連続時代劇「江戸を斬る 梓右近隠密帳」(1973年)#24・狙われた秘薬
2012年02月25日 (土) | 編集 |
(今回のゲスト)

野々村玄碩(御木本伸介)
正吉(梅津昭典)
鉄五郎(草薙幸二郎)


うほほほ・・・・・今回は彦左祭りでございました♪(・▽・)


少年が馬にひかれてしまったところ、彦左と喜内が助け右近様の長屋に運んだところから始まります。
(その前に少年が彦左を馬から助けてくれたようなものなのですが)

長屋に来た医者を、少年が自分の父親の方がもっと腕がいいよ!と帰してしまい
(おい^^;)、
喜内が少年の父=野々村玄碩を<なめくじ長屋>に迎えにいきますが・・・・

長屋にはいなくて、酒場
父呑んだくれ(´Д`)
(乱闘をしていて、酒を呑みつつ相手をかわしながらぶん殴る姿はまるで「酔拳」=ジャッキー・チェン・笑)
喜内、刀を持つふりをしてハッタリかまして衆人を追いだす。

めっちゃ荒っぽい御仁でござる。
喜内はおろか、右近様まであごで使って息子の治療。
ひぃ~痛そう!

玄碩の使っていた道具や薬、そして治療法。
この国のものではないなぁと彦左や右近様。
すると、竹と先日の少年=正吉が。お礼にきたのだ。
(少年に出したおまんじゅうって、いつも彦左が隠し持ってるやつ?・笑)
それにしても、喜内のことを「どじょう髭」だの竹を「岡っ引き!」だの、
正吉は父親譲りかかなり口が悪い^^;
根性をたたきなおしてやるとばかりに、竹が正吉と相撲を。
(あんな落ち着きはらった右近様の幼少時代、結構気が強かったらしー@彦左談)


玄碩の家に先日乱闘をしたやつらが落としまえをつけにやってきましたよ。
その筆頭のやつに玄碩は貸しがあるようですが、今日はこれしか持ち合わせがないと小銭を。
また乱闘になりかけた時、右近様がやってきましたが、
なんと玄碩は人殺しだという。
右近様と連中が乱闘になるが(右近様は刀を出さずに素手)、
竹&松の岡っ引きがきたので、連中は引き上げる。

右近様と玄碩が呑み屋で話そうとしている時に、
なにやら不審な男も一人入って呑みだす(右近様たち気づかず)
玄碩は、さっきのならず者の筆頭=鉄五郎の妹を殺したという。
玄碩は蘭方医を目指して長崎で勉強中、
ある書物で求めていた万病に効くという薬の作り方を発見。
研究すること14年・・・その間に妻も亡くなって正吉と共に江戸へ。
ほぼその薬のめどはたち、怪我には効いた。
熱などにはどうかはまだ試すことができなかった頃、
鉄五郎の妹が高熱を出したため、彼女に薬を投与。
しかし、彼女は酷い痙攣をおこして亡くなった。
キノコにも毒があるやつと無いやつがあるように、
その中に毒があるやつがあったらしい。

あ~なるほど、呑み屋で立ち聞きしてたのは張孔堂の手のもの(右近様を見張っていた)。
本日の正雪さん、その毒薬を大量に入手して江戸の上水に・・・・って、
「徳川三国志」第23話<江戸の毒を斬れ!>とかぶる話ですね(・▽・)

(この回の徳川三国志では、大坂志郎さんが医者役で、別の医者が張孔堂とつるんでいて、大坂志郎さん演じる朴庵先生が毒の正体をつきとめたんですよね。だから江戸を斬るの展開とはちっと違うのですが)
江戸を混乱の渦に~♪というのは徳川三国志も、江戸を斬るも向かう方向は同じ。
(でも、その回の徳川三国志って張孔堂が姿見せないまま完結したんですよねw)


やっとドス黒い正雪さん達の暗躍が見られるか?(笑)

鉄五郎達の前に林が登場(きたっ!!)
林が何やら鉄五郎たちに話を持ちかけます。

玄碩が鉄五郎に呼び出され、妹を殺した薬を作ってくれと言われます。
玄碩は断りますが、
作れば妹のことは今後不問にするばかりか、100両出すと言います。
100両あれば医師としての看板も出せるぞと。
なおも断ると、息子がどうなっても知らんぞと脅されます。
玄碩が鉄五郎の首をつかんで怒ったその時・・・・
林が!!!
玄碩は縛られ、鉄五郎配下が正吉を連れ出そうとしますが、
正吉は逃げます(やったっ!!)

正吉は長兵衛親分に父を探して欲しいと助けを求めます
(お菓子くれる暇があったら父を探してとは、ほんと毎度一言多いガキねぇ^^;)

林は、子供をつかまえることができなかったことについて、
父親の普段の行状が行状だから、町方も取り合うまい、
それより下手に動くと足がつくと。

林の予測どおり、町方は相手にしてくれない。
正吉は自分で探すと飛びだし、彦左のところへ。
「おじちゃんは天下の御意見番だろ。だから町方にひと声かけてくれれば」って、
ほんと可愛くないわねぇ^^;

彦左、北町奉行所に行くも十蔵様たちの悪い風邪でふせっていらっしゃるそう
( ̄▽ ̄;)ナンデストー
奉行所には人出が足りないなど、体よく言われてかわされてしまいます。

彦左、今度は柳生但馬守の元へ。
柳生むねりんは、大目付が町医者の探索に乗り出すわけには参らんと言う(ごもっとも)
大目付という公職の立場にあるので私情では動けないとも(その通りでございます)
正吉に天下の御意見番もあてにならないと言われ・・・彦左かわいそす
^^;

自力で探すことにした彦左。
(こういう時、右近様についてる新助使うといいのに・笑)
玄碩の普段の呑んだくれっぷりのせいか、探索先の呑み屋数件ではすげなくされる
^^;

雨に濡れながらも探索する彦左と正吉。
雨に当たったため、彦左が高熱を出して倒れてしまう。


彦左のあとを引き継いだ右近様、長兵衛親分の所へ。
すると、玄碩だけではなく鉄五郎たちも消えたという。
何かあると考えた右近様・・・・玄碩が薬を作っているときにできた毒のカビをハッと思いだす。

鉄五郎を誘い出すために・・・・お艶姐さん登場。
鉄五郎を見つけたらそっと自分に知らせてと、色仕掛け作戦か?
・・・と思ったら、鉄五郎配下に囲まれて姐さんがさらわれた!!
後を追っていた松&竹。
松が姐さんの後を追い、竹が親分に知らせに行く。

規定通り、鉄五郎達や、玄碩&お艶が捕らわれている小屋に右近様&長兵衛親分ら一堂乗り込みっ!!
本日の戦闘ざんす。
鉄五郎が小屋の外に出て逃げようとしたところ・・・・

林が鉄五郎を斬ったー!!(またこの口封じパターンか・・・・何度目かなぁ@遠い目)


無事解放されて、玄碩が帰ると正吉が大久保の殿さま@彦左が大変だと。


彦左の寝所には御典医が診察してるが、
手をつくしても熱が下がらない。
その時、右近様が玄碩を連れてきた。
御典医が、身分卑しいものの薬なぞ飲ませるわけにはいかんと怒ると、

右近様、こんなところで葵康継ご披露(大笑)

無事、彦左の熱は下がり、
瓦版によると(さては右近様が作ったな・笑)玄碩は彦左が奥医師に推挙しようというのを断り、
貧乏人のために施療所を開くという。

施療所には伊豆守が100両、但馬守が50両、北町奉行(十蔵様)が30両など、
幕府の重鎮が寄進したようで
(まさか彦左が、右近様が言うように勝ち誇った顔で触れまわったのでは・笑)

玄碩は酒もきっぱりとやめたようだ。

---------------------------------------------------------------

「徳川三国志」とネタがちょこちょこ今までもかぶる回がありますが、
同作と違うのは、浪人救済への想い&施療所は右近様持ちなんですね
(徳川三国志では由比正雪が請け負ってました)
そっか・・・・ということは、この作品のミッキー正雪さんは、いいところを取り除いた黒い成分だけが残った御仁なのか!(笑)。
ということは、あくまで「悪」としての存在なのか?
(分かり易いといえば分かり易いが、悪役なりのカタルシスは得にくいのかなぁ?最終残り2話で判明しますけども)

ふふふ・・・・今回は彦左が美味しすぎた。
笑っても、ムキになっても、あまりに一所懸命になる姿も、熱出して倒れても、
ハゲと言われてプンとしても(笑)、何て表情豊かなんだ千恵蔵御大!
しかも子供=正吉とからめると、その魅力が更に引き出されるというか、
可愛すぎるぞおじいちゃん。

右近様は、なんかこの頃実動よりも狂言回しみたいな立場に見えてくる熊猫屋です。
物語を回すためにいるというか・・・いやいなくても回ってる回があるのだけど^^;
自分がガシガシ動いて物語をガッツリ動かす主人公とはちと違う気がします。




スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
連日雪かきですっかりヘタっております~熊猫屋さんのところ大丈夫?
今年は冷え込みがキツイ分、雪が少なくて油断していた道東です。
でもウチのCSアンテナ、雪に強いようで無事今夜も積ン録を消化中。

熊猫屋さんエライですね~小生はもう梓右近は1.5倍速モード!
早口セリフ聞きながらの消化です。ツマラなすぎですよね。
我慢して続けるのは、単に十兵衛の登場時に話が見えるように。
正雪、御大他あんなにカッコいい役者揃えてからに、ナゼ!?

TVドラマデータに載ってました。熊猫屋さんお気に入りの加東さんは
最終回に。若林さん伊吹さんともに25、26話に登場らしいです!
ワクワク~フルフル~~!!

座頭市も変わらずセッセと録ってるけど、半分しか消化してない(涙)
熊猫屋さんはどうですか?見れてますか、座頭市?

あと以前真剣に見たので今回は高画質保存だけ・・・の予定だった
山形版「剣客商売」が面白すぎ!またまた毎日真剣に見ちゃってます。
これ本当に傑作では。70年代初頭のTV時代劇の底力が凄い!!

「悪党狩り」は見るのやめました(笑)。 「二人の素浪人」も
必殺の直さんが可愛かった浜畑さんと品川さん・・・と思ったけどムリ。

また「江戸牙」を録画しなきゃならんし~(嬉々)
殺陣シーン集めて毎日若林さん三昧にするんだ~~♪

無理なくせに東映chにメールしました。月形さん生誕110年て言って
大友さん生誕100年に触れないのは許せない!!

編成によっては、また東映chも増えそうで
ああ、でもNECOと日本映画専門はゼッタイだし
来月もそのあとも熊猫屋さん程じゃないけど
しばらくは一杯イッパイ!になりそうな小生です・・・・
2012/02/26(Sun) 00:48 | URL  | 通りすが郎太 #GAkJEmLM[ 編集]
通りすが郎太さんへ
こんばんは^^

あ~実は私も話によっては1.5倍なのをここで白状します(笑・台詞ききとれるしっ)@梓右近
大抵はふつーに見てるのですが、しょーもない回もありましたしねぇ^^;
どうも若林十兵衛を待っている方が私を含めてちらほらいらっしゃるようなのですが、
明日大丈夫ですかね?(笑)
「徳川三国志」と同じく、脚本と構成がちとマズーなのかしら。
ただ、「徳川三国志」の方が魅せる回が多かったような気が・・・・
明日と明後日が勝負ですね!

私も3月3日からの「剣客商売」山形さん版予約しました^^
(見るなら中途半端ではなく始めから!と思ってましたので)
週末だけのまた~り進行で見られそうですしね。
そんなに良かったですか?うわぁ楽しみだなぁ♪

「二人の素浪人」も気にはなったのですが・・・・・
もう無理!絶対無理!これ以上録画のキャパシティが無さ過ぎる^^;
「悪党狩り」は週一だし、好きなんで何とかってとこですが、
通りすが郎太さんやめちゃったんですか?

牙は毎週3話ずつなんでこれも比較的余裕もってすすめられますよね。
若林さんはまだ近日見られるけれども、
天知さん欠乏が深刻だ(爆)

そういえば大友さん100周年ですものね!
橋蔵さんの80周年の時は時専が単発時代劇を庫出ししてくれましたけど、
東映は・・・(苦笑)。
6月が大友さんのお誕生日なので、その頃何かあったらいいですね^^
そしたら私もご一緒に祭りに参戦したいものです(´▽`*)

申し訳ないです・・・・NECOダメそう(泣)
来月はまだ迷ってるんですけどね。
時専と日本映画専門chと銀河は決まってるのだけど、
あとどうしようかなーと。
2012/02/26(Sun) 17:40 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可