連続時代劇「江戸を斬る 梓右近隠密帳」(1973年)#18・大奥に挑む
2012年02月16日 (木) | 編集 |
本題の前に、コメント返礼はちと後日でごめんなさい^^;


(今回のゲスト)
春日局(北城真記子)
松島(長谷川待子)
お縫(松木聖)
桜井要之助(亀石征一郎)
お袖(松平純子)
大黒屋利兵衛(小栗一也)
堺屋伊兵衛(山岡徹也)
お袖(松平純子)
おしの(紅景子)他・・・・今日は多い^^;


この時代劇の春日局は女傑っていうか強そうですね(笑)
徳川三国志の岸田今日子さんより冷徹っていう雰囲気が。
早速、彦左が春日局がご政道に口を出すのを止めるために激しく口論したようで。

大奥に近々あがる予定の娘さん、
寺の境内で襲われそうになったところを右近様と新助に助けられるのだけど、
それは娘さんが右近様に一目ぼれフラグかい^^;

春日局を良く思わない松島。
春日局に口ごたえしただけで部屋がえさせられたよう。
投扇興をしながら憎っくき春日局!な鬼の形相^^;
松島と密会している男。堺屋伊兵衛より何やら手を入れて悪だくみ?
それを図らずも聞いてしまった、おしのという女@春日局つきの侍女
ためらいながらも春日局に話す。

先刻右近様に助けられた娘は大黒屋の娘だったか。
ふせっているけども、医者の見立てでは病気はないという
・・・・・恋煩い?(爆笑)

おしのが殺された。
松や竹、小夜や長兵衛も身元がわからぬ中、
風呂敷から春日局ゆかりの人と分かる右近様w


彦左と同じように春日局に意見をしていた桜井要之助がお役御免になった。
苦々しい思いの彦左は、再び春日局と面会する。
すご・・・・春日局お歯黒だけでなく腹も黒いわぁ(笑)
彦左をも侮辱するような言葉に、思わず彦左
「クソババァ!!」と拳振り上げ^^;

おしのの件は、町奉行所からのお達しで打ち切りにさせられて、
長兵衛はかなり腹立たしいらしい。
大奥から手をまわしたのではないかと右近様。
おしのが殺された時、番屋を覗いた男は新助によるとまむしの辰という男らしい。
しかも呉服問屋の堺屋にちょくちょくお小遣いをせびってるとか。
堺屋が大奥御用達と知っている長兵衛はまたもやケッと湿り顔。

冒頭の助けた娘さん、お小夜と知り合いなのか。
お互いに好きな人が同じ人とは知らず・・・

将軍・家光と対面した彦左。
春日局へのクソババァ発言と拳振り上げを認めたうえで、
これ以上春日局に表向きのことを介入させると幕閣の士気が落ちますと彦左は言うが、
逆に将軍にもうお前には会いたくないと言われ、
聴き耳持たなかった。

はぁ・・・しょんぼりとした背中の彦左がかわいそす(TωT)
じいが御意見番なら俺は天下の隠密と、
彦左がとめるのも聞かず、右近様は春日局と対決するらしい。

いやぁ・・・・・小夜に大黒屋の娘の名を騙らせて大奥潜入させるて・・・・
右近様も一か八かの勝負で、余裕がない雰囲気なのにいいのか?
長兵衛もさすがに心配そうだ。
お小夜、こういうときのおとぼけは可愛いな。
もしも私が上様の御目にとまったら一生帰れないでしょう?とか(笑)
右近様「そいつは一番気を付けなければいかんことだ」と冗談か本気かわかんないこと言うけど、
あんまり無責任に期待持たせることを小夜に言うんじゃないよ^^;

あ、大黒屋の娘の名前はお縫というのか(やっとここで出た?)
長兵衛親分、小夜をやるのにかなり複雑な様子。
右近のために頑張ろうとする小夜といい、右近様罪深いなぁ・・・・。


うわぁ・・・・お小夜大胆。
松島を調べようとして夜忍んだら春日局に見つかったー!( ̄□ ̄;)!!
しかも正直に自分のことやおしのが殺された件を話す大胆さ。
大胆な娘ぢゃ・・・・と春日局を呆れさせるも、
おや・・・・?
桜井がお役御免になったのは春日局のせいじゃなくて松島!←密会男が桜井
しかもお小夜凄いぞ!春日局の信任を得て大奥のために力を貸してくれとまでっ!
(おっと、急展開!)

新助が大奥に飾り職人で潜入して小夜から文を(大奥の図面。松島の部屋に印つき)。
やべぇ・・・堺屋がお小夜の顔を見て気づいたようだぞ(その堺屋の表情に新助もお小夜も気づいてない)

こえぇぇぇ!!!
松島に見つかった小夜、松島側に迷い子を預っていると言われ春日局、
煮て食おうと焼いて食おうと・・・・・・( ̄□ ̄;)ある意味迷いがねぇとこが凄すぎる。

松島に拷問される小夜。
新助がわざと姿を出してクセ者が出たと大奥を騒がせる。
そして松島達の悪だくみの証拠を探し出し、お小夜を解き放って後を託す。

お小夜は春日局の部屋に戻り、
事が明るみに。春日局を毒殺しようとしたのだ。
お小夜が、すぐに町に戻って堺屋をめしとる様にと出て行こうとすると、
春日局が、町方のものはそこまでするものなのか?と問う。
一人の下手人をあげるためにはこの大奥にまで?と。
お小夜「好きなお人のためならどこへなと」
(今日のお小夜坊、娘じゃなく「女」だよねぇ・・・・
この言葉!右近様やっぱし罪深すぎるっっ!!お小夜の今日の凛とした顔が綺麗だわ。)


春日局の計略で、大黒屋の娘@小夜は死んだことにして、
死体を入れた(ことにしている)樽と共に大奥の外にお小夜は出る。
樽から出てうまくいったと思ったら、
一味に見つかって殺されかける小夜!!
殺されかけてるのに刀抜くのおそいよ右近様(笑)
↑今日は引きで見せる殺陣ではないため、若干いつもより大丈夫
長兵衛たちもかけつける。

松島が主宰した茶会に来た春日局だが、いつまでたっても松島が来ない。
・・・・と思ったら松島は自害していた!!

桜井も、彦左らに囲まれて覚悟をすることに。

彦左に謝る春日局。
すべてはこたびの証拠をつかむため、春日局も芝居をしていたのだ。
お互い水に流す彦左と春日局。
春日局「こんなクソババァでもよろしけれ?」
(ははははは!(^ω^))

お袖が好きな人が右近様だとお小夜は知る。
そこへ右近様が!!必死に大黒屋から離そうとするお小夜坊でした(笑)
---------------------------------------------------------------------
今日の敢闘賞はお小夜・春日局・彦左・新助でしょうかね。
お小夜・・・・・右近様好きなあまりに、そんな危険なことまでするという、
もうここまで来ると切ないなぁ・・・・
当初はちとうざいキャラっぷりでしたけど、
今日は女すら感じましたよ。
春日局に本日の↑赤字部分を話す時の凛とした表情は美しかったですよ(^ω^)

春日局も、敵を欺くにはまず味方から作戦で、
これも女傑たるやオソルベシでした。
中の方@北城真記子さんの、凄身のあるドスのきかせかたには感服。
しかし、最後のお歯黒見せての笑いはお茶目でしたな(笑)

彦左のお茶目でキュートなとこはも、言わずもがなですよ。
出るたんびに千恵蔵御大を見るのが楽しみでしょうがない(爆)

新助も、すごい活躍ぶりですな。
徳川三国志の時の甚兵衛もめっちゃ活躍してたけど、松山英太郎さん神出鬼没の活躍っぷり(わはは)

あと、長兵衛も娘に対する父の想いが不器用な感じで出ていて、
ちょっぴり泣けました。

今回もダレ回でしたが、お小夜坊の健闘に免じて(笑)。
恋バナをからませてしまっているから、この時代劇全体もボケ気味になるんだけど、
もうここまできたらいいや^^;

あ、そうそう亀石征一郎さんが桜井役と知ったところで
「あ~悪の手先だ」と皆さん分かりましたよね?(笑)




















スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
今年は雪まみれ
明日、京都に雪が降るってんで、急遽行くことにしました【大河内山荘】へ♪
約4か月ぶりかな?今度は天龍寺へも寄りまっせぇ~。
鼻汁が止まらないので、ティッシュ大量持参しなくては。
熊猫屋さんは体調いかが?

今週はいつもの秋田出張だったもので、『江戸を斬る』全然見られてないのですよ(汗)
少しは面白くなってきたかな?
木村功さんも出てくるし、彦左も活躍のようだし、日曜に一気見するのを楽しみにしております♪

上野浅草遠征、秋田出張による疲れからか、昨日はランチへ向かう途中の歩道で、段差につまづいてまさかのジャンピング転倒。
一人ぢゃなくて良かった・・帽子は吹っ飛ぶし恥ずかし過ぎる。
大人になって、あんなに派手に転んだの初めて(笑)
両掌を擦り剥き、両膝はアザだらけという悲惨な姿に。
年だし治りも遅いだろうなぁ・・チッ★

昨日は淡島千景姐さんの訃報もあり、そのショックもあっての転倒かと。
姐さんを偲んで近々『雪之丞変化』『日本橋』観賞しよ。。

文たん舞台・・録画はしておりません。
そんな放送、全然知りませんでした(涙)
でも、お気遣いありがとうございます♪
また何かのついでの折にでも、お願い致します。
お礼は『日本橋』がイイかも。千景姐さんと文たんの共演作ですし♪

2012/02/17(Fri) 21:17 | URL  | ふぢを #-[ 編集]
ふぢをさんへ
今頃は大河内山荘でしょうか♪
紅葉の山荘も素敵だけど、雪がうっすらも素敵でしょうねぇ^^
え?再び秋田へ行っていたの!?( ̄□ ̄;)!!

「江戸を斬る」は、ピンポイント鑑賞がおすすめです(笑)
全部を真面目に見ることはありませんですよ←おい
私ゃ忠弥や彦左、あるいはゲストで燃える回の時は好きなのですが、
話の構成でいいなぁ~っていうことが「徳川三国志」同様微妙なので、
キャラクター萌えをきめこもうかと・・・・。

え゛!ケガ打ちどころ大丈夫?
本日京都だから歩くのは大丈夫そうだけど、
文字だけで見ても痛そうなんですが^^;
肌の露出が多い夏じゃなかったのは幸いでした。
お大事に!無理しちゃいかんよ!(笑)

淡島千景さんと左右田一平さんの先日の訃報はもぅ・・・
私もブログに書き忘れたのだけど、
「雪之丞変化」をちょっとだけ見ながら、
いつも気風と歯切れの良い姐さんの演技を思い出してうるうるしましたわ。
今年もまだ2月なのに、大物の訃報多すぎですわ(涙)

文たんは御心配めさらずに!
バッチリ捕獲してあるんで、近日中に♪
私もギリギリ当日に気づいたという^^;
二本を一気に放送していたので驚きましたわ。
2012/02/18(Sat) 14:59 | URL  | 熊猫屋 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可