スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 鞍馬天狗最終回でしたが
2012年01月12日 (木) | 編集 |
最後までどーも食い足りない時代劇でしたね
連続時代劇はいくつも見たけど、
ここまで「なんだかなぁ」と思いつつ見た作品もあんまり無いな
(^_^;)
ひとえにキャラクターというか、役者を生かしきれなかったのにつきる
もっと鞍馬天狗と新撰組の間の軋轢や葛藤をじっくり組んで表現できたら良かったのにね
脱線エピソードいれないでさ
最終回も近藤さんはなにやら鞍馬天狗になにやら感じつつ逃すという、
そこまでガップリエピソードがあったわけではない中でアレなんでとってつけたように見えるんだよね
意外と勤皇でも佐幕でもなく剣に生きた沖田がまっつぐ故に目立ったり(古谷さん良かったよー)
かつおさんもかっちょ良かったわ
品川さんも最終回だけは魅せた

なかなか悩ましい時代劇でした
埋もれてたのもわかるような

さ、明日から江戸の牙だ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。