
(なんか面白い展開に)
金を巡って汚い争い勃発か?と思ったところ、


笛の音きたー!(・▽・)


誰だ!?と悪党どもが騒いだところ
神谷様「目明し勘助がてめぇたちを呼んでる声だ」

神谷様「悪党狩りよ。てめぇらのような悪党は生かしておくわけにゃいかねぇんだ。
地獄への道中手形を渡してやるから、ありがたく頂戴しな」

いつもの口上もやってきましたっ♪


スローモーション映像で殺陣か?と心配しましたが^^;
それは始めの演出のみで、いつものズバッとしたのが始まりましたよ~。
銀蔵親分もほっかむりしてドス持ってますが(笑)
最後は熊五郎が持ってる勘助の十手もろとも斬った神谷様
(十手はおみのが言ってましたがヒビが入ってましたからね)

後だしジャンケンで金を奪おうとした悪人足どもには

新村様「私は医者だ。人を助けるのが仕事。でもお前達は人間ではない!だから死んでもらう!」


今日もズバッ!と切れよく斬って下さる新村様も素敵でござんす(´▽`*)


半兵衛、街道封鎖はしたものの既に事は終わったことを神谷様に告げられ、
また金子与力(猪太夫様)にどやされると慌てたのでした。

銀蔵による祝いの唄の中、おみのと多吉の婚礼。
また調子が狂った銀蔵の唄に苦笑して祝いの酒を置いて、街に出る神谷様でした。

-----------------------------------------------------------------
本日は小さくまとまった展開でしたが、
それでもうまくできてましたね
(偶然、おみのが悪党の一人の定吉に乱暴されそうになって・・・のところはちょっとだけできすぎ感もありましたがw)

戦闘場面、神谷様と新村様のツートップだと燃えるなぁ♪
前回がなかなか渋い展開だっただけに、
今回はちんまり感も感じないわけでもありませんでしたが、
それでも作りはいいですね。
勘助には・・・泣けた。
おみのが自害した父親を見ないように止めようとする神谷様&銀蔵の姿や、
彼女を気遣う神谷様にはしんみり。

本日は猪太夫様不在、半兵衛はまたもや失敗の一人コメディリリーフ状態
(でも、今日は勘助が亡くなっているので、半分笑えないのですけどね^^;)

来週は時専の放送は20分くり下がるので要注意ざんす。








スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
初めまして!
初めまして(^-^)/
AYUMIと申します。つい半年前まで学生でしたが時代劇好きです☆
「悪党狩り」面白いですね(o^∀^o)
キャストの皆さんとストーリーに引き込まれてはまります♪

皆さんも好きですが、特に医者の新村さんは格別に好きなんです(o^∀^o)
私から見れば正義感があり、説得力のある頼れる大人の理想像なんです♪
2話の時の彼の台詞に心を打たれて泣いてしまったことが好きになってしまいました♪
これを機会に彼の映画も見るようになりました(≧∇≦)

是非よろしくお願い致します♪
2012/02/28(Tue) 15:28 | URL  | AYUMI #RZyKF2T.[ 編集]
AYUMI さんへ
いらっしゃいませ、そして初めまして^^
ご訪問ありがとうございます、熊猫屋です。

うわ~♪お若い方がいらっしゃるなんて嬉しいです。
しかも時代劇お好きとは!

なかなかよくできた時代劇ですよね「悪党狩り」。
見易い時代劇だなぁと私もお気に入りです。
鶴田さんの演じる新村さん、この作品をピシッと締めるいいお役ですよね。
尾上菊五郎さん演じる神谷さんとツートップという雰囲気もなかなかです。
時に神出鬼没な新村様ですが(笑)、
ここぞというときに頼りになるのは、かっこいいですよねぇ(´▽`*)
お医者様なのに立ち回りもイケてます(わはは)。
鶴田さんのご出演作品は、昔の映画だと東映チャンネルあたりでたまに放送されてたり、
今ホームドラマchで「大空港」を連ドラでやっているようですね。
好きな役者さんが増えて行くのは楽しいですよね^^
またよろしかったらお遊びにいらして下さいまし。

ありがとうございます^^
2012/02/28(Tue) 22:01 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可