スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 連続時代劇「江戸を斬る 梓右近隠密帳」(1973年)#6・曲垣流霞隠れ
2012年01月31日 (火) | 編集 |
(本日のゲストキャラ)

曲垣平九郎(中丸忠雄)
向井蔵人(村井国夫)
大坪玄蕃(山本麟一)
石渡藤造(五味竜太郎)

紀州家の馬役、大坪玄蕃と和田平助と名乗る男が、大坪らの馬の通行云々でもめたことから事は始まる。
それを見ていた由比正雪らが和田を酒に誘う。
新助が遠目にそれを見ていて、右近に報告。

正雪や半兵衛が張孔堂の馬術指南にと誘うが、和田は断る。
正雪の人相が気に入らないだの、天下を奪う程の稀代の悪相だの、散々言って立ち去るわ、和田氏豪気(笑)
だがしかし、張孔堂の林ら一党に和田と共にしているどどへいが直後襲われる
そこへ右近が助太刀して、林らが引く。
(張孔堂、断られたことで襲うとは結構やることがちっさい)

※右近に竹が和田の馬の世話を頼まれて、竹がええ?あっしが馬の世話を?と言った直後、
何か映像あったんですかね。ブツ切れ方が酷い

和田の見事な馬術を見る右近。
(いちいち他の女性の名が出るとつっかかるお小夜、どうにかならんか^^;
まーたムキになって馬術やりたがるし。)
和田も仕官を望んでいる。
右近は伊豆守に和田を推挙する旨を話す。
浪人者を・・・と多少難色を示す伊豆守に、幕府の風通しを良くしたいのだと右近。
伊豆守は近々上様のお鷹狩りがあり、そこで馬術の試合を行ってみてはと提案する。


大坪玄蕃の宴席にお艶登場。
あら~玄蕃も馬術試合に出場するのか。
しかも優勝するからと前祝いとはw
大坪のところに正雪が。
和田が馬術試合に出ることを伝える。
張孔堂の手だれも手こずる相手のうえ、後ろ盾に右近と伊豆守がいることで手出ししにくい。
正雪は、一つに和田を登用するため、一つは玄蕃を挫いて紀州家を弱体化させるため馬術試合を催したと見る。
(前者はそのまんまだけど、後者まで考えてるかな?伊豆守とか・笑)
正雪は玄蕃への助太刀を約束する。


お艶は玄蕃と正雪が密談してたらしいことを右近に報告する。
お小夜はだまって和田の馬を持ちだして馬術の稽古をする。
そこへ張孔堂の者か、馬に石を当てて馬が暴走する。
お小夜は振り落とされ、馬がいなくなってしまった。

正雪は作戦第二段として鉄砲を調達する。

一方右近側の方はお艶が馬術試合の前祝いと酒を持って玄蕃のいる紀州藩上屋敷に。
酒に酔ったと台所に水をもらいに行くふりをして潜入捜査。
しかし、見つかって捕えられる。

玄蕃は出立。
屋敷を外から見張っていた右近と新助はお艶が見つかったと悟り、
門番に当て身を食らわして屋敷に堂々入る(笑)
ここに馬いたんかー!(すぐわかるとは結構安直な展開だな)
乱闘の揚句に馬とお艶を取り戻す。
(うーむ、単純すぎる展開)

玄蕃の馬術披露が終わった直後、
和田と右近がきたー!!(・▽・)
早速玄蕃の所業がバレww
こたびの筋書きは誰だと右近が問い詰めたところ、銃声がして玄蕃が撃たれる
(え!!!正雪の銃調達ってこの意味だったの!!)
悪党連中を次々と見事な馬術でやっつける和田とどどへい。

見事な馬術に家光が本名を聞くと、
和田の本名は曲垣流の開祖、曲垣平九郎であった。
(曲垣流の秘術て^^;馬術でもありなんでしょか?)
どどへいは、向井蔵人という名で、曲垣の秘術を盗もうと近付いたのだった。
流儀盗みは天下の法度と曲垣に自分を成敗してくれと言うが、
自分のよき後継者を得たと、曲垣はこれをとがめなかった。

曲垣は伊豆守の客分として500石をいただく身となった。
向井は自分の藩に帰ることになる。
向井を見送る右近らだった。
---------------------------------------------------------

この「江戸を斬る 梓右近隠密帳」を第6話まで見るに、
藩政に風穴を開けようとするは右近の役割で、
正雪は悪の枢軸の位置づけなのかしら?と感じているのですが、どうだろ?

本時代劇と同じ時代と近い陣容の「徳川三国志」の場合だと、
正雪そのものが浪人達の処遇を巡って藩政に対して対峙するという、
ただの悪ではない位置づけだっただけに、
どっちの方が設定として面白いかと問われると、
話の内容はともかくとして、その意味では「徳川三国志」の方が好きかしら。
このままこの時代劇の正雪もただの悪じゃないといいなぁ~。
ミッキーさんの扱いも何か今の段階ではもったいない。

前回終わりに上方に立ったのにもかかわらず、
何事もなかったように既に右近の手足となるべく江戸にいるお艶と新助(笑)。

キャストクレジットで気になったのは、今まで竹と松は同列で並んでたのだけど、
あれ?松の待遇低くなった??

正雪と半兵衛はいつも共にあるという感じですが、
この時代劇では忠弥はこれまでのいきさつもあり、この段階でもそうではなさそう
(本日は出番もなかったし)

今日の展開は、後半の馬を奪い返すところから何となく安直な感じがして、
ちと好きになれなかったな。
6話見て、あー面白かった!という回が少ないので今後が心配。
燃えさせてくれ!(笑)
あとTBSに言いたいんだけど、ブツ切れが酷過ぎるわ(涙)
スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。